⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨といっても、はじめて触れる方は何を買っていいのか?世間で人気のある仮想通貨は何か?どんなものがあるの分からないのではないでしょうか?!そんな時に仮想通貨を見れるチャートがあります。まずは、その仮想通貨とは何か?を紹介してみたいと思います。

仮想通貨とはどんなもの?

仮想通貨って昨年よりNHKや雑誌などでも紹介されるようになり、一般にも目に触れる機会が増えてきました。仮想通貨は、インターネット上で取引できる通貨で基本的にはオンライン上での取引になります。

これまでの私たちが触れて使っている通貨とはまったく違ったものです。  円通貨のような中央銀行が発行する通貨ではなくて、インターネット上のデータとして存在するものです。なので紙幣や硬貨などは発行されません!

バーチャル通貨

インターネット上での流通なので「形がない・目に見えないお金」ということで「あやしい」とよく言われてしまいます。他の言い方では、バーチャル通貨とも言われていますが、実は身近に私たちはバーチャルを使っているのです。

「Suica」や「Tポイント」などの電子マネーと言われているものも、このバーチャルです。でも、仮想通貨の仕組みはこの電子マネーやクレジットカードとは全く異なる機能を持った通貨です。

身近に私たちは既に使っています

この「Suica」や「Tポイント」などの電子マネーを購入する時には、お金で購入しますよね。でも一度、購入した電子マネーをお金に換えることは基本的にはできません。しかし仮想通貨の場合はお金で購入し、その仮想通貨をまたお金に替えることが可能なのです。

しかも、円だけではなくドルやユーロにも換えることができるので、海外で旅行の時の両替など必要なく、取引にも利用される便利な通貨といえます。

仮想通貨の取引所

では、その仮想通貨のチャートを見たり売買できる取引所で、安全でトラブルのない使いやすい有名な取引所を挙げてみます。

bitFlyerには、複数のアカウントクラスがあって、そのクラスによって出来ることが変わってきます。プレミアムエコノミーや、エグゼクティブエコノミーなどのアカウントクラスがあります。最初からビジネスクラスにしていた方が送金規制なども大幅に変わり便利だと思いますのでおススメします。

このbitFlyerは、なんと有名企業が株主として運営しているという安心感があります。三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングス、三井住友海上キャピタル、リクルートから5億円以上の出資を受けて運営しています。システムの安定感、そして個人情報の取扱いなどは特に信頼できます。

coincheckは、bitFlyerにはないiPhoneとAndroidのビットコインウォレットアプリをリリースしています。国内で初めてクレジットカードでビットコインを買えるようにしたり、全国の店舗にビットコイン支払いができるレジを置いて普及促進の活動もしている取引所です。

初心者向けにシンプルで簡単に取引出来るのが【coincheck】ではないでしょうか。購入画面も見ていただくとわかると思いますが、とてもシンプルで使いやすくなっています。

Zaif こちらの取引所は、ビットガールズというイベント的なものが開催されていたり、GPSを使って仮想通貨を実際に街に出かけて探しに行きゲットできる企画など、ちょっと新しい仮想通貨を使って出来るものが開発されていいます。運営も、テクノロジーに力を入れているテックビューロ株式会社です。

チャートが見れるアプリ

コインチェックは「日本一簡単にビットコインが買える取引所」というキャッチフレーズがあるように、とても見やすいです。取引画面で簡単にPCやスマホからビットコインを購入することができます。スマホでは現在、iPhoneのAppStore(アップストア)及びandroidに対応していて、基本的にどのスマホでも使用することができるようになっています。

コインチェックアプリのチャート画面では、一番上に1通貨当りの日本円の金額が表示されていてとても見やすく私は使いやすいのでアプリを入れています。

Krakenは(クラーケン)は、2011年7月28日にアメリカのサンフランシスコで設立したビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。運営会社はPayward Japan株式会社は2014年3月11日に設立

LTC/ライトコイン・ETH/イーサリアム・XDG/ドージコイン・XRP/リップル・XLM/ルーメン(ステラ)・NMC/ネームコインの取引が可能です。     日本円ではビットコインとイーサリアムのみ対応しています。

iOSアプリ対応(英語)アカウント残高や注文管理、チャート閲覧などがチェックできます。

BtcBoxは、国内最大級の取引のために売り、買いともに活発で有利な価格で取引ができる点と取引が成立しやすいというのが強みのようです。そして取引手数料は無料なのが利点です。

ライトコインやドージコインも取り扱いあり。IOSアプリ対応・androidアプリ対応しています。

それぞれに良さがあるので、1つだけでなく他のアプリも入れておいて、それぞれの使い勝手を比べてみるのもいいのではないでしょうか?

安全に仮想通貨を保有するウォレット

それでは、それぞれのアプリでチャートをみて取引所で仮想通貨を購入したとします。そのあとに取引所での仮想通貨保有は避けたほうが良いです。ハッキングされたりすることも多くなっているようですので、より安全にしておかないと資金を守れません。

Blockchain.infoなど、インターネット上で管理するウォレットがあります。アプリでも使えるので、スマートフォンやアイフォンにダウンロードしてウォレットを持ち歩ける財布として、とても便利がいいです。

ただし、便利なのですがオンライン型のウォレットになるの、ハッキングに遭う可能性も大きいです。ハッキングに遭わないようにするために、セキュリティ対策をする必要があります。二段階認証を有効にしてアカウントを守っていく必要があるのです!この、オンラインでのウォレットサービスを利用するときは、あまりたくさんのコインを保有するよりも少額にしていた方が安全ですね。

さらに強化するためにコインを保有するには、ハードウェアウォレットというものがあります。オフライン型のウォレットで、インターネットにつながっていないためハッキングされる事はまず無いと思えます!ハードウェアウォレットも、取引所と同じように色んなタイプがあり特徴や良さなど違ってきます。

ハードウェアウォレットで更に強化

TREZOR・・・TREZORは非常に小さなデバイスで、近年では、100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることもありません。

Ledger・・・仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。Ledgerシリーズは、その安全性を妥協することなしに他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。デバイスをPCのUSB端子に接続するだけで簡単です。

KeepKey・・・コインをKeepKeyに預け入れると、ビットコインを送金する時に有機ELディスプレイ上での送金内容の確認および本体ボタン押下による承認が必ず必要となります。これによりマルウェアやウィルスなどの攻撃者から大切なビットコインを盗まれる可能性をほぼ排除することが出来るようです。

まとめ

2017年も、たくさんの新暗号通貨が出てきています。そしてビットコインやイーサリアムといった今後の値動きに大注目です!手軽にアプリのチャートを開いて見ておくだけでも面白い動きを今後も見せてくれると思います。

そして自己責任の範囲内で仮想通貨を取引所で購入して、値動きに参加されるのもいいのではないでしょうか。その時は安全なウォレットで大切な仮想通貨を保有することを忘れないでくださいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する