⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

エイダコイン(ADACOIN)についての最新情報をお届けしていきたいと思います。

エイダコイン(ADACOIN)の評判、そして今後の動きをみるというのはありきたりで飽き飽きしてくるななんて思っている人もいると思いますが、大事なことなのです。評価と動きはそのときそのときで変化するものですが、それでも追い続けるのと追い続けないのとでは違うということです。

流れは変わるが、それでも傾向が隠れているというのが一般的ですから、傾向を掴むことによってどうすればいいのかという作戦を立てることにつながってくるということなのです。ありきたりかもしれないが、それでもデータから多数の情報から得られるものはまだまだ捨てたもんじゃないということです。

《ビットコイン(bitcoin)とエイダコイン( ADACOIN)》

最近の暗号通貨の決済処理スピードは、正直遅いと言えます。この決済処理速度の遅さがビットコインの最大の弱点とも言われています。なぜなら、ビットコイン(bitcoin)は送金用としての役割が主であり、それ以外の価値はあまりないと言えます。

しいていえば、資産を守る目的で所持資産をビットコインに交換するという使われ方がある程度だと思います。そうは言っても、基軸通貨としての認知度は凄くて、日本国内でもビットコイン(bitcoin)を取り扱える店舗が急増しています。エイダコイン(ADACOIN)とビットコイン(bitcoin)を比べた場合、エイダコイン(ADACOIN)の通貨としての機能性はビットコイン(bitcoin)に負ける部分は一切ないとのことです。

ビットコイン(bitcoin)に負ける部分があるとするならば、後発の為に認知度が劣ることぐらいです。通貨としての機能性を重視している部分に関して言うと、暗号通貨の機能性の価値の高さをよく熟知して開発者のあらわれであると言えます。

《プレセール期間の販売状況について》

エイダコイン(ADACOIN)はプレセール期の販売でイーサリアムを抜き、世界1位なりました。それだけでなく、3期のプレセールは瞬く間に予定販売数を完売して、3.5期なるものが緊急に用意されたという事実があります。

4期は完売になったという話は聞くことはありませんでしたが、2017年1月31日までしっかりとプレセールしています。プレセール期は最安値で交換できる良い面もありますが、勿論悪い面も存在しています。それは、本当に公開されるのか?頓挫しないか?などの不安がよぎるのも公開前ならではだと言えます。

それでも、プレセール期に期間によっては即完売になったというのはそれなりの人気の秘訣があると言えます。人気の秘訣がいったい何なのかと言うことはまだよくわかりませんが、それでも人気はイーサリアムを凌いでいるから驚きです。

《エイダコイン(ADACOIN)の付加価値》

暗号通貨にはその通貨でしか出来ない事があって、それがその通貨の付加価値となって価値の向上に繋がります。エイダコイン(ADACOIN)の付加価値を確認していきます。エイダコイン( ADACOIN)を基軸通貨として利用できるゲームプラットフォームがカルダノです。

通常のオンラインカジノとの違いは、暗号通貨の仕組みと同様のプログラムを用いることで不正を行うことが出来ないようになっているカジノです。オラクルやスマートコントラクトというシステムを利用し、公平なゲームを提供できるようになります。

逆に言ってしまえば、現状のカジノなどは少なからず公平ではない可能性もあるという事です。よく、胴元が勝つようになっているという言葉も聞かれたりするものですが、このシステムを使うことによって勝てるかどうかは別問題として、誰でも公平に遊べるということです。

そして、このゲームやカジノの市場がとても大きくて50兆円ほどあるそうです。この市場のユーザーを取り込めればエイダコイン(ADACOIN)の需要が大きくなり通貨の価値も上昇していきます。日本でも法令上「適法」が弁護士に認められているので安心して遊べます。

安心と価値を高めることの大切さを忘れずにこれからも暗号通貨の未来へとどんどん発展していって欲しいものです。公平性を忘れないことは大切であると言えます。

《新興国として果たす役割》

カルダノの設計構想にこんなものがあります。カルダノの目的は、ただゲームをするだけでなく身分証明書として利用できる証明書を新興国に提出となっています。エイダコイン(ADACOIN)を交換するときに、顔写真や証明書などを提出することが義務づけられています。

少し煩わしいなとも思うでしょうが、身分証を提示することで過去の犯罪履歴なども調べてるとのことです。また、新興国では身分証を持つことが出来ない人が25億人いると言われていますが、その人たちにもどうにか証明書となるものを発行したいという思いがあるようです。

日本にいると当たり前のように銀行口座や身分証を持っていますが、外国だと当たり前でないことも沢山あるみたいです。では、新興国の人がカルダノに登録してもらうにはどうしたらいいのかと言うことです。最初はアプリで登録してもらうしかないと考えたそうです。

しかし、チャールズ・ホスキンソン氏がそれだとなかなか登録してもらえないということがわかっていたから、という理由でゲームプラットフォームを思いついたようです。ゲームプラットフォームが先にあるのかと思ったら、そうではないところに非常に共感が持てる話だと思いますし、好感も持つことができます。

他の暗号通貨にはない温かみのあるカルダノの理念が非常に素晴らしいだけでなく、通貨の暗号技術も他を圧倒しているので期待できます。理念と技術の素晴らしさで物を語るところに何とも言いあらわせないような美しさを感じることができると思います。

《ノアコイン(NOAHCOIN)とエイダコイン(ADACOIN)》

最近、ノアコイン(NOAHCOIN)というフィリピン国家プロジェクトの暗号通貨のサイトが増えてきています。泉忠司氏がマーケッターを努めていることもあってかものすごい販売数を記録しているとのことです。個人販売金額としてはギネスの1日57億円を記録したようです。こちらのほうはかなり明確にマーケティングを繰り広げてます。

運営元のノアファウンデーションが資本投下を行うのですが、インフラ整備や専用のウォレットを配布したり、ノアコイン(NOAHCOIN)が全店で使えるノアシティーの都市開発したりと情報が満載で分かりやすいです。それに比べてエイダコイン(ADACOIN)は開発技術は凄いと思うのですが、そのネームバリューに頼りすぎているのか、公開後にどのように使うことができるものなのかということを具体的に提示していないところがまだまだ改善の余地があるところだと言えます。

なのでかなり謎に包まれている感じがします。もう少しうまく展開出来たら公開後も需要が高まったり、保有し続けようと思う人も増えそうだと思います。名前だけに依存するのではなく、利用する人にもっと優しく丁寧に詳しく情報を発信していくべきであると言えます。

サービスには技術などのみならず、暗号通貨をつくったものからの正確で詳しい情報も当たり前に含まれていると言えます。なぜならサービスを利用する人にはそれなりに知る権利があるからです。

《エイダコイン(ADACOIN)の今後の動きについて》

このように人気はイーサリアムを抜いてどんどんうなぎのぼりであると言えます。でもこの人気によって気づいてきた地位をいつまで保つことができるのかということが大切です。ライバルがこれから増えていく中で、エイダコイン(ADACOIN)がどのようにして新たな展開や成長をみせるのかということが鍵になってきます。

しっかりと暗号通貨のベスト3に入っている自信と役割をよく考えて、利用する人のニーズにどれくらい応えることができるのかということが大切です。暗号通貨は利用する人があってこそのものなので、そのことをいつも忘れずにサービスというものを提供していってもらえたらいいと思います。

利益利益というばかりではなく、どうしたら上手くまわっていくのかということも利用する側を考える必要があります。価値を上げることよりもやはり価値を下げないためにはどうしたらいいのかという守りに入っていると言えます。

守ることも必要だと思いますが、どうしたら上手くいくのかつまりどうしたら勝てるのかという攻撃的な考え方を持つことが必要な動きになると言えます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する