⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は暗号通貨(仮想通貨)のチャートについてみていきます。

チャートとはどういうものなのかという基本的概念から、有名な暗号通貨(仮想通貨)のチャートまで迫っていきたいと思います。

この説明で分かりやすく解説していきたいと思います。

この見方を知るということが大きな一歩になると言えます。

自分で理解するための助けとして、活用できるものであればいいと思っています。

暗号通貨(仮想通貨)のチャートのチャートとは何なのか?

チャートと言えば世界に種類は数えるほどしか使われてるものはないと言えます。

株式チャートをはじめとするチャートが存在している目的は一つはすぐに思い浮かぶと思います。

予測をするためです。

予測が出来なければそのものを買うかどうかわからないからだと言えます。

二つ目に言えることは、情報を提示しておくということです。

チャートからわかることは以前以後がどういう動きなのかということだけではないと言えます。

この情報から何を読み取ってこれからどうしていくのかという戦略を練るという面において必要なことなのです。

チャートというものが気持ちに影響するということも言えると思います。

チャートが勝負だと思っている人もいると思います。

いつもどの時間が好調か不調かも診断できると言えます。また賭け事のようなときが多いので、運だと思っている人もいると思います。

ロウソク足についての説明

日本で有名なローソク足チャートについて知っておくとことから始めるといいと言えます。

これは、色々な金融商品取引においても同じ考え方です。

ローソクというのは、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)、をローソクのような形で表されています。

ローソクの色や形を見ると、値動きを分かります。

例を出すとするならば値が上昇している線で、本体部分が長ければ大きく高騰した、値下がっているのだけども本体部分が短くなっているときには、高値から押し戻された相場だったなどということが分かると言えます。

このように、1本のローソクは1日もしくは1週間といった期間の中でどういう値動きをしたのかを表しています。

ローソク足の「足」という言い方は、これに由来していると言えます。

どういった動きをしているのかということを管理しているのがこのロウソク足と言えます。

チャートのタイプについて

チャートを見る際に次にあげるタイプのものがあります。

日中足(にっちゅうあし)と呼ばれるもので、ローソク足と呼ばれる現在の値動きを示すものと言えます。

1日よりも短い周期でローソク足1本のチャートを形成しているものです。

1分足・5分足・15分足・1時間足・4時間足など時間を指定することが可能になっています。

日足(ひあし) と呼ばれるもので、値動きをローソク足1本として、1日分の計算してチャートを作っているものです。

週足(しゅうあし)もあって、値動きをローソク足1本として1週間分の計算しチャートを作っているものというところが特徴です。

月足(つきあし)と呼ばれるものもあって、値動きをローソク足1本として1ヶ月分の計算してチャートを作っているものです。

チャートを見ていく上で、まずは時間ごとに足があることを知っておくと便利です。

長期間の値動きを知りたければ、週足や年足を利用することをおすすめします。

また短時間の値動きに関して言えば、日中足を利用します。

テクニカル指標について

チャート上にはテクニカル指標と呼ばれるものを表示することが出来ます。

使えるようになっていけば、相場の未来が予測出来る確率が高まると言えます。

テクニカル指標というのは、様々な方法で指標を定め、その結果を基準にしてこれから先の相場を考えてみるというものです。

その中で有名な移動平均線について紹介していきたいと思います。

単純移動平均線において、株価・FX・先物取引など様々な金融アイテムの動きを一連の流れとして捉える事が可能な、ポピュラーなテクニカル分析のテクニックの1つと言えます。

例を述べるとと10日置き換えられ平均値は10日分の平均金額となるわけです。

そして、毎日の平均値段を線でつないだものこそ10日移動平均線となるということです。

移動平均線にはいくつかの期間のものを組み合わせることによって、取引に関するシグナルを決断する事ができます。

ゴールデンクロスとデッドクロスと呼ばれる有名なシグナルが存在します。

違いに関して言えば、期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロスとなります。

逆に期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を下に抜ける場合はデッドクロスになるということです。

チャートを利用していく中で、指標に関して知っておくと取引する場合のサインを知ることが可能になります。

ですがあくまでもサインですので、必ずそういった動きをするというわけではありませんが、一つの取引材料として考える事が出来ると言えます。

ファンダメンタル分析について

テクニカル指標に対して、ファンダメンタル指標と呼ばれるものが存在します。

これは投資家の心理を分析した結果です。

過去の相場から読み解くことこそがテクニカル指標に対して、投資家の心理から読み解くことがファンダメンタル分析と言われています。

投資家心理を考える方法としては、大規模な経済指標の発表、政治的な動きなどが指標として利用されています。

この場合のチャートは利用することよりも、全体的な世界の動きなどを考えた上で暗号通貨(仮想通貨)の取引を行う事になると言えます。

つまり全体的に見るのがテクニカル指標で、部分的に細かくみていくのが、ファンダメンタル分析と言えます。

どこをみるべきなのかということがいつも問われているからこそこのような二つの答えが出たと言えます。

人の考えから考え抜かれて生み出された産物がファンダメンタル分析だというわけです。

チャートの信頼性について言えること

チャートは暗号通貨(仮想通貨)取引でないと困ると言えるほどに、利用価値の高いものです。

しかし、チャートだけを見て取引するというのは危険が伴うということも事実だと断言できます。


多種多様な指標が存在していますが、必ずシグナル通りになるとは限らないということです。

上手くチャートと付き合っていくことが重要ということです。

チャート一つで暗号通貨のことがわかれば苦労はしないが、そうはいかないからこそ、苦労して利益を得られるように自分自身で工夫して、この暗号通貨(仮想通貨)というものを利用していくものなのです。

チャートからわかることはたくさんあるが、得られるものはさほど多くはないということです。

この一筋縄ではいかないというところこそ、暗号通貨(仮想通貨)の面白さと言えると思います。

そう簡単にものごとは信用しすぎてはいけないということも教えてくれるものだと言えます。

自分自身の実体験を通して感じるものほど大きな経験はないと言えます。

自分自身の力で勝ち取っていく世界だから意味があると言えます。

何かを頼りにするのではなく、こういったサービスはありがたく利用するものなので、参考にすぎないというわけなのです。

参考にすることによっていいツールになると言えます。

何が足りないのかということを探し出して、これからどう使っていくのか考えて使うことが大切だと言えます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する