⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは / Bitcoinとは?

ビットコインは、“ナカモトサトシ”と名乗る人物によって構想され、そのシステムは論文として投稿されました。これに基づいて、2009年に実際に運用が開始された暗号通貨のことを指します。

極めて低額の手数料(日本円にして数円~数百円程度)での送金を、約10分間待つだけで可能にするというこれまでには考えられなかった便利な通貨です(これまでは、特に海外送金の場では手数料は数千円が当たり前、着金に1週間かかるのも普通でした)。

また、中央管理機関や特別な権限を持つ発行者は存在しません。支払いの際において売買自体の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログである、blockchainの更新を要求します。つまり、コンピューターネットワーク上で一つ一つの取引を公開状態で複数のコンピューターの承認で成立させるシステムです。

ビットコインの発行総数には限度(2160万枚)があり、たくさんの人々がビットコインを価値のあるものだと信じていれば、その分価値が上昇し、これは価値がないと考えれば取り引き量が低下し価格の下落が起こります。

ビットコイン取引所(Bitcoin Exchange)とは?

個人間のお金のやり取りが革命的に便利になるビットコイン。持ってみたいと思いませんか?でも、ビットコインはどうやって手に入れれば良いのでしょう?実物のない仮想通貨を手に入れる、と言われてもイメージが湧きませんよね?

現在のところ最も簡単にまとまったビットコインを手に入れるためには、ビットコイン取引所で日本円と交換することです。

取引所と言われると、なんだかプロのトレーダーたちがわんさかいて、超高速で世界中の取引を扱っているようなイメージで、とっても敷居が高い感じがしますね?

実際は、取引所と言っても、国際空港にある両替所のようなものです。一つの空港にたくさん小さな両替所があるじゃないですか?あれの一つを訪ねていって日本円を両替してもらう感覚で大丈夫です。

海外旅行に行くときに、いくらか現地の通貨を現金で確保しておくために、両替所で日本円を外国の通貨に交換しますよね?それをインターネット上で行うのがビットコイン取引所です。インターネット上の操作が必要なので、パソコンまたはスマートフォンが必要で、オンラインの環境が必須となりますが、取引自体のイメージはずいぶん簡単なものになったのではないでしょうか?特に身構える必要もありませんよね。

ビットコイン取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が取引するインターネット上の市場(プラットホーム)です。取引の方式はオークション形式になっており、買い手と売り手がそれぞれ希望の売買価格を提示して、オーダーブック(板:株式取引の時によく使われる表)が形成されていきます。

また、取引所が指定する口座にお金を振込むことで、ビットコインを直接購入することもできます。ただし、両替レートは常に変化するので、直接購入か、取引所で、希望価格で売り買いするのか、よく検討して決める必要があります。直接ビットコインを購入するよりも、希望の価格で取引したほうが結果的に安くすむ場合が多い印象があります。時と場合によりけりですが。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはビットコインとの関係性を示す際に、日本語でよく「分散型台帳」と言われているもののことです。いわゆる取引の記録を行う台帳です。

今までは、全ての金銭的な取引は、“銀行”や、全世界に決済システムを提供するVISA、MasterCardなどといったクレジット会社などの“第三者が管理する機関”を通して行わなければならないものでした。しかし、ブロックチェーン技術を使うことによって、この“第三者機関”を通さなくても「取引(=トランザクション)」を成立させることが可能となりました。

つまり、取引を仲介する存在がなく、直接個人間で現金の手渡しをするように、ビットコインを個人の財布から財布へ送ることができるようになりました。

そして一度データがブロックチェーンに書き込まれたら、そのデータを変更することはできない、という特徴があります(ただし、許可型ブロックチェーンはこれに当てはまりません)。なぜなら、そのデータはID番号のような形で世界中のだれもが見られるように公開されており、しかも複数のコンピューターによって同時に同じ取引記録が承認されているのです。

誰かが後で金額を操作しようとプログラムをいじると、その記録が分散して同時に承認していたほかのコンピュータに筒抜けになり全世界に公開されてすぐにバレてしまいます。

これによって、不正がまず起こらないという大きなメリットがあります。

ビットコイン買い方講座 (bitFlyerの場合)

いかがでしたか?ビットコインは、銀行やクレジットカード会社の存在を失くしてしまうような、常識を覆すとても便利なツールだと思いませんか?

この貴重な価値に気づいた人々や企業が、続々と仮想通貨市場に参入してきているのが、現在の世界の状況です。取引所でのビットコインの価格もどんどん上昇しています。つまり、将来の値上がりに期待して投資としてビットコインを手に入れておくという考え方も十分ありなのです。

では、実際に日本円をビットコインに交換するために必要な手順をビットフライヤー(bitflyer)という取引所でのビットコインの買い方について説明しますね。

1. アカウント作成(無料です)

Bitflyerのトップ画面からアカウント作成画面を開き、メールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

(Facebook アカウントを持っている方は、「Facebook でアカウント作成」ボタンをクリックしてください。Facebook に登録されているメールアドレスからアカウントが作成できます。Yahoo! ID、Google アカウントを持っている方も、同じ様に「Yahoo! ID でアカウント作成」ボタン、または「Google でアカウント作成」ボタンをクリックすることで、登録メールアドレスからアカウント作成が可能です。)

登録に成功するとキーワード入力のための画面が表示されます。

ここで、登録に使用したメールアドレスの受信箱を開き、bitFlyer から「アカウント登録確認メール」が届いていることを確認してください。確認できない場合は迷惑メールに振り分けられている場合がありますのでそちらも確認してください。 その本文に書かれた【キーワード】をコピーし、ダイアログボックスの「キーワード」欄に貼り付けて「アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

Facebook, Yahoo!, Googleを通して登録した場合は、そのアカウントに登録しているメールアドレスに「アカウント登録確認メール」が届きます。ご利用規約等への同意を求める画面が開きますので、「ご利用規約」「プライバシーポリシー」「ビットコイン取引におけるリスク」をよく読んでください。

内容に同意いただき、なおかつ米国の居住者ではない場合は、三つのチェックボックスの全てにチェックを入れ、「bitFlyerをはじめる」ボタンをクリックしてください。

以上でアカウント作成は完了します。bitFlyer 内のサービス利用制限を表す「アカウントクラス」は、この時点では「スタンバイクラス」です。(Facebook でアカウント作成された方は、「エコノミークラス」です。)

「スタンバイクラス」では、ビットコインの預入・送付のみ可能です。ビットコインの購入・売却や取引所など、もっと役立つサービスを利用する場合はアカウントクラスのアップグレードが必要です。

2. アカウントクラスをアップグレードする

Bitflyerにおける個人のアカウントクラスとそれぞれのクラスでできることは、以下の表のようになっています。

スタンバイクラス エコノミークラス プレミアムエコノミークラス エグゼクティブエコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
必要な資料 メール 携帯電話認証またはFacebook連携 ご本人情報登録

銀行認証

ご本人情報登録

ご本人確認資料の提出

ご本人情報登録

銀行認証

ご本人確認資料の提出

ご本人情報登録

銀行認証

ご本人確認書類提出

ファーストクラスへの招待状

現住所確認書留

ビットコイン預入・送付
日本円の入出金
ビットコイン購入・売却
最大取引量/日  - 5万円 5万円 50万円 500万円 制限なし
最大取引量/月 25万円 25万円 250万円 2500万円 制限なし

 

プレミアムエコノミークラスより上のクラスのエグゼクティブエコノミークラスで日本円の入出金ができないことに違和感を感じられる方がいらっしゃるかもしれません。

エグゼクティブエコノミークラスになるのには銀行情報が不要ですが、銀行情報がないといざ出金のときに振り込み先の口座がないことになりますよね?だから日本円の入出金ができないのであって、銀行情報を入力すれば自動的にビジネスクラスにアップして日本円の入出金が可能になります。

ということで、ストレスなく取引をするにはビジネスクラスになってしまうのが早いですが、ひとまず、日本円を入金してビットコインを買うだけであれば(それでも今ならば十分値上がり益を狙えそうですが…投資は自己責任でお願いしますね!)、プレミアムエコノミークラスになればよいことになります。

3. プレミアムエコノミークラスになるには?

bitFlyerにログイン後、ホーム画面の「アカウント情報」の下にあるボタンを確認してください。条件を満たしている項目には緑色の、満たしていない項目には赤色のタグが表示されています。
アップグレードするために条件を満たしていない項目の登録をしてください。

ご本人情報登録

ご本人情報登録フォームに必要事項を入力し、「登録情報を確認する」ボタンをクリックしてください。確認画面をご覧になり、内容に間違いがないかどうか確認し、「ご本人情報を登録する」ボタンをクリックしてください。

銀行口座情報確認

ご本人情報登録が完了すると、“ご登録、ありがとうございます”と書かれたダイアログが表示されます。「続けて銀行口座情報を登録する」をクリックし、銀行口座情報登録画面を開いてください。

画面の指示通りに「銀行名」「支店名」「口座種別」「口座番号」「銀行名義」を入力し、「登録情報を確認する」ボタンをクリックしてください。確認画面で内容に間違いがないかどうか確認し、「登録情報を登録する」ボタンをクリックしてください。

すると、銀行口座登録情報登録が完了したことを示すダイアログが表示されます。預け入れた日本円は、bitFlyer内でのビットコインの購入に使えるようになります。Bitflyer側で銀行口座情報の確認が完了すると、アカウントクラスがプレミアムエコノミーにアップグレードされますので、画面でご確認ください。

4.ビットコイン購入!

ではいよいよビットコインの購入に移ります!

1. 最初に、ビットコイン売買画面を開きます。右上の残高を確認してください。これは、bitFlyer 販売所に預けているビットコインおよび現金(日本円JPY)の保有残高になります。この JPY を使って、ビットコインを買う(両替)ことが出来ます。

2. ビットコインを購入するには、[数量(BTC)] に、購入したいビットコイン数を入力設定します。その下の[+1] [+0.1] [+0.01] のボタンを押し、購入したいビットコイン数を設定してください。キーボードから直接入力することもできます。

3. 設定したビットコイン数に応じて、その時点での参考価格が日本円JPYでも表示されます。

4. コイン数が決まったら、[コインを買う]ボタンを押します。

5. おめでとうございます!ビットコイン購入が完了しました。

慣れてきたら「ビットコイン販売所(bitflyerから直接買う)」で買うだけでなく、「ビットコイン取引所(○○円で買う、と注文を出して、同じ値段で売ってくれる人が現れたら取引が成立する)」で取引もしてみてください。「ビットコイン取引所」でのビットコインの買い方はここでは省略しますが、bitflyerの手数料が加算されない分、安く買うことができます。

なぜ、bitflyerは安心なのか?

bitFlyerは2014年1月9日に日本で設立されたビットコインの販売・取引所です。なぜ、bitFlyerが安心なのか、3つ挙げてみました。

1.日本最大規模の取引量(ビットコイン月間取引金額 2,500 億円以上(2016年12月)

2.豊富な資金力(資本金41億238万円)

3.セキュリティに対する意識の高さ(独自Blockchain、miyabiの開発)
bitFlyerは2016年現在で日本最大のビットコイン取引量を達成しています。

さらに、大手銀行系からの資金調達も実現しておおり、最も資金力のあるビットコイン取引所です。

2015年8月12日の記事 ビットコインニュースより引用

bitFlyerが三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから5.1億円の資金調達を実施

ビットコインの販売所・取引所などのサービスを提供するbitFlyerが、ベンチャーラボインベストメントをリードインベスターとし、総額5億1000万円の資金調達を実施した。これは、国内ビットコイン企業への投資として最大規模となる。

投資家には三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングス、三井住友海上キャピタルに加え、金融情報ベンダーQUICKが参画した。国内でメガバンク傘下のベンチャーキャピタルがビットコイン事業に投資したことに前例はなく、規制が構築されていない業界に対し、bitFlyerが一石を投じた形となる。

三菱東京UFJ、電通、三井住友海上といった誰でも知っている大手銀行・企業の資本が注入されていることは安心感につながりますね!

そしてセキュリティについて、bitFlyerへの入出金は全て人の目で確認しており、自動のシステム、機械任せにしないことで不正な取引を防止する体制を取っています。

さらに、会社で独自のblockchainである「miyabi」(2016年12月発表)を開発してしまう技術力の高さもあります。

このように、大手企業の資本が投下されていること、圧倒的な資金力があること、セキュリティや技術力の高さがあることからbitFlyerでのビットコイン取引は安心とみていいと考えています。ご参考になれば幸いですが、あくまで投資は自己責任でお願いいたします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する