⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコイン(bitcoin)のデメリットについて詳しく取り上げていきます。

ビットコイン(bitcoin)の簡単なデメリットはたくさん情報がありますが、今回は指摘しなければならないデメリットの問題について厳しくみていきたいと思います。

価格変動によるリスク

国などから価値が担保されてないビットコイン(bitcoin)は利用者の需要と供給により完全に価格が決められるようになっているため、資産の保管手段としては法定通貨よりも価格変動リスクが大きいというデメリットがあります。ですが、価格変動が大きいということはトレードにより莫大な利益を出しやすいという意味もあって、メリットにもなり得ます。

そして、株や為替などの従来の金融商品よりも低額かつ簡単にトレードを行えるため、ビットコイン(bitcoin)トレードの世界には未経験者も多数いて、株・為替トレードへの入口にもなっているのです。

決済手段として利用されている場合には、販売事業者がビットコイン(bitcoin)を売上として受け取ることによって価格変動リスクが伴いますが、第三者のビットコイン(bitcoin)決済サービスを利用することにより日本円へすぐに変換することができ、ビットコイン(bitcoin)決済を受け付けながら日本円で売上を受け取ることも可能になり、価格変動に影響を受けることは基本的にないと言えます。

匿名性に関する問題

匿名性については、「ある」という見解と「ない」という見解の二局で問題とされることがあります。

「ある」と主張するのは、国などの中央機関が中心として、これは、ビットコイン(bitcoin)の口座開設には本名や住所等の個人情報が不要で、マネーロンダリングなどの違法な送金手段として用いられてしまう可能性が高いというものです。このリスクは、主に規制を行いビットコイン(bitcoin)と法定通貨の交換所に利用者の本人確認を義務付けることで軽減されると考えられます。

「ない」と主張しているのは、利用者側が中心となり、銀行振込などとは異なり、ビットコイン(bitcoin)は全取引履歴が全世界に公開されており、送金に関わっていない人もその情報を自由に見ることができるためです。取引する度にアドレスを変更するなどして、同じアドレスを使いまわさないようにすれば、ある程度はプライバシーが保護されるものと考えられます。

エネルギー消費問題

ビットコイン(bitcoin)取引承認には多大なエネルギー・電気を使用する計算が必要となり、使用者が増えていけば増えていくほどなおエネルギーが必要になるという問題が発生します。

これについて、限られた地球資源・エネルギーを無駄にしているという指摘が存在していますが、そんな中でビットコイン(bitcoin)の決済システムを維持していくうえで必要なコストとして、このコストは従来の決済システムよりも大幅に少ないという反論もあるわけです。

ビットコイン(bitcoin)の決済システムを維持していくから必要なコストだと言う意見についてですが、そんな簡単な理由で片付けることのできない問題だと言えます。

自分の住んでいる国だからこそ資源を大切にしていかなければいけないのです。だから維持でどうだこうだ言うのは聞き苦しい言い訳にすぎないと言えます。こんなくだらないことを言い訳を通して日本の大事な資源を枯渇させてはならないのです。

取引手数料の上昇について

取引手数料が報酬の中心になったときマイニングのインセンティブを維持するためには、自然と必要な取引手数料が上昇すると言われています。しかし、これはあくまで仮説であり、経済的作用はそう単純になっていないため、実際にそうなってみないとはっきりわからないとも考えられています。

また、ビットコイン(bitcoin)のシステムにおいて処理が可能な最大取引量に対して、実際に行われる取引が増えていったときは、取引手数料の戦場と化して、迅速な取引確認に必要な取引手数料が上がってしまうという問題が存在しています。

この問題の信憑性がわからないのに関わらず、この話題を続けるのは必要ないことであると言えます。何が必要な情報で何がいらない情報なのかということをいつも情報を発信する側も受け取る側もわかっているくだらないことはすぐに捨て去るべきです。

手数料の問題の大きさに関わらず、要らない情報は発信しない閲覧しないことが鉄則です。

マイナー・マイニングの集中化することについて

ビットコイン(bitcoin)のマイニングは、ASICと呼ばれるマイニング専用端末が一般的になるなど効率化された専用機器が一般的に普及しており、すでに通常のパソコンでは、ブロックを生成できない状況になっています。

また、個人単独でマイニングを行ってもマイニングに成功する確率が低確率ため、集団でマイニングを行って、上手くいったときはみんなで報酬を分け合うという形のプールマイニングが一般的になり、さらに集中化が進んでいるというのが現状です。

例えば、単一のグループが支配的になったりいくつかのグループが結託したりするケースにおいては、そのマイナーにより不正な取引もブロックもすべて取り込まれてしまうというリスクが存在しています。このリスクにより可能なのは二重支払いのみとなり、他人のコインを勝手に使用したり、何もないところからコインを生成したりすることはできないようになっているため、致命的な問題ではないと主張する人もいますが、大きな問題であることは間違いないと言えます。

フルノードの集中化および減少について

フルノードというものは、ブロックチェーンすべてをダウンロード・検証することによって、不正なブロックがないかを監視して、他のノードや一般の利用者にブロックチェーン情報を伝達する役割を持つコンピュータのことです。

マイナーもフルノードに含めることはできますが、マイナーとは区別してマイニング(ブロックの生成)は行うことなくブロックチェーンの検証のみをやっていくコンピュータのことを指してフルノードという言葉を使うことが一般的です。ブロックチェーンのブロックを正しいものとして受け入れるかどうかを判断するのは、フルノードでありマイナーだけではないので、もし悪意を持ったマイナーが不正なブロックを生成したとしてもフルノードでは拒否することができるということです。

しかし、フルノードにはマイナーとは違い、報酬が得られないためほとんどインセンティブがなく、フルノードとして運用している人は主としてネットワークの分散化に協力しようとする人たちによるボランティアであって、減少傾向にあると言えます。

現在は致命的な問題になるほど集中化・減少は進行してはいないため、あまり議論されるということはありませんが、例えこの問題が深刻化するとすれば、マイナーの集中化よりも重大な問題になる可能性があります。

このように深刻化していないから議論されていないということではなく、また議論したからと言って100%解決することのできるという問題ではないから、深刻化する前に予想される最悪のケースを考えておき、それに備えられるようにいつも全体をみて把握することが大切です。

深刻化する前に考えられるだけ考えて、できる限りのことはしておくことが必要になります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する