⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今や全世界に2000種類以上もあるという仮想通貨。そんな仮想通貨の中でも、わが国日本から発行された仮想通貨があるのをご存知でしょうか?
最近では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といったメガバンクが独自の仮想通貨を発行することが話題となっていますが、実は2013年にひっそりと日本初の仮想通貨が発行されていたのです。いったいどんな仮想通貨なのでしょうか?

仮想通貨とは?

まず、そもそも仮想通貨とはなんじゃい?という方のために簡単に解説しますね。

仮想通貨とは、正式には暗号通貨=cryptocurrencyといいます。

インターネットを通じて世界中の不特定多数の間で物やサービスの対価として使用でき、中央銀行などの公的な発行元や管理者が存在せず、専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの法定通貨と交換できる通貨のことを指します。

電子マネーやポイントみたいなものをイメージしていただければ良いでしょうか?ただこのポイントみたいなものはあっという間に世界中の一個人に直接送金したり受け取ったりできて、かつ法定通貨にも取引所を通じて交換できて相場も形成しています。特定の狭い領域でしか使えない電子マネーやポイントとは大きく違うものになります。

仮想通貨の中でも最も有名で、かつ盛んに取引されたり、支払いなど日常生活の場にもどんどん広がっているのがビットコインです。

ビットコインの最大の特徴は、中央銀行などの公的な発行者や管理者が存在せず、そのシステムの仕組みだけで自動的に運営・維持されることにあります。つまり、もしビットコインが世界中で本当に頻繁に使われるようになると、国家ごとの法定通貨が不要になってしまいます。

中央銀行をふくめ、銀行の存在意義がなくなってしまう恐れがあるくらい、インパクトのある通貨、それが仮想通貨なのです。

日本初の仮想通貨

そんな偉大な発明である仮想通貨ですが、日本初の仮想通貨は先に触れたビットコインと同じような仕組みで管理運営されている本格的なものになります。
その名は・・・

「モナーコイン」

です!!

ん?何?モナーて何?いまいちパッとしない名前だなあ・・・と思ったそこのあなた。
モナーとは何か?から順番に解説していきますね。

モナーとは?

“モナー”とは、2ちゃんねるなどでよく使われる、記号や文字を絵のように並べて作る“アスキーアート(AA)”によるキャラクターで、正式名は「オマエモナー」です。「2ちゃんねるの猫」などと呼ばれたりします。

本来のキャラクターデザインではモナーは猫ではなく、「猫のような熊のような謎の生き物」なんだそうです。ただ、今となっては2ちゃんねる内でも「猫」と呼ばれているようですので、きっと猫で大丈夫だと思います。

現在、2ちゃんねるを象徴するキャラクターになっているモナーですが、登場初期には他人を批判する発言が掲示板に出てきたときに、その発言自体もまた批判を生みそうな内容の場合に、“オマエモナー”と、いわゆる“ツッコミキャラ“としてよく登場しました。

ちなみに“お前もな”は昔から使われていた煽り文句で、2ちゃんねる内では初登場シーンは厨房板で誰かが「お前らも暇な奴らだなぁ」とのセリフを書き込んだところに「おまえもな」と登場したそうです。当初は猫のような三角の耳ではなく、丸耳だったそうです。

モナーについてはご理解いただけましたか?どうでもよかったですかね?
では、モナーコインについて解説していきます。

モナーコインとは?

モナーコインは日本のネット掲示板”2ちゃんねる”から生まれ、2013年12月23日に公開されたわが国初の仮想通貨です。

利用者プログラムは公開されており、モナーコインプロジェクトという組織によって作成され公開されていますが、コインの発行や運営はしていません。

モナーコインはビットコインと同じように利用者で形成するモナーコインネットワークによって維持されており、管理者は存在しません。

モナーコインの開発概要

2ちゃんねるのソフトウェア板で、ライトコインその他の採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏(Mr.Watanabe)が開発し、モナーの名を冠して2013年12月23日にβ版をリリースしました。これがモナーコインの生まれた日になりますが、すぐに一旦リセットします。

2013年12月30日に新モナーコインの公式アナウンスが行われ、2014年1月1日0時0分(UTC)にブロックチェーンに移行し、正式にリリースされ流通するようになりました。日本初の仮想通貨です。

モナーコインはライトコインLitecoinをベースにした仮想通貨です.

Litecoinはもともとビットコインを補うものとして発行されており、そのシステムは ビットコインとほぼ同じです。よって、モナーコインもビットコインと同じようなシステムで動いている仮想通貨の取り扱いに準じます。

つまりP2P通信で管理者は存在しない、分散型での管理になります。

ブロックアルゴリズムはLyra2REv2で、1ブロックにつき50 MONA(+送金手数料)のBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、ブロックが生成される時間は平均90秒です。

総発行量は1億512万MONAです。Premine(開発者による事前採掘)はありません。

当初の発行目的

ウォレットアドレスを表示することで、サイトの垣根を超えてコインを送付することができるため、インターネット上での評価(Facebookの「いいね!」、You Tubeの「高評価」や「再生回数)を統一する基準としての使われ方が期待されていました。

つまり、ニコニコ動画でも、pixivでも、Yahoo!知恵袋でも、投稿者がウォレットアドレスさえ表示していれば、内容が良くて高評価されるべきコンテンツの作者に対してモナーコインを送ることができます。

また、振り込めない詐欺(ユーザーが自発的にお金を支払いたくなるほど素晴らしいコンテンツを、無料で公開した作者に対して、感謝と尊敬の気持ちを示すこと)も、モナーコインを送ることによって解決できます。投稿者が、自分のウォレットアドレスを示すことで、すべてのユーザーが安心してモナーコインを振り込むことができるようになりました。

もっと評価されるべき良質の作品に対しては、モナーコインを好きなだけ送ることで、評価をさらに上げることができます。すごいコンテンツを作った作者に対してモナーコインを送る行為を、投げ銭をもじって「投げMONA」と呼びます。

つまり、ネット上に公開されたコンテンツを、統一した基準で評価するために発行したようですね。ネット上でのみんなの評価をなるべく公平にしよう、本当に素晴らしいコンテンツに対してその評価をきちんとわかるようにしよう、という目的ですね。

実際の使われ方

最初は想定通りの「誰かが作った作品や動画などを評価する手段としてMonaを支払う(ニコニコ動画、pixivで行われています)」といった使われ方をしていたのですが、他にも「人寄せや宣伝の手段としてMonaを配布する」「誰かに絵を描いてもらって報酬をMonaで支払う」 等の使われ方がでてきていました。

しかし、2014年4月に土地の売買がモナーコインで成立したり、Amazonギフト券やVプリペイド、シフォンケーキとの交換や同人誌のネット販売、パソコンゲームの購入などができるようになったりと、徐々に通貨としての使用機会が増えてきました。

iPhone修理のアイラボファクトリーでは、モナーケース(iPhoneのカバー)をモナーコインで買うことができるようです。

まとめ

いかがでしたか?日本初の仮想通貨、それはモナーコインでしたね。最初は純粋な評価手段、投げ銭としての機能しか想定されていなかったのですが、徐々に通貨として広がりつつあるのを感じます。

1MONA=数円と、両替も気軽にできる値段ですので、お試しでいくらか両替してみても良いかもしれませんよ。

ちなみに、モナーコインの取引所はZaif、CoinGecko、もなとれなどが挙げられます。ただし、もなとれは現在試験運用中なので、システムの不具合があったとしても自己責任でお願いします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する