⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆さんも時々ニュースなどで仮想通貨というものを聞かれたことはないでしょうか?

通貨という名称からして新しい電子マネー?

インターネットでしか使えない実態の無いお金?

しかし心配ご無用、仮想通貨にはメリットがたくさんあるのです。

仮想通貨とは?

仮想通貨と言えば、基軸通貨であるビットコインが代表となるもので、インターネット上に存在し取引する通貨のことです。

2009年に、日本人の中本哲史さんによりシステムが考えられ各国のプログラマーによって開発されたと言われています。

仮想通貨と現物通貨の違いは?

通常は、皆さんが普段で使用している現物の通貨は、日本の中央銀行が管理しています。
また、中央銀行が紙幣を印刷をすればお金を思い通り増やすことが出来ます。

一方の仮想通貨の方は、特定の国の機関や人間に管理されていません。

また、ビットコインの最大発行量は最初から決めてあり、後から追加して増やすこと自体が出来ない仕組みなのです。

供給量の増え方も当初からプログラミングされており、後から変えることが出来ないシステムとなっています。

その最大発行量は2100万ビットコインまでと決められています。

仮想通貨の代表ビットコインのメリット

ビットコインには中央銀行は存在しない

海外旅行に行く時には、当然その国の通貨に両替しますね。為替レートは毎日変動しますし、両替の手数料もかかります。

しかし、ビットコインには国の区別がないので、海外でも両替のことを考えずに買い物をすることができます。つまり、日本もアメリカも、どこの国であろうと国堺はなくなるのです。

日本のビジネスもビットコイン建て決済を導入すれば、海外のお客様をもっと引き込んでビジネスの展開がしやすくなっていくでしょう。

送金は早くて手数料は格安

では、仮想通貨ビットコインは何がそんなに魅力的なのでしょうか。

普通は日本から外国へ旅行に行った場合、その国で買い物や食事をするには、その国の通貨に
両替をしなければなりませんね。

日々変動する為替ルートによっては、損をしたり得をしたりもします。

また両替をするには当然手数料もかかるため、両替をたくさんすると出費が多くなってしまいます。

しかし、仮想通貨ビットコインには国境がないのです。世界中どこに行っても利用出来ます。

為替ルートを気にしたり、両替の手数料も全く必要ありません。

また、お金をどこかへ送金する場合は送金手数料が必要です。

例えば日本の銀行から10万円を海外へ送金する場合、まずは日本の銀行で5000円の送金手数料がかかります。

その他に、海外の相手側の銀行でも約10~30ドルの手数料がかかります。

その結果、合計で約6000円~9000円もの送金手数料がかかります。

それが仮想通貨ビットコインなら、相手との直接取引となるので、ほとんど送金手数料がかかりません。

また現物の通貨を送金する場合、銀行が休みとなる週末や祝日、営業時間外などには送金が出来なくて不便です。

しかし、仮想通貨ビットコインならば、曜日や時間に関係なくいつでも自由に送金が出来るのです。

  • ビットコインは金融機関システムとは違って、休日、夜間に関係なくいつでも24時間、送金が可能です。
  • 現物の通貨を海外へ送金する場合は数日かかりますが、ビットコインでは1時間もあれば完了します。

そのスピードの差は歴然ですね。

通常の通貨で送金を行うには、銀行などを利用する必要があります。しかし、ビットコインは、個人から個人へ直接送金することができます。ビットコイン最大のメリットである直接送金システムのため、直接会ってお金を払うのと同じように、直接相手にお金を払うことができて、ほとんど無料に近い格安の送金手数料なのです。

1ビットコイン送るにも10ビットコイン送るにも、手数料は0.0001ビットコインくらいかかると思っておけば良いと思います。

中央銀行は存在しない

仮想通貨の世界は従来の通貨のように中央銀行に依存していません。国や中央銀行が仮想通貨を発行していないので、流通量を変動させて価値を自由にコントロールすることはできません。

ビットコインの増え方は初めから「プログラミング」されていて、後から変えることは不可能になっているのです。

また、銀行に預金したら資金の管理を銀行に任せることになります。

何が起こるか分からないない世の中ですから、もしかしたら銀行が潰れたり、預金封鎖が行われるかも知れません。

実際に日本では過去に預金封鎖が行われた事があるので、お金を銀行に預けた場合、預金封鎖のリスクもあります。

ビットコインでは残高の管理はブロックチェーンを通して行われるので、中央銀行には依存していなく、コインを保存したり移動するときには最初から人間も銀行も必要はありません。

 使う制限がない

ビットコインでの決済は銀行経由とは違い、面倒な手続きや制限がありません。お金の流通自体が、より自由活発になります。

また国によって通貨の種類が異なるといったこともありませんので、ビットコインは、世界中で同じように利用できるというメリットがあります。そのためもっと世界中にビットコインが広まって、ビットコインでの支払いが可能なお店が増える必要があります。すでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在しており、日本でも確実に増えていっております。

チャージバックとは無縁

ビットコインは銀行振り込み、クレジットカード払い、PayPal支払いのようなチャージバック(組み戻し)の恐れがありません。チャージバック詐欺を防止することができることから、ビジネスを円滑に安心して進めることができるようになるのです。

ビットコインの場合は一度決済が完了してしまったら、チャージバックはシステム的に不可能なのです。

ビットコインを使えば、理不尽なチャージバックに対して泣き寝入りする必要はなくなります。

個人間取引する時のチャージバックを避けるためには、ビットコインでの決済で決まりだと思われます。

ハイパーインフレでも安心

日本円がハイパーインフレに陥ったとしても、あらかじめ仮想通貨に両替しておけば、金融資産を(短期的にですが)守ることができます。

普段と変わらないとある週末に、突然に預金封鎖が行われたとしても、銀行の前で長蛇の列に並びながら、自分のお金が引き出せなくなるリスクを心配をする必要はありません。それは、仮想通貨ではあなたの銀行はあなた自身なのだからです。

一部の国のリスクに影響されない

日本円や米ドルというのは各国(それぞれの中央銀行)の信用力で発行されています。そのため、その国の経済状況や政治状況により貨幣価値が大きく下落してしまう可能性もあります。

しかしビットコインは前述した通り、ある特定の国が管理をしているわけではありません。ビットコインの信用は、ブロックチェーン技術と暗号ネットワークによって守られていますので、一部の国のリスクに影響されないのです

仮想通貨のデメリットは?

仮想通貨はまだシステムや安全面で不安がある

便利な面が多い仮想通貨なのですが、やはりデメリットもあるのです。

まずは、仮想通貨であるビットコインの1ビット当たりの価値が大きく増減することです。

ビットコインが市場投入され始めた頃は、1ビットわずか数十円で購入が出来ました。しかし今では1ビットが、十数万円台という取引価格にまで上昇しています。

今では、そこまでの極端な価格変動はなくなっていますが。

しかし、仮想通貨には価格(価値)の大きな変動があるということは忘れてはいけませんね。

次に、まだまだ仮想通貨が世界一般に流通するようになってから日が浅いということです。

したがって、仮想通貨を使えるお店は、まだまだ少ない状況なのです。

最後に、日本政府や銀行は仮想通貨をまだ正式な通貨だと承認していません。

これはどういうことかと言うと、仮想通貨の価値が急激に変動して暴落しようが、送金先を間違えて

資金が戻せなくなってしまおうが、それは全部が自己責任ということなのです。

自分のパソコンがウイルスに感染したり、サイバー攻撃を受けて損しても誰も保障してくれないのです。

このように、仮想通貨にはまだまだそのシステムや安全面で不安があるのは事実です。よく理解しないままで、仮想通貨に手を出してしまうと、危険な面はあるのです。自分自身で、きちんとシステムやある程度の知識を身につけることが必要なのです。

まとめ

何でもデメリットは存在するものです。しかし、それ以上にメリットが多い仮想通貨を利用しないのは損だと思います。

その上で、正しい知識を身につけてから仮想通貨取引を始められることをお勧めします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する