⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

最近のリップルコインは、仮想(暗号)通貨の市場規模ランキング1位のビットコイン、2位のイーサリアムに次ぐ3位を維持しています。仮想通貨元年とも言われている2017年のリップルコインのこれからのと、価格について考えてみます。

リップル(Ripple)コインとは?

リップルというネット決済システムサービス

リップルコインはGoogleも出資を行っているネット決済システムで、XRPという単位で表記されています。仮想通貨のビットコインよりも市場は小さいのですが、バックにGoogleという大手が控えているネット決済システムなので、ある程度は安心して購入することが出来るうえに先々も成長に期待が持てる仮想通貨の一つかも知れません。

基軸通貨であるビットコインと異なる特徴としては、リップルコインと呼びますが通貨の名称ではなく、リップルというネット決済システムサービスの事なのです。先行して登場したビットコインのシステムに新しいシステムを追加して新しい価値を創り高める目的で開発されたので、将来に向けての期待も大きいということなのです。

リップルコインは(Ripple.Inc)という実在する会社のシステムで稼働しているため、きちんと管理する所が存在しており、仮想通貨でありながら決済取引もスムーズにトラブルなく行えるということです。

リップルとビットコインはどう違うのか

リップルコインがビットコインの改良版で基本的に同じだと思っている方がいらっしゃるかもしれません。「結局のところ、今あるビットコインでいいんじゃないか?」と思いますよね。

仮想通貨での取引量の多さ、手軽な使用方法などから最初に手にするのは、ひとまずビットコインで問題ありません。では、リップルコインが注目されている理由と言いますと、リップルは現時点で存在している約1,000種類以上の仮想通貨とは別物となります。

(XRP)とはリップルが発行しているネット決済システムで、取引を円滑に行なえる世界中で最も優秀な決済サービスになります。したがって銀行が次々と参入を表明しているようです。

リップルの(XRP)というのは、日本円から米ドル、米ドルからユーロへ両替する際に、リップルを通過するため、一瞬だけリップルXRPになります、このことからブリッジ通貨とも呼ばれます。

リップルネットワークのブリッジ通貨として開発された仮想(暗号)通貨(XRP)は、利用する毎に消滅するシステムとなっているので、基本的には価格変動は発生しないとされていました。しかし、実際には価格変動が起こり、リップルウォレット内に現物通貨として保有するのが可能なのです。

仮想(暗号)通貨(XRP)は上限を1,000億として発行され、25%を発行元のRipple Labs社が保有し、75%を市場に流通させる計画となっていますが、現在は発行元に70億近く大量に保有され、リップルの開発とネットワークの推進に利用されています。

Rippel Labs社CEOのクリスラーセン氏(2016年末で退任した)は、

「今後Rippleネットワークが決済手段として普及する中で、暗号通貨XRPは、長期的に同社に素晴らしい価値をもたらしてくれる」

と述べています。

リップル(Ripple/XRP)のこれから

リップル価格の変動は大きい

日本におけるリップルの販売購入を注意喚起する声明が、大元のアメリカ( ripple labs社)より発表されている。(2015年3月22日)

以下は声明文引用です。

「弊社は、日本の一部組織が、リップル(XRP)について不正確に伝えているということを認識しています。Ripple Labsとは関係のない様々な日本企業が、市場においてXRPに関する憶測を巡らせ、仮想通貨の価値およびリスクについて、消費者を誤った方向に導いています。Ripple Labsはこのような企業を支援していません。

今週、Ripple LabsはRipple Labsの日本語フォーラムに通知を投稿しました。その通知では、短期の利益を目的としたXRPの販売を、Ripple Labsは推奨していないということを説明しています。これらの通貨が大幅な価格変動の対象となる可能性があること、そしてそれは短期的な利益がときに発生するのと同様に、短期的な損失も発生するという意味であることに、 仮想通貨の購入を検討している方は誰でも注意すべきです。」

この声明が出されてからは、日本販売総代理店がリップルに関して短期の利益を目的とするセールスを行わうことはなくなりました。どこが底値かを判断する事は大変難しく、買った途端に価格が下がったりと価格変動リスクは存在しています。

リップルの今後の動向について

ビットコインが誕生以来、仮想通貨市場はビットコインの一人勝ち状態です。そのシステムから派生したライトコイン、イーサリアムなど、今日現在もビットコインを中心とした新規の開発が広がっています。

ところが現在アメリカでは、ニューヨーク金融サービス局による、違法行為やマネー・ロンダリングを防止すべく、ビットコインの取り扱い業者を規制するためのビットコインライセンス制度が導入され、仮想通貨に対して厳しい規制が始まっています。

この状況下でも、リップルのネットワークに参入するという銀行が出たり、世界大手のクレッジトカードと連携をするという情報が流れました。

現物通貨の取引の銀行が、新たな資金移動システムである仮想通貨に参入するということからも、リップルのネットワークが将来有望であると思われます。このビットライセンスの取得により、XRPをネットワークとして採用していく銀行が増えていく可能性があります。

リップルとの提携を実施している企業で代表的なのは、資金決済サービスを世界60カ国以上に提供している(アースポート)で、Bank of America(米国最大のメガバンクです)、American Express(アメリカンエクスプレス)、Western Union(世界最大規模の送金サービスの会社)を顧客にしています。

伸びしろがある仮想通貨の1つがリップル

伸びしろがある仮想通貨の1つにリップルがあります。リップルはビットコインとは違い、仮想通貨そのものを示す単語ではありません。

そのイメージとしては、

  • ビットコインは、インターネット決済に利用する通貨
  • リップルは、インターネット送金で使われるハブ通貨(ブリッジ通貨)

 

銀行間のインターネット送金などに順次リップルが取り入れられていて、今後はリップルそのものが消滅してしまう可能性は低いと考えられます。

リップルはシステム上、一回利用されると、消費化されていく性質があるため、普及が進むほど数量が減少するとともに、需要が多くなりXRPの価値の上昇になると見られています。

リップルのシステムみを簡単に見てみますと、

  • リップル・ラボという開発・運営元が存在すること
  • 借用書や、預かり証を発行することの二つが大きな特徴となっています。

 

ビットコインの場合は、運営元が存在せず、P2Pとブロックチェーンのシステムによって支えられていて、ビットコインは、取引の度に、全てコンピューターに記録されていく方式となっています。

一方のリップルは、電子化された借用書(IOU= I owe you)の形式で取引されるので、A→B→Cと送金する場合でも、実際に移動するのはAからCだけで問題はありません。AからB、BからCは途中省略できるいう発想になり、IOUでの数字だけを動かす方式になっています。

これにより、短時間で安い手数料での取引が可能となっています。また、取引の時に使用されるリップル内での仮想通貨のXRPは、取引のたびに、消費される仕組みなので、2重使用の発生がなく、取引の承認時間が極めて短くて済みます。また、現物通貨や金、仮想通貨とどんな通貨、資産でも送金することが可能となっている特徴からも、今後も伸びしろが期待できると思われるのです。

まとめ

日本国内では、まだまだ広まっていないリップルコインですが、世界では仮想通貨の開発が進められていて、これからも新しい通貨が登場することでしょう。

その中でもリップルコインは銀行のネットワークでのリアルタイムな決済サービスをする為に開発されたシステムですから、多くの銀行がリップルに参入してくれば大きな将来性があると思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する