⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年、いよいよ日本にも大きな波が来つつあるのです。 日本は暗号通貨に関しては、世界でも相当な後進国と言えます。日本は暗号通貨への国家としての取り組み自体が遅れていたのですが、ついに暗号通貨を貨幣と認める法改正を行いました。

さらに、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行の日本を代表するメガバンクも次々と暗号通貨への参入を発表しました。 暗号通貨革命の波は、我々一般人はまだ気にも留めていませんが、日本政府、メガバンク、他にも国際的な日本の大企業が、実際に行動を開始しているのです。

これは、間違いなく日本においても歴史的な暗号通貨革命が起こる前触れと思われます。

仮想通貨(暗号通貨)が現実社会に!

お金に大きなうねりが来た。早く学んだ者の勝ち!    

「ビットコインの取得時に消費税課さず。2017年春にも通貨の位置付け明確に」財務省と金融庁は、ビットコインなどの仮想通貨を買うときにかかる消費税を、2017年春を目途に無くす調整に入った。 仮想通貨を物やサービスではなく、支払い手段と明確に位置付ける。 事業者の納税事務が不要となり、利用者は消費税分の価格が下がり買いやすくなる。 仮想通貨が「お金」としての存在感を増すのは確実だ。 http://smail.omee1.com/l/02GBoM/dPtmSNnk/  2016/10/12付日経電子版より

上の記事の意味が分かられますか?日本政府が暗号通貨を正式に通貨として認めたということなのです。 これは日本における暗号通貨にとって、歴史的なビッグニュースと言えるでしょう。EUにおいては日本では最高裁にあたる所で、暗号通貨は正式な通貨としてすでに認定されています。

アメリカでもすでに暗号通貨に関してはEUと同様です。 それに対して日本では暗号通貨に関係する各種の法整備も含めて大変遅れている状況です。 暗号通貨に関しては、日本は後進国という不名誉なレッテルを張られた状況と言わざるを得ません。

その日本が、暗号通貨を正式に通貨として認定すると決定したのです。 日本政府はこれから国を挙げてインフラや関係法律の整備が一気に進んで行くでしょう。銀行関係でもみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行などのメガバンクが 今年に入って、本格的に暗号通貨への対策を打ち出してきているのです。歴史的となる金融バブルの大波が世界規模で起こり、遂に日本にもその波が来たということです。

しかし残念ながら日本人のほとんどが、上記の日経新聞のニュースを見たとしてもピンときていないのです。 日本人の99%の人はその価値が分からず、まさしく既読スルー状態になってるのでしょうね。しかし、この記事を読まれたあなたはもう目が覚められたでしょう。日本政府の上記の発表がいったい何を意味するのか? その価値がお分かりいただけたでしょう。

歴史というものは、このようにしてごく一部の小さい情報を、敏感により早くつかんだ者によって動かされて来ました。そして、あなたがこの記事を読まれたということは、あなたは歴史上に残る革命となる暗号通貨に関する情報を、いち早く発見した側の人間だということです。

あなたは歴史の証人となり、歴史を動かす側にいる人なのです。 これから先、これ以上のビッグチャンスがあなたの人生に現われる可能性はあるのでしょうか?

2017年ビットコインの価値は3倍に?

サクソバンクの大胆な予想

デンマークの投資銀行SAXO BANKが毎年公開しているレポート「大胆予想(Outrageous Predictions) 」の2017年版が発表された。株式市場やFX市場等、各部門の責任者達が予想を行う中でビットコインについても大胆な価格の予想がなされている。

レポートの中の「暗号通貨の隆盛でビットコインにとっては大きな飛躍」と題された1ページのセクションでグローバル・マクロ・ストラテジストのKay Van-Petersen氏はドナルド・トランプ政権が劇的な財政支出に踏み切れば国債が増え、その中でアメリカ財政赤字が6000億ドルから1.2~1.8兆ドルへ約3倍の増加を伴う可能性があり、これが米国で急速な成長、インフレに繋がり、対応を迫られるFRBの政策によりドルの価格は上がるだろうと予測している。

こうなると中国や新興市場にも影響が及び、金融政策の手を出しつくしてしまった中央銀行にコントロールされるお金や、金融抑圧モードの政府の取り巻き、イノベーションとは程遠い従来の決済システムの代替となる通貨や決済システムが世界的に求られる動きが広がるのではないかと述べている。

「もしも銀行システムやロシア・中国などが、米ドルや従来のバンキング及び決済システムの一部代用としてビットコインを採用するとなると、発行上限が決まっており希薄化されず、送金コストも安いブロックチェーンを基盤とした分散型システムが世界的に利用されるようになり、ビットコインの価格は現在の700ドル台から2100ドル以上へと優に3倍以上の価値を持つ可能性がある」と、まさに大胆な予想をしている。2100ドルは現在のレートで約24万円だ。

このシナリオのようにビットコインが果てしなく上昇 (to the moon)するのを願いたい反面、現実的にビットコインが世界中での急速な需要に対応できるようになるにはスケ―ラビリティの問題を解決しておく必要がある。現在マイナーによるSegwitの投票が行われているが、これも来年中にアクティベートできるかどうかが決定する。2017年にサクソバンクの予想通りになるのは恐らく厳しいが、いつこのシナリオが期待できるのか将来的なビットコインの発展を占う上で2017年は重要な年になるだろう。

【参照元】SAXO BANK Outrageous Predictions for 2017 (ビットコインの予想は9ページ目)

これから暗号通貨を代表するビットコインが、さらに注目されるというのが Van-Petersen氏の予想です。

次にに暗号通貨に詳しい人たちの2017年の予想もまとめてみました。

  • 大体の方が2017年にビットコインの価値は2000ドル以上いくと予想している。
  • 強気なシナリオでは、2300ドル(15000元)弱気なシナリオでも、1450ドル。
  • 「年末には500ドル」や「2016年と変わらず800〜1200ドル」という方もいる。

それぞれの意見はありますが、皆さんが同じく考えていることが、

  • 人民元の動向
  • 米ドルの動向
  • 世界各国のビットコイン規制
  • 色々なの問題点を2017年内に全て解決するのは難しい

と予想されており、それにより各々の人が予想をしております。

2017年、仮想通貨法はどうなるのか?

 仮想通貨の交換取扱業者に対して金融庁への登録制度が導入されることが、まず確実なのです。これは国際社会でFATF(金融活動作業部会)がテロ対策と、マネーロンダリング(資金洗浄)の防止を世界各国に求めていること、またわが国ではマウント.ゴックス事件に見られるように、交換所の利用者に被害が出ることを保護する目的から来ています。

交換取扱業者登録が始まると、FX取引が登録制度に移行した時に取扱業者数が激減したように、利用者保護の目的にふさわしい優良業者のみが最終プレイヤーとなるでしょう。

この交換取扱業者登録は、犯罪収益移転防止法(犯収法)と言われる既存の法律に連携して行われます。犯収法では、テロ対策等観点から特定事業者を規制対象にすると定めてあり、それには銀行等の預貯金取扱機関や証券会社等の金融商品取引業者らが、特定事業者として具体的に挙げられています。

外国為替の証拠金取引であるFX取引もデリバティブ取引の一環として金商法の中に含まれています。そこで仮想通貨に投資性がみられることから金商法に収めようという流れがあります。また金商法は、投資家保護が法規制として十分に練り込まれた法律なのです。

金商法は「金融のサービスは、一本の法律に集約化する。そうした国際社会の動きに対応する」ことを目的として検討され、平成18年に公布されたものです。

難しい法律のように思えますが、金商法は利用者保護の観点から問題発生時の解決を図りつつ、仮想通貨の規制を緩やかにし、利用の促進を図りながら、イノベーションも進めようとする政策判断もあると考えられています。

まとめ

どんどん上がってるから凄い!ではなく何故ビットコインの価値は上昇しているのか?よく調べてみると、本質が見えてきます。

2017年はより一層、社会一般にビットコインが普及していくはずです。

だからこそ今からすぐにでも、ただ銀行に預けているだけの日本円があれば、ビットコインに換えておき、その価値が上がることを期待しても良いと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する