⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

登場以来、仮想通貨を先導している基軸通貨とも言えるビットコインの今後はどうなるのでしょうか?

数十年に一度のビックチャンスの仮想通貨バブル元年であると言われている2017年において、ビットコインの価格はどこまで伸びるのか、その展望を考えてみました。

ビットコインは仮想の通貨

仮想通貨とは

まずビットコインとは何かと一言で言えば「仮想通貨」となります。「仮想」である「通貨」という事です。その名の「通貨」ということからも、「コイン」と呼ぶことからも分かるように、ビットコインは「お金」なのです。円やドルのような、「お金」であることは間違いありません。「お金」ですので、円やドルのような通貨の単位があります。

ビットコインの単位は、BTC と表記されます。1円や1ドルと同じように、1BTC(1ビットコイン)と呼ぶことができます。しかしながら、「仮想通貨」ということから分かる通り、現物の円やドルとは違って、実際に自分の手に取って目に見える形が存在しません。

大きく「B」などと書いてあるコインが実在するわけではないのです。ビットコインとは、まさしく「仮想」の「通貨」なのです。

今までの仮想通貨としては

仮想通貨として理解しやすいのは、オンラインゲーム内での通貨です。円やドルで支払って、ゲーム内だけで使われる通貨を手に入れれば、そのゲーム専用で使われている通貨が使用できるゲーム内のショップで、好きなアイテムを購入することができます。ゲーム内だけでのみ使える、仮想の通貨なのです。

その他にも、特定の Web サイトでしか使えない仮想の通貨も存在します。例えば、利用登録の時に1,000円で1,000ポイント分を購入し、その1,000ポイントを使って有料サービスを購入するという仕組みを利用している Web サイトも存在しています。そのポイントはそのWeb サイト内でしか使えない仮想通貨ということです。

仮想通貨ビットコインも似ています。ビットコインを所有することができれば、ビットコインが使えるお店で商品を買ったりサービスを受けたりすることができます。ビットコインを誰かに送金することも、スマートフォンからでも簡単に早く安く出来るのです。

ビットコインは何が違うのか

や Web サイト内だけで使う仮想の通貨は、開発した会社独自で作られており、利用者を限定することによって仮想通貨を運先の例のような仮想の通貨とビットコインは、どこが違うのでしょうか。実は、存在している内容が全く違うのです。ゲームサイト営する所(ゲームサイトや Web サイトを運営する会社)が営業利益を上げることを目的としています。ビットコインは、国家で発行されている円やドルと同様に、経済活動を円滑に行えるように開発された仮想通貨なのです。ビットコインは、世界中で日常生活で便利に使えるようにすることを目的に作られています。

仮想通貨なので紙幣や硬貨の現物は存在しませんが、パソコンやスマートフォンを自分のお財布として、品物の売買やお金のやり取りが出来るように作られています。まだまだ発展途上ですが、円やドル以上に簡単便利で、安定し、世界中どこでも共通に利用できる新世代の通貨を目標に開発された仮想通貨なのです。

ビットコインを使うメリット

国家や金融機関が全く関与していないので、個人から個人の送金では、以下のようなメリットが存在します。

  1.  個人間で「直接」送金ができる

    銀行などを仲介せずに個人間で直接送金することができます。ビットコインを使えば直接お金を相手に支払うことができるのです。

     送金手数料がとても安い

    仲介する銀行が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。これは個人間の少額な送金においては、非常に有利な特徴です。銀行送金やクレジットカード支払いでも、一定の手数料は必要です。そのため、ビジネスの利益が下がったりします。

    ビットコインは、その最大のメリットとも言えるのが直接送金システムです。

     決済で煩わしい手続きや制限が存在しない

    資金の流通が、より自由にできるようになります。

    ビットコインを使えば、世界中で共通の通貨が利用できるというメリットがあります。

    2017年のビットコイン相場展望

    中国ビットコイン規制の可能性は

    2017年のビットコインの相場も、中国人民元がどのように推移するのか、を考えることが第一となるわけでありますが、米国トランプ政権が発足(2017年1月20日より)した直後に、トランプ米大統領は「中国や日本は何年も通貨安誘導を繰り広げている」、「米国は馬鹿をみている」と述べている。通貨安批判の矛先は中国の(人民元)にも向けられた。

    トランプ米大統領は選挙期間に、中国が輸出競争力を高める目的のため人民元の対ドルレートを有利に操作して低く抑えており、結果は米国製造業の雇用が相当犠牲になっているとの主張を繰り返していました。

    トランプ米大統領が掲げる「米国政治腐敗の根絶」、「雇用不安の解消」、「安全及び法秩序の回復」の中で、雇用不安の原因に一つとされている中国人民元レートには、大統領就任の初日から、為替操作国の認定、報復のための輸入関税制定などの牽制発言がますます強まる可能性が高いと思われます。

    中国国内でのビットコイン規制の可能性の要因ですが、今の中国当局が最も苦悩しているのが、人民元安に伴う、資本流出があるようです。

    2016年の夏頃には、一旦収束してきたかに見えた中国の外貨準備高は少しづつ減少を速めていて、中国の資本流出が加速していることが予想できるわけですが、最近の中国当局の各種の規制強化の動向から、すべての要因に資本流出防止の対策を講じる姿勢が見て取れるようです。

    中国において、現在まだ仮想通貨ビットコイン取引は規制の対象になってません。中国富裕層のビットコイン取引がビットコイン相場を牽引してきたとみられますが、ビットコインの価格上昇により、その存在自体が目立つようになってきたこともあり、規制対象となるのも時間の問題かと思われます。

    ネットワークの限界

    世界的にビットコインの利用者は増大しています。

    取引所ユーザーが所有するビットコイン用のウォレット数(Blockchain)の推移グラフです。

    この図は、ビットコインの1日あたりの取引件数ですが、利用者の増大に伴って、その取引件数も増大の一途をたどっています。

    ビットコインのネットワークの1日あたりの送金処理限界は、1件あたり7件/秒×60秒×60分×24時間=604,800件と推定されてまして、現在のところ既に約50%の処理占有がなされている状況になっていますが、このペースで増加して行けば、今年末には1日に40万件を突破してしまう可能性が高く、年内に具体的な解決策がない場合は、ビットコインのネットワークは処理能力の危機を迎える可能性が高くなってます。

    ビットコイン価格上昇の可能性

三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入(コインベースに出資)するという発表がありました。それは、アメリカに所在するビットコインの取引所であるコインベース(CoinBase)に出資をするということです。三菱UFJ銀行がビットコインに参入する理由は、ズバリ言ってビットコインの将来的な価値を三菱UFJが認識したということになるのでしょう。

世界中で人気があり、どこの国の人からでも利用される仮想通貨は価格が上昇していきます。現在は発行予定数の半減期を過ぎたばかりですので、すぐに価格が急上昇することはないと思われますが、ビットコインの価値がこれから上昇していく可能性は大いにあると思われます。

いつの時代でも本物の価値があるものは買われ、その後は必然的に価格が上昇していくのではないでしょうか。

まとめ

これから先も長期的にビットコイン価格が高騰し続けるのかどうなのかの判断はかなり難しいところです。はたして皆さんはどう思われますでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する