⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは何か?

ビットコインは、“ナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)”と名乗る人物(日本人かどうかも不明です)が構想し、インターネット上に論文として投稿した流通システム上で使われる仮想通貨です。この論文を基にして、2009年に運用が始まりました。

今までには考えられなかった格安の手数料(日本円にして数円~数百円程度)での国際送金を、約10分間待機するだけで可能にするという革命的な通貨です(今まで海外送金には手数料が数千円かかり、着金に1週間ほどかかっていました)。これは、いわゆる電子マネーのような形態だからこそできることです。

また、中央管理機関や特別な権限を持つ発行者が存在せず、システムが自動で運営されるしくみになっているのも特徴的です。コンピュータのネットワーク上で一つ一つの取引を公開した状態で、複数のコンピュータの承認作業を得て成立させるシステムなので、取引情報が暗号で全世界に公開されています。よって不正行為がすぐわかってしまうため不可能という特徴があります。

ビットコインの発行総数には上限(2160万枚)が設定されているため、ビットコインを価値あるものとして取引する人が増えるほど価格が上昇し、価値がないと思われて利用者が減っていくと価格が下落します。

簡単にビットコインを手に入れるには?

個人間のお金のやり取りに国境や通貨の種類の垣根がなくなり、しかもそれをパソコンやスマートフォン1台で可能にしてしまうビットコイン。しかし、現物の存在しないビットコインをどうやって手に入れれば良いのか?疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

個人で最も簡単にビットコインを手に入れるには、ビットコイン取引所で、手持ちの通貨と交換するのがもっとも早いです。といっても、手持ちの通貨は現金ではなくて、ネット上で数値情報として扱われる銀行に預けたお金ですが。

取引所とは、簡単に言うと国際空港にある両替所と同じようなものです。両替所1か所を訪問して持っている円やドルをビットコインに両替してもらう感覚だと思っていただけるとイメージしやすいですね?

ビットコインはネット上で流通する暗号通貨なので、取引所もインターネット上でビットコインを交換してくれます。ネットでの操作が必要なので、パソコンまたはスマートフォン、オンラインの環境が必要ですが、自宅のパソコンや普段持ち歩いているスマホで手軽に交換できるのが、忙しい私たちにとってはうれしいですね!

ビットコインは変動相場

重要なことですが、取引所における両替レートは常に変化しています!常に変化するので、「取引所から直接購入」なのか、「他の人々と取引所で希望価格で売買する」のか、よく検討して決める必要があります。

直接ビットコインを取引所から購入するより、市場参加者と取引するほうが結果的に安くすむ印象があります。少しでも安く取引しようと希望価格を低めに設定する傾向があるからだと思います。ビットコイン相場の値動きの上下幅は大きいので、少し低めの価格で買いを入れても、希望価格まで相場が動いてくれる確率が高いからです。

しかし、全く相場とかけ離れた価格に設定すると、いつまでたっても取引が成立しませんのでご注意ください。

変動相場をリアルタイムに示す“チャート”

あなたはネットで株やFXのトレードをしたことがありますか?ネット証券の発展によって、パソコンやスマホ上の操作だけでトレードができるようになりました。

自宅で専業トレーダーとして大きく稼いでいる方もいます。彼らが活用しているのがチャートと呼ばれる、値動きと時系列をグラフ化したものです。あなたもきっと見たことがあると思います。ニュースで示されることもありますし、会社情報誌四季報には各会社の株価チャートが必ず載っています。

ビットコインを使ったトレード

ビットコインと他の法定通貨の間に値動きが存在する以上、ビットコインとの値動きを示したチャートを描くことができます。ビットコイン/日本円、ビットコイン/ドル、などですね。ビットコインを外国の通貨と認識してみると、ビットコインFXが成立します。

ただし値動きが大きいということはその分大損するリスクもあるということです。リスクを受け入れられるのであれば、ビットコインFXもお金を増やす方法として選択枝の一つになります。

ビットコイン相場で昔のチャートを見る方法

特に、ビットコインFXで短期売買をする場合は、短い時間足のチャートを良く監視しておく必要があります。各取引所のチャートは短時間足から日足、週足まで見ることができるものが多いです。

いわゆる昔のチャートというのは長期のチャートなら、“ビットコインの歴史”としてチャートが表示されています。

1.Bitcoin日本語情報サイト

ここでは、2009年からのビットコインの値動きの歴史を解説付きで見ることができます。

ビットコインはいろいろな出来事をきっかけとして爆発的に値を上げたり、下げたりしてきた歴史があるのですが、このサイトですと、チャートの値動きのところにボタンがあってそこにカーソルを合わせると、その時々に発生したイベントの詳細が表示されるようになっています。

昔のビットコインの歴史を探るのが目的なら、このチャートはとてもわかりやすく有用だと思います。

2.取引所ホームページで見る

もし、あなたが実際にビットコインを取引所で取得したことがあるのなら、その取引所のホームページにはチャートを表示する機能があるはずです。これで過去チャートを確認して昔の値動きを把握することができます。

bitFlyer:

ログインしなくてもある程度のチャートは表示されています。1日、1週間、1か月間のビットコイン/円のラインチャート、取引量、ヒストリカルボラティリティ(値動きの激しさを示したチャート)、経済指標カレンダーを見ることができます。

Zaif:

ログインしなくてもある程度詳細なチャートを確認できます。チャートにマウスのカーソルを合わせると、その時々の高値、安値、始値、終値、平均、出来高が数値で表示されます。BTC,XEM、MONAの3種類の暗号通貨と円との組み合わせのチャートを見ることができます。

日足、12時間足、8時間足、4時間足のローソク足チャートを見ることができます。テクニカル指標として単純移動平均線(5, 25)とボリンジャーバンド(20)も表示することができます。あなたがZaifのアカウントを保持しているのなら、ログインページから「取引」を選択してください。

画面の左上にリアルタイムのチャートが表示されます。しかもこのチャートは一分足のみならず一秒足から日足など長期チャートまで確認できますので、画面をスクロールまたは設定を長期にして昔のチャートを確認できます。

Coincheck:

ビットコイン/円だけでなくイーサリアム/円のチャートが確認できます。

5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足のチャートが確認できます。

アカウントを作成してログインすると、「Tradeview」でオーダーブック(板)と、全取引履歴とともに、短時間から長時間までのチャートが表示されますので、過去チャートを確認して下さい。

3.Zai online (投資の総合情報誌Zaiのホームページ)

ザイFXのページに移行すると、Bitcoinのチャートが見れます。Krakenのチャートをこのサイトに転送しているようです。

短期足から長期足まで、昔のチャートが確認できます。

まとめ

ビットコイン相場で昔のチャートを見る方法ですが、頻繁に受信・更新をしなければならない短期足は、ご使用になっている取引所のホームページにアクセスしてみるのが一番詳しく情報を得られると思います。

ただ、取引所のページにアクセスしなくても、投資情報としてチャートを表示しているBitcoin日本語情報サイトやZaiなどといったサイトもありますので、あなたの知りたい情報が載っているサイトをあらかじめ見つけてブックマークを必ずするようにしてくださいね!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する