⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコイン(bitcoin)の話はうわさもなかなか困りもので、結論がこうだとは言えない場合もあります。

今回のテーマねずみ講に関して言えばそうであるという意見もありますが、そうでないという意見の方がより説得力がある意見なので、信憑性も高いと期待して、紹介していきたいと思います。

一般論から言えばビットコイン(bitcoin)をねずみ講を悪物呼ばわりする人は何かと難癖をつけてビットコイン(bitcoin)をよく思っていない人であるということです。無理矢理根拠立ててねずみこうとまくし立てることもできるからです。

《知ってる人ならここで儲けたいと思っていることについて》

金融市場のおおかたのものはねずみ講であり、資本主義そのもの自体がねずみ講の部分がありますが、それは何ら驚くことではないと言えます。株式を上昇して売り抜けるというのは、いわばねずみ講的な要素があります。ですが、少なくとも大きな先行者利益があると言えます。

これはシステムそのものに明言されており、使いたい人が増えれば当然マイニングが困難になり、買いたい人が出てくる、という仕組みだからだというわけです。ねずみ講とバブルは本質的に同じであるが、常に先行者利益が存在しています。

ビットコイン(bitcoin)に限らず、人が儲けたいと思う時のやり取りにはネズミ講というものが切っても切り離せないのではないかと思ってしまいます。ですが先行して利益を抑えたいという意味においては、確かに広い意味ではそういった意味合いもあるのかもしれないということです。

ただこのことからネズミ講=犯罪という決めつけ方ではなく、経済活動として仕方がないという意味があるようにとらえられます。つまりねずみ講というものは汚いやり方などではなく、考え方の一つとして捉えることができるというわけです。

ねずみ講、ねずみ講というのではなくそこには一体どのような意味があり、どういった意図が隠されているのかということが大切です。そう簡単にいいものだとかわるいものだとかわかりやすいものも存在していますが、それはそのことについてわかりやすいようなもので、自分たちがよく理解しているからこそだと言えます。

だから知らないものは形だけでなくこうして中身までもしっかりと理解するべきであると言えます。

《ビットコイン(bitcoin)を否定的に捉えている国について》

エストニア中央銀行は、ビットコイン(bitcoin)をはじめとするその他の暗号通貨はねずみ講と同質のものである可能性を警告し、消費者に対してビットコイン(bitcoin)の使用を控えるように促しています。

エストニア中央銀行の当局者によると、ビットコイン(bitcoin)は問題のあるスキームだということだそうです。「“頼るべき制度および組織が存在しないため、ユーザーは全てのリスクをひとりで背負うことになる。”」というのがこの国では一般論とされているようです。

またこのような見解も示しています。「“ただのねずみ講ではないという証明されるまでは、保証や責任体制がない暗号通貨のスキームは警戒を要するイノベーションだ。”」とも表明しています。

このようなことから、エストニアはビットコイン(bitcoin)に否定的な国なようで、ビットコイン(bitcoin)をネズミ講の可能性があるとまで言っているようです。ただ、この理由となるのはビットコイン(bitcoin)には国による後ろ盾がないことが関係しているようです。ビットコイン(bitcoin)が普及していく要因の中には、内政などが不安定な国ほど広がりやすいというものがあるのですが、もしかしたらエストニアもそういったことも考えているのかもしれないというわけです。

ビットコイン(bitcoin)という暗号通貨が全ての国から寛容に受け入れられているわけではないというのがよくわかったと思います。ですが、これに関して言えばねずみ講というものがどういうものなのかということがよくわかっていないから、そうなれば安全体制を構えておいて防御策として常に警戒しているのが適切であると考えたと言えます。

《ビットコイン(bitcoin)がねずみ講ではないと言える根拠》

中央機関の存在しないビットコイン(bitcoin)においては、発行も各参加者自身が行うものです。もちろん、紙に自分で紙幣の絵を描いてそれをお金だと言い張るような一人よがりなものではないことは明らかです。

ビットコイン(bitcoin)の発行には「採掘」(マイニング)という言葉が使われるため、あたかも無からコインを掘り出すかのごとく印象を受けるが、これは半分正解ですが半分不正解だと言えます。何かを必死に計算し、あるものを見つけたとしたらビットコイン(bitcoin)を手に入れることができるというものであるという部分は正しいと言えます。

だが、それは黙々と埋蔵金を掘り起こすように行うものではないというわけです。強いて言うならば、「業務に対する報酬」としてもらうものだからと言えます。その業務とは、送金に対して「承認」することであると言えます。

またビットコイン(bitcoin)は採掘という業務によって見つけることが前提条件となっています。これは言い換えてしまえばパソコンが行う労働としてとらえることができるはずです。この労働に対する対価というのがビットコイン(bitcoin)と考えれば、ビットコイン(bitcoin)がネズミ講にはならないのではないかという考えが成り立つはずです。

つまりねずみ講だと言える言えないは各々ビットコイン(bitcoin)のみるところということです。見方=考え方と言っても過言ではなさそうです。

《詐欺ができないということが意味していること》

ビットコイン(bitcoin)は、ねずみ講ではないと言えます。なぜなら暗号通貨であるビットコイン(bitcoin)は、中央組織のないフリー・ソフトウエア・プログラムで投資のリターンに関する詐欺が出来る者はいないと言えるからです。

ただし、金や、USドル、ユーロ、円など他の主要な貨幣のように、購買力に保証はなく、為替レートも自由に変動します。これが、ビットコイン(bitcoin)の所有者が、予想外にお金を得たり、失ったりする不安定さを促すのです。また、暗号通貨は投機の域を超越して、ビットコイン(bitcoin)は、多数のユーザーやビジネスによって使われてる効果的かつ競争性のある決済システムでもあります。

もはや多くの人がビットコイン(bitcoin)を決済手段として認めて利用している以上、ビットコイン(bitcoin)というものがネズミ講ではないと考えるのが自然な流れなのではないかと思います。

ねずみ講だと知って人々が利用しているけど、いまだ何もねずみ講に対する情報があまり入ってこないゆえ使っているのか、ねずみ講だと知らずに使っているのかどちらの理由なのかはわかりませんが、人々が使っているということは、また詐欺ができないということが、ねずみ講だと言えるような根拠を埋めていくような気がします。

隠すという意味ではなく、自分たちで変えていっていると言えます。過去ではなく未来へ向かって情報よりもさらに上回る利用者の使い方で、良い方向へと進んでいけたらいいと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する