⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)がコンビニで支払うことによって買えるのかと言う話題についてみていきますが、結論を言ってしまえば購入することは可能です。

なのでここではいつから買うことができるようになったのかと言うことについて、またコンビニでの買い方についても詳しく解説していきます。この話題について詳しく解説しているところはあまりないので、ここでの情報は貴重なものになると思います。

このようにビットコイン(bitcoin)の話題がいつまでも絶えることなく続くのかどうなのかはわかりませんが、ビットコイン(bitcoin)の情報がこれからもたくさん出ることは確かなことです。

《ビットコイン(bitcoin)はいつからコンビニで購入できるようになったのか?》

ビットコイン(bitcoin)はコンビニで購入することができるのかと言うテーマに関しては、コンビニで購入することができなかった2016年の5月に投稿されている記事があり、その後もまだかまだかと待ち遠しいような記事が数記事存在しています。

ですがこの記事はそのような記事とは明らかに違い、ビットコイン(bitcoin)が購入できるようになった日付けまで特定済みです。なので、そこから掘り下げてみていきます。で、実際にビットコイン(bitcoin)がコンビニで購入できるようになったのはいつなんだと聞かれたら、それは2016年9月22日から開始されている新たなサービスです。

ここで注目すべきところはなぜ秋の季節の9月で、しかも中途半端な22日という日にちであったのかと言うことです。この日は歴史で言えばベネズエラとブルガリアの二国が独立したおめでたい日ですが、全然関係ない日と言えるみたいです。

また、ほとんどの企業の給料日は25日ですし、その前に購入できるようにする目的もどこにもないと言えます。切りの良い10月1日から導入してもいいと言えます。考えられる理由がこの日が秋分の日の祝日に当たっていて、平日より多くの人に足を運んでもらうことができるからだと言えます。

次にではなぜ9月に導入したのかと言うことです。

もっと後では駄目で、この時期よりも前も駄目だったのかは、この時期の取り引き量のグラフをみたら一目瞭然です。なぜならこの時期の取り引き量は最大になっているからです。そしてこの2016年という年がビットコイン(bitcoin)の取り引き量がうなぎのぼりになっていっているグラフから読みとって、今年はビットコイン(bitcoin)の勝負の年だとする声もかなりあるからだと言えます。

ビットコイン(bitcoin)はビジネスとして打ち出された新たなサービスだからこそ、取り引き量を重視してこれからどうすればいいのかと言うことを見極めることが必要になるからだと言えます。どこでどのようなサービスを提供すればいいのかということを熟知している人たちによってビットコイン(bitcoin)は日々守られていると言えます。

《ビットフライヤー(bitflyer)VSコインチェック(coincheck)で勝者はコインチェック》

ビットコイン(bitcoin)を購入できるところは、ビットフライヤー(bitflyer)かコインチェック(coincheck)のどちらかであると決まっています。

ではいったいこれら二つのサイトはどのようにして顧客を集めるのかということです。

今回のテーマビットコイン(bitcoin)をコンビニに購入することができるように手続きを請け負っているのは、コインチェック(coincheck)です。なのでコインチェック(coincheck)はサービスをいち早く提供することによって顧客を獲得していると言えます。

利用する人たちが前から欲しいと思っていたサービスだからこそ、早く提供した分だけ喜ばれると言えます。コンビニで購入できるようになったということは正確に言えば、コンビニ決済で支払うことが可能になったということです。

つまりクレジットカードを持つことができないまたは持ちたくない人でも、コンビニ決済ならばコンビニに行って現金で支払えばいいので安心だというわけです。さらに入金可能金額の上限は3000円となっているところです。クレジットカードでは入金可能金額の上限が万単位なので、明らかな違いと安心感があります。

ちょっと面倒くさいなと思わせるような手続きは、SMS認証と本人確認のみです。安全性を高めるためには本人確認はどこでも必要になっていると言えます。このままコインチェック(coincheck)が顧客をごそっと持っていくような勢いです。

このようにしてビットコイン(bitcoin)を使いやすい環境を整えることが、これから先へと続いていくのです。利用者が求めているものを出来るだけ早く提供することによって、利用者の気持ちを理解することができ、もっと顧客を集める強い武器となるわけです。

利用者は手続きを請け負ってくれるところがあるから、もっとここを利用したいという気持ちが生まれ、口コミなどで利用者が増えていき一石二鳥と言えると思います。しかも多くの人が利用しやすいコンビニで支払いができるようになり、今後はスーパーやデパートにおいても期待ができそうです。

《コンビニ決済の仕方とメリット・デメリットについて》

ビットコイン(bitcoin)を購入してみたいけど、でもどうやって購入すればいいか分からないというそんな方の為にビットコイン(bitcoin)をコンビニで購入する方法をご紹介します。

コンビニであれば取引所に自身の銀行口座を登録する必要はないので、コンビニでお手軽にビットコイン(bitcoin)を購入することが可能です。今回はあとから導入されたビットフライヤー(bitflyer)の方で説明していきます。

まず、ビットフライヤー(bitflyer)のメニューコマンドの入出金と書いてあるページへといきます。そしたら右から2番目のところにクイック入金と書いてあるところがありますのでそこへいき、入金したい金額を入力してしたに表示されているコンビニから入金するを選択します。

続いて自分のお近くのコンビニのロゴが書かれている方を選択します。そしたらAmazonなどの通販でもおなじみの番号を控えるように番号が発行されるので、番号を写真に収めておくなり、メモるなりして保管しておき、その後の手順についてはネットの方で表示されますので、そちらを見れば大丈夫です。

ここで注意しておかなければならないデメリットがあります。それは手数料324円がかかるということです。ですから、金額入力の際は手数料別で入力する必要があります。

次に「セブンイレブン」は含まれていないということです。セブンイレブンの店頭でビットコイン(bitcoin)取引所に日本円を入金することはできないことになっています。

そしてメリットは何なのかと言えば、銀行口座を持っていなくても入金が可能、銀行口座を登録しなくてもいいので安心、クイック入金扱いになっているのですぐに入金したい場合は反映が早い、チケット購入などの店舗専用端末か店頭での支払いなので慣れている人が多い、現金で支払いが可能だということが挙げられます。

多分セブンイレブンが入金場所になっていないのは、沖縄などない店舗があるのであまり出しても意味がないからだろうと考えられます。まだまだコンビニの店舗数よりも歯科医院の方が数を上回っているからだとも考えられます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する