⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨ビットコインは採掘(マイニング)されて世に出てくると言われてますが、それは石炭をツルハシで掘るイメージとは全く違うものでした。それでは、実際にどういう方法で採掘されているのでしょうか。またその作業とは、誰でも簡単にできるものなのでしょうか。

ビットコインの採掘とは

ビットコインの採掘はマイニングと言います

まず採掘と聞くと思い浮かぶのは、石炭をツルハシで掘ってるイメージがありますが、実際にビットコインの採掘「マイニング」でやっていることは、コンピュータでビットコインの取引確認と、取引台帳(ブロックチェーン)に取引を追記していく作業のことを言います。
コンピュータ上での取引データメンテナンス作業のことですね。では、取引データメンテナンス作業とは、具体的にはどのようなことを行っているのでしょう。
ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

採掘での検証作業は、何をチェックするの?

採掘では何をチェックするのか

●送金情報を送った人がそのビットコインの正しい保有者なのか?
●ビットコインを重複して使っていないか?
●実際には保有していないビットコインを使ってないか?

といったことを、世界中の有志たちがチェックします。
このチェック作業は10分毎に行われています。

ビットコインは国や銀行などの人間が関わる取引ではないので、その取引で不正が行われていないかのチェックは、世界中にいる有志の人々(コンピュータを駆使して)が昼夜を問わず膨大な量のチェック作業を行うことで不正を防いでいるのです。
ではこの報酬はどこから出るのかというと、新たらしく発行されたビットコインにより支払われます。つまり、仮想通貨ビットコインの発行がこの瞬間に新規で起きるのです。

ビットコインの採掘報酬とは?

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。 つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。 つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。
そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。 そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインの採掘報酬が半分になった

ビットコインの発行量は調整されている!

つい先ほどBitconはその短い寿命の大きな節目を迎えた。ブロック(トランザクションデータの集合単位)を採掘する報酬が、25 bitcoinから12.5 bitcoinへと半分になった。

これは、コインの価値を650ドルと仮定すると、今後採掘者たちはブロック当たり8125ドル程度を得ることになる。半減する前は1万6250ドルだった。

でも問題ない!これは起こるべくして起きたことだ。説明しよう。

Bitcoinのコードが書かれた時、2100万bitcoin以上の通貨が出回ることがないように設計された。そして人々が採掘すること(これがbitcoinネットワーク全体の価値を立証し維持している)を奨励するために、Satoshiはブロック毎に報酬を与えるしくみを作った。

設立当初、報酬は採掘された1ブロック当たり50 bitcoinだった。そしてプログラムは、21万ブロック採掘される毎に報酬を半分にし、64回の半減期の後、ゼロになるように作られた。

この指数的半減は、最後の半減期が来るのは100年以上先だが、全bitcoinの75%が既に採掘され流通していることを意味している。

そして今日は、Bitcoinの歴史上2回目の半減期だ。最初の半減期(報酬が50から25 bitcoinsに切り下げられた)は2012年11月のことで、当時の価値は12ドルくらいだった。

しかし、それは〈私〉にとって何を意味するのか?

オーケー、歴史の講義は十分だ。おそらく知りたいのは、bitcoinの価格がどう影響を受けるかだけだろう。

完全市場では、米ドル/bitcoinが単純に2倍になり、報酬のbitcoinが半分になったのを補償する。これは論理的だ、なぜなら採掘にかかるコストは変わっていないのだから、価値を倍にしなければ収入が直ちに半分になってしまう。

しかし市場が完全ではないことをわれわれは知っている。そのため、われわれはせいぜい予想することしかできない。そして最も論理的な結論はこうだ。半減による価格への影響は、市場が予測していたことによって既に起きており、過去6ヵ月間の大きな値上がりの主たる理由はおそらくそれだ。

今日はここまで。みんなで半減パーティーを楽しもう。もし祝う機会のない人は、まだあと62回半減期が来ることを忘れないでほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

ビットコインの発行総量は、中本氏がビットコインの論文を公表した2009年に決められています。また、採掘(マイニング)による発行量も調整されているため、急激に総量が増加してインフレになったり、混乱が起きないように開発設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 BTC と決められていて、それ以降は新規発行されることはありません。

まとめ

ビットコインが登場した当初の頃は個人のパソコンでも割と簡単に採掘ができたそうですが、現在ではスーパーコンピューターをフル稼働させ中国のように国家レベルで採掘する巨大ビジネス化しているようです。

ビットコインの価値が上昇していくと、採掘も難しくなって行くように設計されているんですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する