⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコイン(bitcoin)の話はうまい儲け話だけやってくるのではなく、ときには損害を出してしまった失敗談も数多く存在するのです。

ですから今回はビットコイン(bitcoin)に投資していて失敗したことは何なのかということを有名人の1名の体験談から読み取っていきます。ただその人の話を知るというだけでは不十分であると思います。

そこでさらに掘り下げていくことによってこれからこういった場合にはどうするべきなのかを考えるべきだということです。失敗から学ぶことも結構あるものだと言えます。損=失敗ということではなく、一つ大きな成長する機会だとも受け取れます。

《平成ノブシコブシ吉村の失敗談から》

ビットコイン(bitcoin)における日本の印象はそこまで良いとは言えませんが、うまく利用することによって、儲けることができるものという認識がある人も多いと思います。同じような考え方を持った芸能人というのは何人かいて、失敗談を提示してくれている方もいます。

実際に有名な方だと平成ノブシコブシの吉村さんといったところだと思います。彼は番組のロケでビットコイン(bitcoin)の投資アプリを開発している会社に行くことになったのですが、その時に興味を持ったので投資をすることを決意していたのです。

もちろん失敗談として記載されているので、損をする立場になってしまったようですが、その投資額はなんと庶民驚きの100万円です。購入当初は5万円程度の価値だったようですが、それが4万5千円にまでさがってしまったようで見事に1割ほど損をしてしまった計算になります。

ですが、2016年の2月に購入したようなので、もし売らずに持ち続けたら2倍以上にはなっていたのですが、果たしてどうなったのかは行方知れずです。

ビットコイン(bitcoin)と吉村のはじまりは先述したとおり繰り返しになりますが、番組ロケでビットコイン(bitcoin)の投資アプリを開発している会社に行ったことがきっかけで、個人的に興味を持って、ビットコイン(bitcoin)を購入したといわれています。

ですがその興味のあった楽しさも次のような心境になったと言います。それは、購入した直後くらいから値が下がりはじめるという事態によって、しゃべるなんてどころじゃないみたいと予想に反して下落し、ショックを受けていることを明かしています。

購入当時の1ビットあたりの価格は5万円だったが、今では1ビットあたり4万5000円まで値下がっているという。すごい値を下げてるのだとか、1割減で、もう上がる気配がまったく感じられず下がっていく一方かと心配そうに話したそうです。相方の徳井健太もビットコイン(bitcoin)を購入したそうですが、様子見のために、0.01ビット(約500円)だけを購入したといわれています。

だが、吉村はと言えば「この一瞬で10万円程度がなくなるわけですね」と、最初の投資金が100万円で、現在の損失は10万円に上ることを告白しています。芸能人なのでお金があるからといって軽率な行動から招かれた結果であると言えます。なぜなら10万円程度だと10万円というお金を軽くみる態度、様子をみることなく自分の欲望に向かって走っていった姿があらわれたものであると言えます。

吉村が今後実際に投資を円滑に行うことができるとすればどうすればいいのかと言えば、臆病ではなく慎重にタイミングと投資するお金の量を見計らうことであると結論づけられます。チャートをどれくらい真剣に追っていたのかということもよくわかっていないからこそ100万円を投資したと言えます。

《ビットコイン(bitcoin)のメリット・デメリットを把握することの重要性》

価格変動が大きいことのメリットは利ザヤを稼ぎやすいという点が存在していますが、それはビットコイン(bitcoin)の流れをある程度把握して予測できる知識と情報を持っていなければいけないと言えます。

なぜなら変動率が高いということは、売り時と買い時を見誤れば、大きな損害が出やすいということでもあるからです。また価格変動が大きいので価格が急に暴落したからといって慌てて売り出すよりも、ロングポジションで様子見をしていると、再びさまざまな要因で値が上昇することが多々あります。

といっても価格が天井の時に購入するような危険性は避けなければならないのです。確実に利益得そうな価格推移に売り出すというのが基本的な構えですので、そのためにも損害を出さないように最低ラインの買値価格をチャートを見ながら把握しておく必要があります。

何ごともデメリット・メリットを把握せずにやろうとすれば結果はどうなるのかということは必ず目にみえています。なので、知ってて当たり前の世界というのがどこにでも存在しているということなのです。

損得以前の問題として知ってるのか知らないのかということなのです。各世界へと入ったならばそこにはそれなりのしっかりとしたレールが敷いてあり、そのレールの上を走っている存在みたいなものがここでいう投資を行っている存在だと言えます。

つまり損をするということを列車に例えれば、走らなくなった列車(失敗)にしても走ってる列車(成功)にせよ、同じレールの上を走ってた事実は変わらず同じものを得てきたと言えます。このようにデメリット・メリット(設備)をしっかりと理解(点検呼び手入れ)した方が、強く長く持つ(走れる)ということです。

《過去のチャートをみることを忘れるべからず》

できれば取引開始2009年からの価格推移チャートを見て知ることによって、ビットコイン(bitcoin)全体の価格の流れをつかむ必要が最初のステップとしてあります。その後、価格が上昇した要因と暴落した原因を調査していき、その原因による価格変動がどのような動きになるのかということを知ることがまず大切です。

最低限で過去3か月、できれば半年の価格推移の流れと世界経済情勢を合わせて知る必要があります。または1日の中でも価格変動が大きい点にも着目する必要があります。ビットコイン(bitcoin)価格の安値の範囲を知って、この価格以上では買わないと予め決めておくことが重要だと言えます。

チャートをみることを過去の情報から読み取っていくことが大切だというわけです。チャート一つで世界が変わると言っても過言ではないのです。チャートがどれくらい重要なものなのかということをできれば失敗せずに知っていればいいですが、お金のある人だと自分の財産ばかりを誇ってビットコイン(bitcoin)の知識どころか情報さえよくわからない人がいるのです。

それがさっき例にあげて体験談を載せた平成ノブシコブシの吉村です。何が正解なのかということはわからなくても、基本となることは身につけていてほしいものだということです。身につけるというより知識として最低限知っておくということが正しい表現ですが、ここで孫子の兵法の有名な言葉を紹介したいと思います。

「敵を知り己を知らざれば百戦危うからず」これは自分のことを知ることも当たり前だが、自分の周りのこともよく知らなければならないという意味です。これはどこにでも当てはまることだと言え、その方法の一つが暗号通貨においてはビットコイン(bitcoin)をはじめとするチャートと言えるのです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する