⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年、最も注目される仮想通貨。今年を仮想通貨元年とする大きな動きがありますね。大手の銀行(三菱東京UFJ)も独自の仮想通貨を開発しています。

そんな仮想通貨の中でビットコイン、イーサリアムに続いて第3のシェアを誇るリップルコイン。このリップルコインとは何なのでしょうか?今年投資するにあたって注意すべき点はあるのでしょうか?詳しく説明していきます。

リップル=金融商品の決済・送金システム

リップルコインの話をする前に、そもそもリップルとは何か? これから説明していきます。リップルとリップルコインが同じものだと思っている人も多いと思うのですが、リップルはいわゆる通貨の単位ではありません。

リップルとは金融商品の取引を決済したり送金したりするシステム・サービスそのものの名称で、これを提供する会社が存在しています。

“Rippple Labs”社というこの会社が、リップルというサービスを提供しています。リップルのシステムが世界一優秀であるため、世界中の銀行が続々と採用を表明しています。

リップルコインとは、このリップルというサービスのネットワーク内で使用される仮想通貨になります。

リップルコインとは?

リップルコイン(XRP)

リップルコインというのはこの仮想通貨の正式名称ではありません。正式名称は“XRP”です。

XRPはリップルを採用している機関の間でやり取りされる仮想通貨、いわゆる“ブリッジ通貨(仲介通貨)”と呼ばれるものです。具体的に言うと、米ドルから日本円、日本円からユーロに両替するとときに、“リップル”システムを通過するために、少しの間だけ“XRP”に変換されるのです。

リップルコインとIOU(I Owe You)

リップルシステム内でのリップルコイン(XRP)は電子化された借用書(IOU=I Owe You)の形で取引されます。

ビットコインが取引の過程の一つ一つのやり取りもすべて記録がオープンに残るようになっているのに対し、IOUの形式をとると、一連の取引の途中経過に起こっている複雑な出来事を省略できるようになります。そのため、短時間・安い手数料での取引が可能となります。

また、リップルコイン(XRP)は2重使用の問題がなく、取引の承認までの時間がとても短いという利点もあります。さらに、仮想通貨だけでなく、法定通貨や金も、どんな資産でも送ることが可能となっています。

2017年、なぜリップルが注目されるのか?!

なぜ、リップルが個人の投機・投資の対象となるのか?

ここまでの話だと、リップルは大手の金融機関などで主に採用されるサービスで、リップルコイン(XRP)もそういった大手の金融機関同士でのやり取りにしか使えないんじゃないの?!という印象を持たれると思います。

一般的な日常生活の中で人々の間で利用されるような通貨ではないので、実際のところ私たちには接点があまりないのですが、銀行などの金融機関でこの“リップル”システムが次々と採用されて広く世界に普及していけば、その流れの中でブリッジ通貨“XRP”も価値が上昇すると見込まれています。

つまり、XRPを個人で保有する目的は、純粋に投機(株の売買のように値上がり益を狙うのみ)だと割り切って考えた方が良いと思います。

リップルコインは発行総数が減っていく通貨

リップルコイン(XRP)の他の通貨にない特徴として、“最初に上限量1000億XRPが決まっており、利用される度に減少する”ことが挙げられます。具体的には一回の取引で、手数料として支払われる0.000001XRPが破棄されるということです。

1000億XRPの上限に対して、100万分の1XRPずつしか破棄されないため、短期での影響はほぼ無視して問題ないです。

ただし、これからリップルを採用する機関が世界中に広まり、またお金のやり取りが増加すると、この限りではないかもしれません。リップルを使いたい機関が増えていく一方で、取引用通貨XRPの量は減少する。

そうすると何が起こるかわかりますか?
需要>>供給となって、1XRPの価値が上昇する、つまり値上がりするのです。

個人でリップルコイン(XRP)を取引するには?!

現在、個人で日本円とリップルコイン(XRP)を交換できるのは以下の取引所です。

・Coincheck

・Mr.Ripple

・東京JPY発行所

詳しくは各取引所のホームページでご確認ください。

過去のリップルコイン(XRP)相場の特徴

2017年にリップルコインに投資するならば、過去の相場がどのように動いてきたかを知る必要があります。通貨にはそれぞれ動きのクセがあって、それを過去の相場から把握することで、未来の相場を予測する足掛かりにできるからです。

では、実際に過去のリップルコインの相場はどのように推移してきたのでしょうか?

2013年に海外の仮想通貨取引所で取り扱いが開始され、2013年12月までは1XRP=7円まで価値が上昇していたようです。

2014年 リップルを去った創業者の一人が、自身で保有していたXRPを大量売却したため、一気に価格が1XRP=0.3円くらいまで下落しました。以降、価格は低迷しましたが、2014年11月28日の時点で1.91円まで値を戻しました。

2016年のリップルコイン(XRP)は1XRP=0.6~0.8円あたりで推移していました。そして6月14日、イギリスのEU離脱に際して警戒感が強まった結果、NYダウ平均や日経平均が大幅に下落した日に急騰し1XRP=1.47円、また9月15日、アメリカの原油先物価格の大幅な下落を受けてエネルギー関連株が売られ、NYダウ平均株価が大幅に値を下げた日にも急騰し1XRP=1.10円を一時的にですが付けました。その後はすぐに下落し、1XRP=0.7~0.85円あたりで横ばいになっている状況です。

過去の相場から考えると、リップルコイン(XRP)の値動きは極めて速く,大胆なので、取引には注意が必要です。突発的なイベントをきっかけとした急上昇と急降下に遭遇したら、うまくいけば利益を大きく膨らませられるかもしれませんね。ただし、その分リスクも極めて高いので、あくまで余剰資金で取り組んでください。

2017年のリップルコインに投資して大丈夫なのか?

過去の相場の推移から、2017年のリップルコイン(XRP)の動きとトリガーイベントが見えてくる可能性があります。

リップルコイン(XRP)のマーケットオペレーションレポート

2017年1月より、“XRP Market Operations Report”が発行されることが発表されました。

これは、リップルコイン(XRP)の売り上げターゲット、売り上げパフォーマンスと前の四半期ターゲットの比較、価格変動へのコメント、ウォレット・取引所・承認者・マーケットメーカーについての情報提供について記されるレポートで2017年、リップルの活動をより広く知ってもらい、このシステムを普及させる狙いがあると思われます。

このレポートを参考にして、値動きを予測することができるかもしれません。

2017年のリップルコイン(XRP)は日経平均やNYダウと連動する?

仮想通貨の一般的な特徴として、既存の法定通貨の信用が落ちるようなイベント時に資金の逃避先として買われる傾向があります。リップルコイン(XRP)の場合、昨年は大きく株価を下げたタイミングで急騰しており、法定通貨の暴落時にはチェックすることが望ましいでしょう。仮想通貨の概念としては、国のイベントに左右されないで安定していることがメリットとして挙げられますが、リップルコインに関しては、イベントに影響されやすい可能性があります。

リップルを導入する大型金融機関のニュースをチェック!

リップルのシステムに大型の金融機関が参入した場合、一気にリップルのマーケットが広がります。取引に使われるリップルコイン(XRP)の流動性も上がるでしょう。リップルコインの需要は増加するのに対して、先ほど触れましたがリップルコイン(XRP)の総発行量は取引が活発に行われればそれだけスピードを上げて減少していくので、リップルを導入する機関が増えれば増えるほど、リップルコイン(XRP)の値上がりが期待できます。

マーケットメイカーと呼ばれる投資ファンド

国際送金の市場では、銀行同士のやり取りで送金できているというわけではなく、銀行と銀行の間に介在するマーケットメーカーと呼ばれる大手の為替業者(全部で6社あるようです)が存在します。

このマーケットメーカーによって二つの銀行の信用情報が取引されているのが実情で、いま実際にリップルコイン(XRP)が使用されるのは、マーケットメーカーが仲介していないわずかな場合のみのようです。つまり仲介業者がいない場合だけ、オプション的にXRPのレートで取引されているということです。

ただし、今後少しずつですが投資家や大手6社以外のマーケットメーカーの資金が入ってくると、徐々にリップルコイン(XRP)の流動性は確保されてくると予想されます。すると、競争原理が働いて参加者の多いリップルコイン(XRP)を通した方が効率の良いレートで国際送金できるようになるでしょう。そうなった瞬間にリップルコイン(XRP)が大きく利用される流れができるのではないかと予想されます。

2017年に起こりうる世界的な金融危機の際の避難用資産

現在、日本銀行だけでなく世界中の中央銀行が緩和政策をうたって、大量のお札を刷って市場にばらまいています。これは自国の通貨の価値をわざわざ下げる行為であり、バブルの原因になります。

しかし、バブルは頂点に達するといつか必ず崩壊するものです。過去に日本でバブル崩壊が起こったとき、銀行は大量の不良債権を抱え、中小企業から貸しはがすなどの行為が行われました。また、銀行同士でもお互いに信用がなくなり、電子化した借用書(IOU)での取引が滞ってしまいました。

もし、このときにリップルのシステムがあれば、滞ったIOUや支払われない法定通貨の代わりにXRPを貸し手に供給し保有してもらうことで、貸しはがししたり、不良債権を抱えなくてよかったかもしれません。

法定通貨もIOUも信用できなくなる金融危機の時こそ、第3の決済手段としてリップルコイン(XRP)が市場に供給され、流動性を確保することになる可能性があります。そうなればリップルコインの価値は大きく上昇するでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

リップルとは通貨の名称ではなく、金融機関に導入されるシステム全体の名称です。そのシステム内で動く暗号通貨XRPはビットコインと異なり、Ripple Labs Inc.という開発・運営元があること、通貨そのものでなく、借用書・預かり書(IOU)をやり取りする形式で、取引の時間短縮と手数料の低下や様々な形の資産を送ることができることがメリットです。

リップルを取り扱う金融機関が年々増えていっていることと、流通量が徐々に減少していくことから、世界的な金融危機をきっかけとして大きく値上がりする可能性があります。マーケットオペレーションレポートや世界のマーケットのニュースをチェックしながら、今のうちに仕込んでおくのもアリかもしれません。

※ただし、投資は元本割れのリスクを含みます。あくまで自己責任の上、お願いいたします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する