⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

暗号通貨(仮想通貨)であるビットコイン(bitcoin)とは、まだ世界に浸透しきっていないがために、不完全なものであることに間違いがないと言えます。

それなので、その実態を理解していないがために、大きな被害を受けてしまう方というのも増えてくることになりそうです。その一人にならないようにどのような危険があるのか知っておくということが必要なことです。

自分のことはできるだけ自分で守らなければならないからこそ、必要になってくる情報なのです。要らない情報もありますが、これは必要な情報なのです。ビットコイン(bitcoin)は結論からいって気をつければ危険なものではないと言えます。

《ウォレットに大量のビットコイン(bitcoin)を保管しておくことについて》

ビックリすることでもないかも知れませんが、オンライン上に大金を保持する取引所を襲った強盗事件が連続して発生しているということをどれくらいの人が知っているのかということです。多数の被害者に共通することは、大量のビットコイン(bitcoin)を「ウォレット」に保管しているということです。

「ウォレット」はインターネットに接続されたストレージシステムのことで、他の暗号通貨(仮想通貨)ユーザーに即座に送金できる仕組みになっています。被害者たちは、ログイン認証情報を適切にロックせず、ネットワークを保護していないことが元で、自ら無防備にして知らず知らずの内にお金が抜き取られていたのです。

このことから自分の危機管理を怠るとどういう結果を招くことになるのかよくわかったと思います。表面で警察が捕まえられるような犯罪だけでなく、インターネットの世界においても裏面で幾度となくさまざまな戦いが繰り広げられているのです。

どうしたら自分のことを守ることができるのかと言えば、インターネットの世界においては力よりも知恵や知識の戦いになってきます。

だから面倒くさがらずにしっかりとやっていれば簡単に自分のことを守ることができるわけです。

《カウンターパーティリスクにも危険が潜んでいる?》

カウンターパーティ・リスクとは取引相手が債務不履行に陥ったり、デフォルトを起こすことによって取引が完結しないリスクのことを指します。

2014年に当時世界最大規模のビットコイン(bitcoin)取引所であったMt.Gox(マウントゴックス)が多数のユーザーのビットコイン(bitcoin)を預かったままで突然蒸発してしまうという事件がおきています。表向きはハッカーの攻撃により顧客のビットコイン(bitcoin)を盗まれたとありますが、実際には内部の犯行だった可能性が強いと思われます。

結局顧客がMt.Gox(マウントゴックス)に預けたビットコイン(bitcoin)は返還されることは全くなく、債権者は泣き寝入りするしかなかったわけです。

Mt.Gox(マウントゴックス)のように突然バックれる行為に「Goxする(ゴックスする)」という造語が生まれたくらい業界に衝撃が走ったのです。

このようなことから第三者に暗号通貨(仮想通貨)を預けるべきではないことを示唆する大きな事件となったのです。暗号通貨(仮想通貨)という自由な通貨の管理を第三者に任せるのは根本的に間違っているのです。なぜなら自分のものは自分で守るというのがいかなる場合であっても鉄則だからです。

それなのでこれからは有名な会社だろうが、歴史がある会社だろうが、暗号通貨(仮想通貨)の世界では第三者を盲目的に信用しては絶対にいけないということを胸に刻み込んでおくべきです。

《ビットコイン(bitcoin)利用者に要注意な惚れ込んでしまう危険性について》

ビットコイン(bitcoin)の場合はPCから送金が出来る。また、送金で必要なのは相手のビットコイン(bitcoin)アドレスのみとなっています。また、ビットコイン(bitcoin)を利用出来る機会は日本では、まだまだ少ないため利用するという行為に興奮するという意見もあります。

他の意見としてあるのは、原稿料をビットコイン(bitcoin)で支払うという言葉を聴いた時は、嬉しさと興奮、そして、新たな可能性を感じることが出来たというものあります。これは誰もが惚れ込んでしまう内容です。わざわざ最寄りのコンビニやATMを利用しに足を運ばないでも、自宅で動かずに送金をすることが出来るという便利さは人間の楽をしたい心を働かせてしまうことです。

ビットコイン(bitcoin)は確かに利用してみると便利だと言えるものですが、まだまだ使っていない人の方が多いと言えるものであり、自己満足に浸って危険性を見落としてしまう可能性もあると言えるから危険ではないのかと言えるのです。でもしっかりと気をつければ危険性は0%ではありませんが、ほとんどなくなるものです。

《ビットコイン(bitcoin)の簡単すぎる送金が問題?》

送金が超簡単ということがビットコイン(bitcoin)の大きな特徴です。簡単だからこそ、ミスするのが怖かったです。ビットコイン(bitcoin)の単位は1μからです。100万分の1 。少数で表すと、0.000 001となります。見てわかる通り0が5つもあります。送金する際は、記号単位が使えないため、0の数を確認しないといけないことになっています。これが意外と難しいのです。

また、一度送金ボタンを押すと、確認画面も表示されないのです。先述しましたが、自宅でも送金が出来る便利さがあり、危険性が存在しています。そしてその危険性に上乗せをしてしまうのが送金方法です。ビットコイン(bitcoin)の単位計算は少し複雑で見づらいという点がありますが、一度ボタンを押してしまえば”送金完了”確認などないのです。ですから絶対に気を付けることです。

確認ができないということはそれだけ保証されるものが少ないということの現れであり、万が一の事態のとき責任をどれだけ会社側とってくれるのかということさえも考えさせる余地も与えられていないということです。

《闇サイトの存在に気をつけろ!》

ビットコイン(bitcoin)は、反社会的な利用方法も生み出してしまっているのです。

1割の取引が闇サイトとの報道もあります。暗号通貨(仮想通貨)の世界は、今後も大きなビジネスチャンスが拡がることは誰の目にも明らかです。そして、そこには大きなリスクも存在しています。なので、暗号通貨(仮想通貨)をビジネスに活かしたいと思っている人や暗号通貨(仮想通貨)の投資により利益を得たい人などは、闇サイトなどに巻き込まれないように注意しなければならないと言えます。

どのようなものであれ闇サイトとのつながりというのは非常に恐ろしいものだと言えます。意図あってつながっているはもちろん怖いですが、自分の気づかないうちに繋がってしまっているというパターンが一番怖いものです。取り返しのつかないことになってしまうといっても過言ではない闇サイトとのつながりだけは絶対に避けるべきです。

そのために、常に細心の注意を払ってビットコイン(bitcoin)を利用していくことが大切です。恐ろしいことは世の中にいくらでもあると思いますが、これもその一つなので絶対に注意をいつも怠ることなくビットコイン(bitcoin)を守りながら利用していくことです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する