⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

Liskという仮想通貨を知っていますか?ちょっと聞きなれない仮想通貨ですね。

2016年5月に公開された新しい仮想通貨LISK(リスク)、いったいどういう仕組みで動いているのでしょうか?そして、今後は価値が上昇するのでしょうか?LISKについて、調べてみたのでまとめてみたいと思います。

Liskとは?

 

Lisk(リスク)とは、一言でいえば分散型アプリケーションプラットフォームです。

Lisk=プラットフォーム名

LISK=プラットフォーム内の仮想通貨名

というように使い分けられています。

ここでも、同じように小文字のLiskはプラットフォームのシステム全体を、LISKをその中で流通する仮想通貨そのものもしくは単位として扱うこととします。

分散型アプリケーションとは?

分散型アプリケーションとは、複数のローカルもしくは遠隔のクライアントが、ネットワークでつながった複数のマシン上の1つ以上のサーバーと通信するアプリケーションです。

ふだんは遠く離れたネットワーク上に存在するクライアントが、いくつかのサーバーを間に挟んでいても独自のルールでプログラムされた契約情報を付加して仮想通貨をやり取りできるという機能を持ったアプリケーションです。

このアプリケーションを“Decentralized Applications”、略して“DApps(ディー・アップス)”と呼ばれます。

世界中のどの場所からでも業務処理が可能で、やり取りする仮想通貨に契約や条件がくっついた状態で送信や受信ができる優れたプログラムです。このように、ブロックチェーン上で厳重に保護された状態で契約やその条件などの情報を付加した形で仮想通貨をやり取りする仕組みのことを、“スマートコントラクト”といいます。DAppsはスマートコントラクトの一種と言えるでしょう。

スマートコントラクト

そういえばどこかで聞いたことがありませんか?

実はこの仕組み、すでに先行して使用している仮想通貨があります。

それはイーサリアム(Ethereum)です。仮想通貨LISKは、イーサリアムと似たような

システムで動いているということになります。

仮想通貨LSKの単位はそのまま「LSK」

総発行枚数は無限、すなわち、発行されればされるほど次第に1LISKの価値が下がっていくインフレ通貨です。

使用言語はJavaScriptです。これは聞いたことがありますね。

ブロックチェーンの承認システムはDPoS(Delegated Proof on Stake)です。

DPoSとは?

DPoSはいうならば間接民主制のようなシステムです。

仮想通貨の保有者による投票の過程を経て取引の承認者(例:ビットコインminer、BitSharesではwitness、Liskではdelegate)が選びだされ、承認者がブロックを生成します。

ブロックチェーンの基軸通貨の保有者は、通貨の保有量に対応した投票権を持っていますので、Delegated Proof of Stakeという名前になっています。Proof of Stakeという名前はついているものの、不特定多数が誰でもブロックを生成できる確率があるもともとのProof of StakeやProof of Workとは大きく違うものです。

Rippleなどのプライベートチェーンでは取引の承認者を特定の管理者が選びます。いっぽう一般的なDPoSでは不特定多数が承認者を選ぶのですが、ここでLiskのDApps開発者はdelegate(取引の承認者)を選びます。

つまり、通貨の保有量に応じて民主的に取引の承認者が選ばれていたDPoSのシステム上で、開発者が承認者を独自に選んで取引を行うということです。こうなってしまうと、民主制は薄れ、どちらかというとLiskの承認システムはRippleやその他のプライベートチェーン系のシステムに近いイメージになります。

承認者には取引手数料に加え、新規に発行される仮想通貨(LISK)が報酬として与えられます。ちなみに、ビットコインなどのProof of  Workのシステムだと取引を承認することをマイニング(採掘)といいますが、Liskではフォージング(鋳造)といいます。

通貨発行1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロック、・・・というように1年に1LISK/ブロックずつ減少し、5年目以降はずっと1LISK/ブロックがフォージングの報酬となります。

Liskの特徴

Liskには大きく3つの特徴があります。

1.言語にJavaScriptを使用

Liskのシステム上ではスマートコントラクト(契約情報)の記述言語に、web技術においてメジャーな“Javascript”を採用しています。

コアの部分からDAppsまで一貫してJavascriptを使用しているので、webエンジニアが開発に参入しやすくなっているのが大きな特徴です。

Javascriptとは?

JavascriptとはWEB上で高度な表現をする為に開発されたスクリプト言語(簡易プログラミング言語)です。HTML内にプログラムを埋め込むことで、Webページに様々な機能を追加できる(Webブラウザの動作を定義できる)ので、HTMLやCSSでは表現できないユーザーの動きに応じたものを作ることができます。

(例えば、マウスの動きにあわせてデザインが変化する複雑なWEBページを作り出すことができます。)本来Webページは、印刷物のような静的な表現しか作れませんでしたが、JavaScriptの登場により幅広い表現(動的表現)ができるようになりました。

※ スクリプト言語

コンピュータを制御する為の規則をまとめたもので、この規則に従って記述された命令の集まりのことです。スクリプトはプログラムと同じような働きをしますが、プログラムよりも仕組みが単純なので使いやすいのです。

2.サイドチェーンの使用

Liskはアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用しています。

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りを行い、様々な機能を実装しようとする技術・プロジェクトのこと。詳しい解説は以下に述べます。

サイドチェーンとは?

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンのスマートコントラクトのコードを書くのではなく、それぞれのDAppsにひとつずつブロックチェーンを用意し、その上にコードを書いて動作させるようになります。

メインチェーンに書かれるのは、サイドチェーンへのリンクというようなイメージです。

インターネットサイトでいうならば、メインチェーンはまとめサイトのようなもので、各サイトへのリンクばかりが貼ってあり、リンクをクリックすると各DApps上のブロックチェーンにアクセスできるというような仕組みです。

サイドチェーンのメリット

ズバリ性能・処理能力の向上です。

すべてのプログラムを一つだけのブロックチェーンだけで動かすよりも、複数のブロックチェーンを使って別々に動かすほうが処理能力は高くなります。

メインのブロックチェーンに載る情報が少なくなるので、メインチェーンの処理能力向上にもつながります。

また、DAppsに重大なバグが見つかったとしても、各DApps開発者がバグが生じる前の正常な状態に戻すことができるという柔軟性もメリットの一つです。

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーン間で仮想通貨のやり取りを双方向で行い、様々な機能等を実装しようとする技術・プロジェクトのことであり、特にビットコインのブロックチェーンを「親チェーン」としたとき、その他のブロックチェーンをサイドチェーンと呼びます。

サイドチェーンを実装しようとするプロジェクトには様々なものがありますが、最初にサイドチェーンを提唱したのは、Blockstream(ビットコインの開発メンバー及び暗号技術の専門家からなる)という団体であるため、狭義ではBlockstreamにより開発されているサイドチェーンのことを指します。

サイドチェーンの仕様・仕組み

2014年 Blockstreamが初めてサイドチェーンの実装に関する論文発表しました。
この論文の中で、Blockstreamはサイドチェーンには二つの特徴があると述べています。

1. アルトコインの代用

サイドチェーンは親チェーン=ビットコインとは独立しているため、これまでアルトコインで装備されているような、匿名性、取引速度の速さ、通貨の発行量の調整等の様々な技術的・経済的実験ができるとされています。

2. 独自通貨をサイドチェーン上で発行

ここで重要なのは、サイドチェーンが「双方向のペグ(two-way pegging)」、つまりビットコインもサイドチェーン上の独自通貨も双方向で移動・取引ができるという点にあります。

サイドチェーンのデメリット

ところが、サイドチェーンの実装には様々な問題もあると言われています。

その一つは、非常に可能性は低いが、ブロックチェーン間で不正な取引が実行されたとき、サイドチェーンおよび親チェーンの間で残高の不整合などの問題が発生するリスクがあり、対応措置を実装する必要があるということです。

もう一つはサイドチェーンの安全性確保のため、同じコンピューターの計算力(ハッシュレート)で親チェーンとサイドチェーンを同時採掘するマージマイニング(merged mining)の導入が必要となるかもしれないことです。もし、マージマイニングが行われなければ、マイナーはどのブロックチェーンを採掘するかを自ら選択しなければならないため、一部のチェーンでセキュリティ面でリスクが上昇する恐れがあります。

結局、総合的により大きな採掘力が必要となるため、採掘グループの集中化がさらに進行するおそれがあるという問題もあります。

3.承認システムのカスタマイズが可能

Liskは、各ユーザーがメインのブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、おのおののDAppsでブロックチェーンを個別に立ち上げ、そこにコードを書き込みます。

LiskのDAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムは開発者が自由にカスタマイズでき、承認者の人数を減らすこともできるし、ビットコインの承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代わりとなるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更なども可能です。

LISKの取引ができる取引所は?

・coincheck(2016年7月11日より)

まとめ

分散型アプリケーションプラットフォームとしては、すでにイーサリアムEthereumが先行しています。

後発組となるLiskは、イーサリアムを超えるメリットがなければ、広く使われることは難しいかもしれません。

しかし、サイドチェーンによる承認スピードの早さはもちろん、より多くの人に利用されるよう、承認システムのカスタマイズや人気の言語を使用するなどの工夫がされています。

この差別化によるメリットを市場が認識すると、一気に需要が高まって値上がりする可能性が高いかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する