⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

最近では、米ETFの可決となるか否決となるかで相場も大きく揺れました!結局のところETFは、否決となりビットコインの急落そしてその後は比較的はやく戻りがあり、現在もまた14万円前後を推移しています。 そのビットコインって、いったいどんなものなのでしょうか?

ビットコインってなに?

ビットコインの始まりは、2009年に中本哲史(ナカモノサトシ)さんといわれる日本人の名前ですが、国籍もわからない方が論文を公開されビットコインが突然に誕生しました。当時の2009年10月ビットコインの通貨交換の開始レートは わずか1BTC=0.07円でした。

その翌年の2010年5月ピザ屋で、はじめてのビットコイン取引で決済が行われました。(ピザ2枚と10,000BTCが交換されました) 最初に決済で使った方も使われたお店もどんな気持ちだったのでしょうか?やはり一番最初!というのは緊張そしてワクワクの期待感でいっぱいだったのでしょうかね?!  それから約7か月を経てビットコイン価格は 1BTC=0.2円に上昇しました。

同年の2010年7月は、世間の認知度が上がる出来事があったようですね。  IT情報のネット掲示板に掲載されて、一般の人たちにも目に触れる機会が増えたようです。そして9月には、ビットコイン初の採掘(ビットコインを生み出すマイニングといわれるもの)が初めて成功しました!

その一か月後10月には、世界的に有名なカードゲームのオンライン取引所 Mt.Goxがビットコイン取引所サービスを開始しました。 この頃のビットコイン価格は 1BTC=7円まで上昇します。

翌年2011年3月は、M t.Gox社が日本に本社を置くTibanne社に買収された事で、初の日本でビットコイン取引所ができました。この時で1BTC=74円まで価格が上昇しました。同年4月~6月 ビットコインがTIME誌に掲載されて大手メディアに取り上げられ事で認知度も更に大きく広がりました。この時点で爆発し、一気にビットコイン価格も暴騰して一時なんと1BTC=1,489円にまで跳ね上がりました。

2011年6月 Mt.Goxがハッキング被害を受けるという大事件が起こりました!! ビットコインに加えて、ユーザー情報やパスワードまで抜き取られ、他の取引所からもビットコインが盗まれ、この影響で取引所が一定期間、取引停止に追い込まれるなど大変な状況がやって信頼感の問題や不安定な状態がやってきました。

2012年5月  1500円台まで上がっていたビットコインが、なんとFBIから「ビットコインは違法行為に使われる可能性がある」という内部資料が流出し、せっかく1500円台まで上がっていたビットコインが大暴落しました。 この時1BTC=402円まで下がってしまいました。同年の11月 WordPressがビットコイン決済を開始し、これまでで最大規模の事業者決済導入でやっと1BTC=909円まで回復します。

2013年3月 この頃には、ブロックチェーン特有のトラブルなども乗り越えて1BTC=4,736円まで上昇しました。さらにビットコインのATMサービスも始まり、ますますビットコインの流通量が拡大していきました。それもあり短期間で1BTC=5,718円まで更に上昇していきました。 その頃、日本でも2013年12月 NHKでビットコインの特集が報道されはじめメディアの影響もあり、日本円とビットコインの取引で日本の市場での最高値127,800円を更新しました。

そんな中、また悲劇が起こりました! 2014年2月にマウントゴックスがハッカー盗難事件に遭いました!Mt.Gox(マウントゴックス)がハッカーにビットコインを盗難されたと大々的に発表して,その時は一大ニュースとなりまたマイナスのイメージが付いてしまいました。その報道後には取引所を閉鎖してしまいます。この事件がきっかけに1BTC=18,420円にまで下落してしまいました!!

なんとか2014年末までにビットコインは1BTC=41,180円まで回復しました。同年7月 パソコンDELLがアメリカ国内でビットコイン支払い開始しました。9月にはPaypalがビットコイン決済への対応発表しました。そして年末までにMicrosoft社がアメリカ限定でビットコイン決済の受付を開始して少しずつ信用を取り戻し、この頃からまた上昇していきました。

2015年には、欧州司法裁判所によりビットコインの売買に関する付加価値税、消費税は非課税であるという判決が下されました。これをきっかけとして大きく価格が上昇することとなりました。

2016年は日本取引所グループをはじめ、国内の金融機関が実証実験を行い日経新聞においても取り上げられた「MUFGコイン」が2位を獲得しました。このコインは2017年にも実用化されるとのことです。仮想通貨、ブロックチェーン技術の実用化、ビットコインとたくさんの人々の注目を集めました。2016年は12月で、965.52ドル(約11万2753円)と前年の約2倍に値上がりして年末には14万円台をいく場面もありました。

ついに、2017年は仮想通貨元年といわれる期待の大きい年を迎えています。

現在でもビットコインへの社会的関心が高く、世界的、日本でもブロックチェーン技術が研究され、今後色んな分野でブロックチェーン技術を使って経済市場を大きく動かしていくのではないかと思います。ビットコインだけでなく様々な仮想通貨が誕生していき、その仮想通貨を使えるお店が増え、仮想通貨を、円に替えられて引き出せるATMなどもますます増えていくでしょう!!

ビットコインの買い方

ビットコインのはじまりから、ここ最近の流れは理解できたと思います。  では、そのビットコインはどうやって手に入れるのでしょうか?

ビットコインの取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)という有名なビットコインの取引所というものがあります。ビットフライヤーは日本語対応しているビットコインの取引所なので、とても使いやすいです。日本においての「ビットコイン取引量」・「ユーザー数」・「資本金」が日本1位となっています。

BitFlyer・・・日本円入金方法:銀行振込、コンビニ決済・モバイルアプリあり

CoinCheck・・・日本円入金方法:銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、モバイルアプリあり

Zaif・・・日本円入金方法:銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、モバイルアプリ:なし

上記の有名な3つの取引所を抑えていれば、安心してビットコインの取引をしていくことが可能ですね。それぞれに、取引されている仮想通貨も違ってくるのでチェックして自分に合った取引所で売り買いをしていくのが良いと思います。

ビットコイン専用のATM

国内ではビットコイン決済を導入する店舗も増え続けていますが、日本にも少しずつ増えてきています。ビットコイン専用のATMを利用して購入する方法もあります。今後、2020年のTOKYOオリンピックに向けて外国人観光客も増えることでATM設置がふえることが予想されます。

まとめ

今回は仮想通貨やビットコインをよく知らない方のためにわかりやすく歴史を書いてみました。今年から仮想通貨は一般の方にも、テレビや雑誌などで目にしたり、触れる機会も増えていくと思います。ぜひ、みなさまも興味をもって仮想通貨を調べたり、ビットコインを手にしてみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する