⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

結論から言ってビットコイン(bit coin)を日本円にした場合、税金を収めるということが決められています。

ではその税金というものがどのようにかかってくるのかということが大切な点であると言えます。

なのでそのことを詳しく解説していきたいと思います。

基本的なことから応用的なことまで深く掘り下げてみていきます。

このことを詳しく知っていればびっくりしなくても大丈夫だということです。まあ暗号通貨もビジネスとしてやっているサービスの1つだから、経済や法律にも関わってくることが当然なものだと言えます。

だからこそ1つ1つ確認してみていかなければならないのです。

法からみた暗号通貨についての税金に関する問題について

やはり暗号通貨の存在をないがしろにしておくことは、できないということは初めから分かっていたのではないかと思います。

なので基本的にどんなことが言えるのかと言えば、3つあって、1つめとして税法は、あくまでも私法行為が存在していることによる課税関係なので、私法においての暗号通貨のコイン自体の定義が決まらないことには、その取引が何の取引に当たるのか悩ましい事態に陥っているということです。

これを詳しく述べると通常の通貨を使用して、物品を販売したという私法行為が売上となるので、課税関係を生じさせることによって、売上の計上が翌期になっているとすれば、売上計上の漏れ、現金売上を故意に漏洩し、帳簿に計上していなかったら、売上を除外して重加算税対象あるいは脱税になるといった具合ということです。

そもそも、暗号通貨のコインとはどういったものなのかというのが私法上の取扱いが決まっていないと、税法上どう取り扱うかっていけば難しいということが言えます。

2つめとして税法上暗号通貨のコインをどう取り扱うものか、また税法および取扱の通達においても定義を定めなければならないとあって、これを定めないとするならば課税処理の統一性が確保することが不可能な状態になってしまいます。

税務署によって、あるいは調査担当者によって解釈が異なっており、ひいては税額が異なると言った事態に陥りかねないと言えます。

3つめとして税務の執行面での対応であるということです。

暗号通貨のコインにまつわる課税取引を税務当局がどのような方法や手段で把握し、課税漏洩を把握するのかという点がポイントになってきます。

インターネットで手軽に、金融機関を通さずできるのが暗号通貨のコインが持つ特色であり、取引の把握をするのは難しいと言えます。それだけではなく、国外の市場などにおいて取引が行われた場合などは、把握がより困難になるとわかりきっています。

執行面での把握が困難になっていけば、課税される者と課税されない者がいるという状況が生まれてしまいます。

このように税の基本である適正公平な課税が損なわれていってしまうというわけです。

ビットコイン(bit coin)の税金も他の税金と同様に脱税するなんてことはなし得ない

ビットコイン(bit coin)に税金なんて面倒くせいなと思っている人いると思います。

特にこれで稼いでいる、もしくはこれからこのビットコイン(bit coin)という暗号通貨で一儲けしようと考えている人に大切なことで、脱税するなんていうことはできないというわけです。

簡単に説明するとビットコイン(bit coin)を出金する際には必ずどこかの金融機関を介さなければいけないからです。

金融機関はしっかりと管理がされているので、そのような目を欺くことは不可能なことであるというだけの話です。

なので悪いことをすることは絶対にできないということです。

暗号通貨はみんなに希望を与え得る文明の生み出した素晴らしい産物です。

この人々に希望を与える光となっている暗号通貨を悪用しようとする人たちはこのビットコイン(bit coin)をはじめとするさまざまな暗号通貨を利用する価値とその資格はないと言えます。

みんなで安心して安全に平等に使えることを望んでいるものが暗号通貨だと言えます。

ビットコイン(bit coin)の国内取引について

国内取引というものがあって、暗号通貨交換所が日本に設置がされている場合において、購入・売却のどちらかについても消費税が課税されるということになっています。

通常の資産譲渡と扱いは変わらず、いわゆる日常的なショッピングと同じものとして捉えて問題はないと思います。

ビットコイン(bit coin)の国際取引

一方国際取引における場合は、暗号通貨交換所が国外に設置されているケースにおいては、少し複雑になるものと言えます。

国際取引の場合、消費税法で言うところの資産譲渡を行う者の所在地が、購入か売却かによって異なるのです。

なのでまず、国内事業者が国外暗号通貨の交換所を通してをビットコイン(bit coin)購入したときは、この資産の譲渡は国外暗号通貨の交換所において行われたこととなり、課税の取引に関しては該当しないということになっています。

逆に国内の事業者がビットコイン(bit coin)の売却を行うとき、この資産の譲渡は国内と言っても事業所の所在地においてですが、行われたという判定となるため、課税取引として扱われることになっています。

なのでビットコイン(bit coin)の譲渡・売却においては相手の所在地が国内であろうが国外だろうが課税取引となっており、譲り受けたり購入したりする場合においては相手の所在地によって課税するかどうかが変わってくると言えます。

ビットコイン(bit coin)の所有権についての話

ビットコイン(bit coin)という単語を聞いて多くの人はマウントゴックス(Mt.Gox)に関わる一連の騒動を思い起こすのではないかと言えます。

マウントゴックス(Mt.Gox)は世界有数のビットコイン(bit coin)取引所としても機能していたため多くの人々が知る存在となりましたが、これに関するとあるひとつの裁判においてビットコイン(bit coin)に所有権は認められないという判決が下されたことがあります。

知らない人から見たとしたら、まるでビットコイン(bit coin)というものが法的に保護されないものなのではないかと心配をさせかねない判決内容ですが、ここで勘違いしてはいけないことがあります。

所有権とはもともと物権であり、基本的に実体ある有体物に認められている権利です。

これが実体のないビットコイン(bit coin)に認められないのは妥当であり、これはネットバンクの口座情報などとおなじ扱いでしかないと言えます。

このような裁判の判例から言えることとして、ビットコイン(bit coin)を筆頭とする暗号通貨に対してなんらかの恐れを抱くということは、まったく的外れなことと言えます。

日本円に換金した場合も含まれているビットコイン(bit coin)の税金

ビットコイン(bit coin)を購入し、購入したときよりも価値が上がったというタイミングで売却をして売却収益を得た場合において、売却収益に対して所得税が課税されることになっています。

だから暗号通貨のビットコイン(bit coin)に関しても、やったーとビットコイン(bit coin)で利益でた利益すべてが丸儲けとはいかないですので、注意することが必要です。個人がビットコインで得た、売却収益は譲渡所得と呼ばれるものにあたります。

また、譲渡所得には50万円の特別控除枠が設けられており、50万以下の利益には課税されないことになっています。

なので、50万以内の利益であれば丸儲けということになるわけです。

そして50万以上の場合は確定申告が必要になるということです。

また他の所得がある場合、すべて合わせて計算して50万以下の場合だけに限り非課税対象となっていますので、よく気をつけておくことが大切です。

この税金に当然ながら日本円に換金した場合でも適用されることになっています。

ここでみるべきと言えるのがビットコイン(bit coin)を売った場合の売却益に対する課税に関しては、大きく分けて譲渡所得とみるか雑所得とみるかによると言えます。

例えの話として、金地金を購入したとして長い間保有してから売却した場合では50万円の控除がある譲渡所得になる可能性が考えられますが、暗号通貨に当てはめるのは難しいと思います。

金でも短い期間の売買を行ってれば、譲渡所得とみなされなくなってしまうことになりますから、ビットコイン(bit coin)の場合には特に雑所得とみなされる可能性が高いと言えます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する