⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは / Bitcoinとは?

ビットコインは、ナカモトサトシを名乗る人物によって投稿された論文に基づいて、2009年に運用が開始された仮想通貨です。極めて低いコストでの送金を、平均約10分程待つことで可能にするというこれまでには考えられなかった通貨です。

また、管理機関や特別な権限を持つ発行者は存在しません。支払いの際において売買自体の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログである、blockchainの更新を要求します。ビ

ットコインの発行総数には限度があり、多数の人々がビットコインを価値のあるものだと信じていれば、その分価値が上昇し、無いと考えれば取り引き量が低下し価値の下落が起こります。

ビットコイン取引所(Bitcoin Exchange)とは?

さて、個人間の送金が革命的に便利になるビットコイン。このビットコインはどうやって手に入れれば良いのでしょうか?実物のない仮想通貨を手に入れる、と言われてもなんだかピンときませんよね?
それを可能にするのがビットコイン取引所です。

取引所と言われると、なんだか経済のニュースで出てくるような、たくさんのモニターを見ながら高速で取引しているプロのトレーダーたちがわんさかいるようなイメージで、なかなか飛び込むには勇気がいりますよね?

でも、実際は、取引所と言って身構える必要は全くなく、イメージとしては、国際空港にある両替所のようなものです。海外旅行に行くときに、いくらか現金を手に入れるため、両替所で日本円を外国の通貨に交換しますよね?それをインターネット上でビットコインとの両替を可能にしたのがビットコイン取引所です。これなら、特に身構える必要もありませんよね。

ビットコイン取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が取引するインターネット上の場所(プラットホーム)です。取引の方式はオークション形式になっており、買い手と売り手がそれぞれ売買価格を提示して、オーダーブック(板:株式取引の時によく使われる)が形成されています。

また、取引所が指定する口座にお金を振込むことで、ビットコインを直接購入することもできます。ただし、両替レートは常に変化するので、直接購入か、取引所で言い値で売り買いするのか、よく検討して決める必要があります。個人的なざっとした印象だと、直接ビットコインを購入するよりも、取引したほうがレートが安い印象があります。

取引所手数料

例えば、coincheckが提供するビットコイン取引所では、ユーザーが出した注文が約定するたびに取引手数料が発生する仕組みとなっています。

手数料体系はメイカーテイカーモデルを採用しており、取引所に流動性を与えるメイカーには発生した手数料を取引所から払い戻し、逆にテイカーから手数料を徴収します。

また、ユーザーの過去30日間の取引の出来高によって手数料が変化します。詳細については、coincheckホームページの「取引所手数料について」をご覧になってみてください。

メイカーとテイカーとは何か?

メイカーは注文板上に指値注文を先に提示し、取引所に流動性を供給したユーザーを指します(=指値注文を出した人)。テイカーはその提示された指値に対して対当させるため、成行注文を提示することで、供給された流動性を利用したユーザー(=成行注文を出した人)を指します。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン(blockchain)は分散型のコンピューターネットワークのことを指します。ブロックチェーンはビットコインとの関係性を示す際に、日本語でよく「分散型台帳」と言われている表現のことです。

これまで、全ての金銭的なトランザクション(取引)は、“銀行”や、全世界に決済システムを提供するVISA、MasterCardなどといった“第三者が管理する機関”を通して行わなければならないものでした。

しかし、ブロックチェーン技術を使うことによって、この“第三者機関”を通さずにトランザクションを成立させることが可能となりました。つまり、取引を仲介する存在がなく、直接個人間で現金の手渡しをするように、ビットコインを個人の財布から財布へ送ることができるようになりました。

そして一度データがブロックチェーンに書き込まれたら、そのデータを変更することはできない、という特徴があります(ただし、許可型ブロックチェーンはこれに当てはまりません)。これによって、不正がまず起こらないという大きなメリットがあります。

ビットコイン買い方講座

いかがでしたか?ビットコイン、銀行やクレジットカード会社の存在を失くしてしまうような、常識を覆すとても便利なツールだと思いませんか?この圧倒的な価値に気づいた人々や企業が、次々と仮想通貨市場になだれ込んでいるのが、今現在の世界の状況です。それに伴って取引所内でのビットコインの価格というのもどんどん上昇しています。

つまり、将来の値上がりを見越して、投資としてビットコインを手に入れておくという考え方もアリなのです。

ここでは、現在のところもっとも簡単な手続きでビットコインが購入できる、先ほども登場したcoincheck(コインチェック)という取引所での口座振り込みによるビットコインの買い方について説明しますね。

1. アカウント登録

コインチェックのトップ画面にアカウント作成のボタンがあります。ここをクリックして出てくる画面に、あなたのメールアドレスと好きなパスワードをあなた自身で決めて入力してください。

すると、入力したメールアドレスに確認のメールが届きます。メールを確認して、文中のURLのリンクをクリックしてください。これでアカウント作成が完了します。設定したパスワードを忘れないように、メモするようにしてください。

2. 電話番号の登録

トップページから、メールアドレスとパスワードを入力して、あなた自身の取引ページにログインしてください。日本円の入金には電話番号の登録が事前に必要となります。

電話番号登録によって1日あたり5万円まで入金ができます。ご利用中の携帯電話の電話番号を入力して送信するボタンを押してください。携帯電話にSMSメールが届きますので、メールに記載されている認証コード(6ケタ)を入力してください。これで認証が完了します。

3. 指定口座への日本円振込

ビットコインを買う>日本円を入金する から振込先の口座情報が確認できます。この振込先はアカウントごとに別口座が設定されています。振込先の口座情報が表示されますので、指定の口座に取引したい分の日本円をお振込みください。

※この時点ではまだビットコインは購入されません。

4. 入金の確認

コインチェックの方で支払いの確認が取れると、ホーム画面の口座残高に、振り込んだ日本円の金額が反映されます。次はいよいよビットコインの購入です。

5. ビットコインの購入

コインチェックの「かんたん購入」のページから、購入するビットコインの数量を入力してください。購入額は同時に日本円に換算されて表示されますのでこれを参考にして購入するビットコインの数量を決めてください。

「購入する」ボタンをクリックすると、ビットコインが購入されます。ホーム画面に購入したビットコインが反映されたら、購入は完了です。これであなたもビットコインのオーナーになりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここでは登録から購入までの手続きがもっとも簡単(と個人的に思っている)なコインチェック取引所における最速でビットコインを購入する方法を説明しました。

これまでの購入の過程でわかると思いますが、ビットコイン購入には、クレジットカードで支払いができる方法もありますし、日本円が入金された後のビットコインの購入段階で、かんたん購入だけでなく、実際に取引所で個別に取引を行うこともできます。慣れてきたらぜひチャレンジしてください!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する