⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは何か?

ビットコインは、“サトシ・ナカモト”と名乗る偽名の人物が構想し、論文として投稿した流通システム上で使われる仮想通貨です。

この論文を基に、2009年から実際に運用開始されました。

超低額の手数料(日本円にして数円~数百円程度)での国際送金を、約10分間待つだけで可能にするという画期的な通貨です(今まで海外送金の手数料は数千円が当たり前、着金に1週間かかるのも当たり前でした)。

中央管理機関や特別な権限を持つ発行者が存在せず、システムが自動で運用されるしくみになっています。コンピュータのネットワーク上で一つ一つの取引を公開された状態で、複数のコンピュータの承認で成立させるシステムなので、取引情報が暗号で全世界に公開されています。

よって極めて不正が起こりにくい特徴があります。

ビットコインの発行総数には上限(2160万枚)が規定されているため、ビットコインを価値あるものとして取引する人が増えるほど価格が上昇し、価値がないと思われて利用者が減ると価格が下落します。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはビットコインの取引の記録を行う「分散型台帳」と言われているものです。このブロックチェーン技術こそが、ビットコインの心臓部であり不正の起こらない画期的なシステムというわけです。

今までは、全ての金銭取引は、“銀行”や、世界中に決済システムを提供するVISA、Master Cardといった巨大なクレジット会社などの“第三者が管理する機関”を通して行っていました。

しかし、ブロックチェーン技術によって、この“第三者機関”を通さなくても「取引(=トランザクション)」を成立させられるようになりました。

つまり、取引を仲介する存在がなく、直接個人間で現金の手渡しをするように、ビットコインを個人の財布(=ウォレット)から財布へ送ることができるようになりました。

そして一度データがブロックチェーンに書き込まれたら、そのデータを変更することはできません(許可型ブロックチェーンは当てはまりませんが)。

そのデータはID番号のような暗号で世界中の誰でも見られるように公開されており、しかも複数のコンピューターによって同じ取引記録が承認され、記録されているからです。誰かが後で金額を操作しようとして一つのコンピュータに侵入してプログラムを書き換えても、その記録が分散して同時に承認していたほかのコンピュータに筒抜けですのですぐに発覚します。

このブロックチェーン技術によって、第三者機関がなくても不正が起こらないという圧倒的なメリットがあります。

ブロック技術はほかのフィンテックのマネージメントへの導入が期待され注目されています。ビットコインの便利さにも多くの人々が気づき始め、その価格は年々上昇しています。

最も簡単にビットコインを手に入れるには?

個人間のお金のやり取りに国境や通貨の種類の垣根がなくなり、銀行やクレジットカードの存在を脅かすビットコイン。そんな革命的なツールを所持してみたいと思いませんか?しかし、現物の存在しないビットコインはどうやって手に入れれば良いのでしょう?

最も簡単にビットコインを手に入れる方法は、ビットコイン取引所で日本円と交換することです。

取引所とは、簡単に言うと国際空港にある外貨両替所のようなものです。一つの空港にたくさん小さな両替所がありますね?そのうちの1か所を訪問して日本円を両替してもらう感覚です。お手軽だと思いませんか?

しかも、国外旅行に行くときは空港などの両替所へ行って通貨を交換しますが、ビットコインはネット上で流通する暗号通貨なので、ビットコイン取引所はインターネット上でビットコインを交換してくれます。ネットの操作が必要なので、パソコンまたはスマートフォン、オンラインの環境が必要ですが、わざわざ出かけなくても、自宅でパソコンやスマホで手軽に交換できるのが、忙しい私たちにはうれしいですね!

ビットコイン取引所

ビットコインの取引はオークション形式で、買い手と売り手がそれぞれ希望の価格を提示して、オーダーブック(板:株式取引の時によく使われる表)が形成されていきます。買い手と売り手の価格がマッチングすると取引が成立します。

取引所が指定する口座にお金を振込むことで、ビットコインを直接購入することもできます。

重要なことですが、この両替レートは常に変化します!常に変化するので、直接購入か、取引所で希望価格で売買するのか、よく検討して決める必要があります。直接ビットコインを取引所から購入するより、市場参加者と希望の価格で取引したほうが結果的に安くすむ場合が多い印象があります。

これはあくまで個人の見解ですが、ビットコイン相場の変動が大きいため、値動きの幅が大きく、希望価格まで相場が動いてくれる確率が高いからです。でも、全く相場とかけ離れた価格に設定しても誰も相手にしてくれませんからね(笑)

変動相場をリアルタイムに示す“チャート”

常時変動する相場というと、どんなものがあるでしょう?金?原油?不動産?
私たちに最も身近なのは、毎日のテレビニュースでも報道されている株価や外国為替(FX)ではないでしょうか?

日経平均株価は~円とか、1ドル~円などの情報は毎日ニュースで必ず流れていますよね?時々大きな変動があると、トップニュースになったりします。必ず流れているということはそれだけ重要な情報だからです。

あなたはネットで株やFXのトレードをしたことがありますか?いまやネット証券の発達によって、パソコン上の操作だけでトレードができるようになりました。自宅で専業トレーダーとして大きく稼いでいる方がニュースになったりすることもあります。そういう人たちが必ず活用しているのがチャートと呼ばれる、値動きと時系列をグラフ化したものです。あなたもきっと見たことがあると思います。ニュースなんかでも示されることもありますし、四季報には各会社の株価チャートが必ず載っています。

ビットコインを使ったトレード

ビットコインと他の法定通貨の間に値動きが存在する以上、ビットコインとの値動きを示したチャートを描くことができます。ビットコイン/日本円、ビットコイン/ドル、などですね。ビットコインを外国の通貨と認識してみると、ビットコインFXが成立します。

ビットコインFXと通常のFXとの最大の違いはその取引量(出来高)です。ビットコインの方がまだまだ圧倒的に取引量が少ないです。
取引量が少ないとどんなことが起こると思いますか?

そう、値動きが激しくなるのです。また、市場が大口の利用者によって振り回される可能性も高まります。

個別株よりは市場規模が大きい場合もありますので、値動きの激しさは株(銘柄によりますが)とFXの中間といった位置づけでしょうか。

2016年~2017年初頭にかけて1ビットコインは日本円で約4万円から約15万円まで値上がりしました。1年で4倍近い上昇率です。ちょっと魅力的すぎませんか?

ただし値動きが大きいということはその分大損するリスクもあるということです。リスクを受け入れられるのであれば、ビットコインFXもお金を増やす方法として選択枝の一つになります。

FXをやるかやらないかは別として、ビットコインを持っているのなら、またこれから手に入れようとしているのなら、ビットコインの値動きをつかむためにチャートは必須です。

特に、短期のFXではなく、長期目線でビットコインに注目している私たちにとっては、長期のチャートを見ることが必要です。では、どうすればビットコインの長期チャートを見ることができるのでしょうか?

ビットコイン相場で長期チャートを見る方法

1. 取引所ホームページで見る

もし、あなたが実際にビットコインを取引所で取得したことがあるのなら、その取引所のホームページにはチャートを表示する機能があるはずです。
例えば、

bitFlyer:

ログインしなくてもある程度のチャートは表示されています。1日、1週間、1か月間のビットコイン/円のラインチャート、取引量、ヒストリカルボラティリティ(値動きの激しさを示したチャート)、経済指標カレンダーを見ることができます。

長期のチャートは、チャートの左上の枠で“All”を選択してください。ビットコインの歴史のすべてのチャートが閲覧できます。

Zaif:

ログインしなくても詳細なチャートを確認できます。チャートにマウスのカーソルを合わせると、その時々の高値、安値、始値、終値、平均、出来高が数値で表示されます。BTC,XEM、MONAの3種類の暗号通貨と円との組み合わせのチャートを見ることができます。

日足、12時間足、8時間足、4時間足のローソク足チャートを見ることができます。テクニカル指標として単純移動平均線(5, 25)とボリンジャーバンド(20)も表示することができます。

長期チャートを見るには日足(1日の値動きを1本のローソク足で示したもの)を選択してください。ログインすると、3年分のチャートが確認できます。“詳細チャート”→“全期間”を選択してください。

Coincheck:

ビットコイン/円だけでなくイーサリアム/円のチャートが確認できます。

5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足のチャートが確認できます。短い時間足の表示が充実していますが、日足のチャートを参照することで、長期のチャートを確認することができます。

取引所のチャートは、登録してログインできれば、もっと詳しいチャートを見ながらそのまま注文を出すことができます。チャートの機能としても、実際に取引するのですから詳細なところまで見ることができます。

2. 無料で相場を解説しているサイトを探す

取引所でなくても簡単にチャートを確認できるページがあります。

・Bitcoin日本語情報サイト

ここでは、ビットコインの長期の歴史とチャートを、イベントと絡めてわかりやすく表示しています。

・Zai online (投資の総合情報誌Zaiのホームページ)

・Investing.com

・Bitcoin相場 in 日本

参考にしてみてください!

まとめ

ビットコイン相場で長期チャートを見る方法ですが、ご使用になっている取引所のホームページにアクセスしてみるのが一番詳しく情報を得られると思います。ただ、取引所のページにアクセスしなくても、投資情報としてチャートを表示しているサイトもありますので、あなたの知りたい情報が載っているサイトを見つけておくと便利です。

ブックマークを忘れないようにしてくださいね!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する