⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコイン(bit coin)をどうやって購入するのかという買い方指南のサイトはたくさんあると思いますが、ここではそこらへんに散らばっている情報よりも深くみていきたいと思います。

さらにビットコイン(bit coin)の各国の海外の取引所のメリット・デメリットは何なのかということも詳しく解説していきます。

どこでビットコイン(bit coin)の取引を行うのがベストと言えるかまで説明していきます。

日本と海外諸国の取引所の面白い違いは何なのかということにも迫っていきたいと思います。

似たような情報も多々あると思いますが、そこらへんの情報とは一味違うと思ってもらえたらいいと思います。

ビットコイン(bit coin)の買い方基本的指南

法律で定められた通り暗号通貨はすべて登録制になっていることはわかっていると思います。

このビットコイン(bit coin)を購入するにはパソコン版のビットフライヤー(bitFlyer)と呼ばれるものとスマホ版のコインチェック(coin check)と呼ばれるものの2つがあります。

そこで最初にパソコン版のビットフライヤー(bitFlyer)の登録してからの買うまでの流れを説明していきます。

ビットフライヤーの購入方法

登録するには次のいずれかで登録することができます。

1つは普通にどこでも一般的なメールアドレスを登録することによって登録する方法です。

2つ目はSNSのFacebookを介して登録する方法です。

3つ目がYahoo!JAPAN IDを利用したことによる登録です。

4つ目がGoogleアカウントを用いた登録です。

この4つの登録方法は本当に色々な人のそれぞれの状況に合わせて用意されている登録方法だと言えます。

そしたら次に言うようなチェック項目がありますので、ここによく注意することが必要です。

どこにでも出てくる利用規約とプライバシーポリシーへのチェック、ビットコイン(bit coin)取引のリスクについてのチェック、アメリカ合衆国に自分が住んでいないということです。

なぜアメリカ合衆国に住んでいる人が購入することさえできないのかということは分かっていないと言えます。

これらすべての項目にチェックをしたら登録は完了になります。

そしたら自分のマイページがホームとなりさまざまな情報が登録されています。

その中で注意するべき項目があり、それは何かと言えばアカウントクラスというところがありますが、最初はスタンバイクラスというレベルで、この段階においてはビットコイン(bit coin)を買おうと日本円を預けておくデポジット入金はすることができない状態であるということです。

スタンバイクラスにおいてできることは、ビットコイン(bit coin)預金および送付のみとなっています。

これではビットコイン(bit coin)を購入することができない状況です。

ではどうすればいいかと言えばアカウントクラスをグレードアップさせるのです。

どうやってアップさせていくのかと言えば、登録情報を追加することによるものです。

エコノミークラスにランクアップしたければ、電話番号を入力する、プレミアムエコノミーへのランクアップには、銀行情報の入力が必要となり、エグゼプエコノミーのランクアップにおいては、免許等の本人確認書類の画像での添付が必要になるなどがあります。

このようにランクアップを行っていけば、日本円を預けてビットコイン(bit coin)を購入することができます。

最低購入するのに必要になるのは、携帯電話の番号登録をしていれば大丈夫です。

次にスマホ版のコインチェック(coin check)について説明していきます。

これはパソコン版でもあるにはあるが、スマホのアプリであるのでスマホ版となっています。

登録方法は二通りあって、一つが先述したSNSのFacebookを使った方法で、10秒以内にすべて手続きが終わると書いてあります。

時間がある人は試しに測ってみてもありだと思います。

二つ目がどこにでもあるありふれた登録方法のメールアドレス登録です。

ここでも携帯電話番号を登録してSMSを通して送られてきた番号を入力してやっと日本円の入金ができます。

1日の入金上限額は5000円ということに留意することです。

そしてビットコイン(bit coin)を購入するという項目があるので、そこをタップして、購入したいコインの枚数を入力すれば口座での購入は大丈夫です。

口座からだけでなく、本人確認書類画像での添付と住所などを登録すれば同じようにクレジットカードでも買えるようになります。

金額を入力したらクレジットカード番号を入力して口座から買うように同じように買えるようになるわけです。

このようなことから考えたらこの企業に自分が与える情報が多いということがすぐにわかります。

確かに犯罪を防ぐために必要なことだと言えますが、実際にそんな緊急事態が起こって電話番号を控えておくことが本当に役立つことは少ないので、必要なものかどうか疑問であると言えます。

ビットコイン(bit coin)を購入するということはさまざまな自分に関する情報を企業にさらすと言えます。

日本の取引所と海外の取引所の比較

日本で一番これはいいと言える取引所Quoineという取引所です。

何がいいのかと言えば、現物取引手数料が一切かからないことを前提として、信用取引において25倍になるというのは他の取引所でも見られますが、先物取引において100倍になるというのはどこにも見当たらないということです。

ではかなりハードルが高いと思いますが、海外の取引所はどれだけすごいのか比べていきます。

世界有数のビットコイン(bit coin)の取引所は、何で勝負が決まるのかと言えば、先ほど数字をバン、バンとあげたように数字で競いあっているわけではなく、サービスがどれだけいいのかということで競われます。

各国の人がまず注目するのが自分の国の言語や自分の国の通貨から買うことができるのかということです。

誰だって自分の知っているものの方が使いやすいに決まっています。

だからこそどれだけ利用する人に使いやすく快適に使ってもらえるかということを鍵として生み出されて海外ではサービスを重視しているのです。

数字もある程度は重要でしょうが、それよりも大切なのは利用者にとってどうかということが一番大切だということです。

この面において日本の取引所はおくれていると言えます。

なのでこれからもっともっと工夫してサービスを向上していくことが求められます。

数字をみせれば納得するなんていうのは古すぎるのです。

客を相手にやっているものならどんとサービスで勝負することが基本的なことだと言えます。

日本人からみたときに海外のなかで利用しやすい取引所は、アメリカ合衆国の取引所karakenという取引所です。

ここは日本人にとても優しい日本語と日本円で利用できることになっているところです。

日本の取引所を並べてみたら、英語対応,中国語対応,韓国語対応などどこまで対応できてるのかということを隠すために数字でみせることしかできないのだと言えます。

日本と海外でここはいいと言えるところ、ここは改善するべきと言える部分がみえてくるからそこから両者が早く学習して、どんどんと切磋琢磨して色々な面において競いあってくれたらいいと言えるのだと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する