⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨は、昨年よりNHK番組やBSなどで放送されるようになり雑誌や日経新聞にもよく載っているのをみかけます。私の周りでも【仮想通貨】に興味を持つ人が少しずつ増えてきています。

このままいくと今年、来年はたくさんの方が仮想通貨を持つことになるのではないでしょうか?

仮想通貨とはどんなもの?

仮想通貨は、今まで私たちが使っている円通貨のようなものではなく、全く新しいお金という価値観がガラリと変わってしまうような通貨となります。それは、インターネット上で取引できる通貨で基本的にはオンライン上での取引になります。

これまでの通貨とはまったく違うので、まだ「あやしい」と思っている方も多いですね。

現在の円通貨は、中央銀行が発行する通貨ですが仮想通貨はインターネットのデータとして存在するので紙幣や硬貨などは発行されません。なので数字上だけで実際に使えるのかどうなのか?どうやって使うのかわからない!という声もよく聞きます。

「形がない・目に見えないお金」ということで「あやしい・お金として使えるの?」とよく言われますが、私たちの周りにはすでにバーチャル通貨とも言われているものが存在しています。わかりやすいもので身近にあるものは「Suica」や「PASMO」[Tポイント」などの電子マネーと言われているものです。

とても近い存在ですが、仕組みはこの電子マネーやクレジットカードとは全く異なる機能を持ったのが仮想通貨なのです。

この電子マネーを購入する時には、お金で購入しますよね。でも一度購入した電子マネーを、お金に換えることは基本的にはできません。しかし仮想通貨の場合はお金で購入し、その仮想通貨をまたお金に替えることは可能なのです。しかも、円だけではなくドルやユーロにも換えることができるので、海外での取引の時にも利用される、とても便利な通貨といえます。

仮想通貨の種類は現在100種類とも200種類とも、それ以上あるとも言われています。その中でもダントツに一位の座にいるのが【ビットコイン】といわれる仮想通貨です。ビットコインの最大の特徴は、発行主体がいない分散型通貨です。今現在も仮想通貨の人気ランキングでも一位となっています。そして送金手数料が安いことです。

ビットコイン以外の上位の仮想通貨

2位は、イーサリアム・・・イーサリアムはアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称です。ブロックチェーンの仕組みをつかって処理を行い、決してシャットダウンすることなく動き続けるコンピュータです。イーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨のことを「ether(イーサー)(ETH)」と呼びます。

3位は、Dash・・・ついに,今まで3位の座にいたRIPPLEを抜きました。DASHパートナー企業のBlockPayが、仮想通貨にも対応したPOSで、小売り、レストラン、ホテル、その他Eコマースまで対応し低コスト、低手数料です。そして、スマホを使用してQRコード読み取り数秒で支払いが完了するようです。この影響も大きいのではないでしょうか?

4位は、リップル・・・銀行などの金融商品間の取引に仲介通貨を導入して、やり取りをスムーズにコストがかからないのを目指しています。このリップルというシステムの中で「仲介通貨」として使用されるのが「XRP」という仮想通貨です。

5位は、ライトコイン・・・ライトコインはビットコインとほとんど同じ機能をもつ仮想通貨です。希少性はビットコインよりも低いけれど、流通や取引に利用しやすいようにと考えて作られています。

6位は、モネロ・・・モネロ(Monero)は、送信先や送信元などを追跡不可能なほど匿名性を高めることに特化させた仮想通貨です。モネロの通貨の略称は「XMR」と呼ばれています。

今後の仮想通貨の将来性

現在、新仮想通貨(新暗号通貨)と呼ばれる新しい通貨が次々と出てきています。第一期プレセール期間が設けられていて、その時期に購入する事で魅力ある新暗号通貨を一番安く保有することができます。

市場公開までの値上がりや、公開後に保有しておくほどの魅力ある仮想通貨かどうかをしっかりと説明を聞いたり情報に耳を傾けていくことが大事です。

仮想通貨の投資

仮想通貨で利益を得る手段はFXと似ています。安い値段で買う仮想通貨を高い値段で売る。そしてその逆も利益が出ます。利益の出し方は簡単なので初心者の方でも始めやすいと思います。

仮想通貨の便利さ

ほとんどの方が番号を入力して買い物ができるオンラインクレジットカードを持っていたり、SUICAなどの電子マネーも広く普及していますよね。それと同じように、仮想通貨のビットコインなどスマートフォンのアプリを使って管理ができるのです。

少額での決済ができるので少ない金額でも気にせず相手の方に送金することが可能でとても便利ですね。

そして金融機関が介入していない仮想通貨取引は、基本的には個人同士の取引なので、個人ウォレットの直接取引になります。個人のQRコードがあってそのコードを読み込ませると簡単に送受信ができとても便利です。

今後、仮想通貨関連ではATMの設置が全国に広がることや、仮想通貨で買い物が出来る店舗や飲食店が増えていくこと(現在、ビットコインが使える店は、国内でおよそ6,000か所といわれています)まだまだ増え続けていき仮想通貨での支払いは日常では、あたりまえのようになって行くでしょう。

最近では、電気料金や不動産関係の支払いにも使えるようになり始めています。

銀行も仮想通貨を開発中

こんな広がりを見せている仮想通貨の状況に危機感を強めているのが、銀行ではないでしょうか?

銀行を介さない取引、しかも世界どこでも通用する通貨が広がることで必要性がなくなってしまうのです。そこで、国内最大手のこの銀行が取った戦略は、みずから仮想通貨を開発することでした。1年後の実用化を目指しているようです。

この銀行の仮想通貨の最大の特徴は、常に1コインを1円に固定していることです。

ビットコインのような、送金や決済が安く早くできる利点を残しつつ、利用者の安心感も得ようという狙いです。

地域版の仮想通貨を開発中

地域への貢献を高めようと今取り組んでいるのが、地域版の「仮想通貨」の開発です。会社の社員に福利厚生の一環として、使える地域を赤坂に限定した仮想通貨を配り、地元での消費を促すのが狙いです。

仮想通貨で低迷した地域経済を立て直そうと福島県の会津若松市では、すでに始まっているようです。中心部にある商店街の活気も薄れ、住民のつながりも無くなり深刻になっています。

その対策として去年6月に地元の会津大学が企業や行政を巻き込んで【会津版・仮想通貨】のプロジェクトチームを立ち上げました。

最大の特徴は、「雪かき」や「ゴミ拾い」という地域に役立つ活動をした人に、仮想通貨を発行するようです。地域に貢献する活動をしながら、地元の消費にも結びつけることで住民同士のつながりが地域の活気を取り戻そうというチャレンジを行っています。

まとめ

2017年は暗号通貨元年といわれるだけあり、今までの「怪しい」「使えるの?」という一般的な思考を持った方から「便利」「使いやすさ」が見直されて、どんどんと広がりをみせていきます。

ついに国が通貨と認め、便利さに気づき銀行までも動き始めてきています。きっとブロックチェーンという技術が見直され、いろんな場面で応用されていくのではないでしょうか?!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する