⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

モナーコインとは?!

モナーコインは日本の巨大掲示板”2ちゃんねる”から生まれ、2013年12月23日に公開された本邦初の仮想通貨(暗号通貨)です。利用者プログラムはオープンソースを用いており、モナーコインプロジェクトという組織によって作製され公開されていますが、コインの発行や運営はしていません。

モナーコインはビットコインと同じように利用者が形作るモナーコインネットワークによって維持されており、管理者は存在しません。

モナーとは?

日本で愛されているといわれる“モナー”は、巨大掲示板 2ちゃんねるなどの電子掲示板でよく使われる、アスキーアート(AA)によるキャラクターです。正式な名称は「オマエモナー」です。よくある表現として「2ちゃんねるの猫」などと呼ばれたりしますが、本当の起源は2ちゃんねるではなく“あめぞう”、もしくは“あやしいわーるど”だとされています。

さらに、本来のモチーフは猫ではなく、「猫のような熊のような謎の生き物」であるとされています。今となっては2ちゃんねる内でも「猫」と呼ばれることがありますので、猫で定着していると思われます。

※アスキーアート(ASCII art)・・・プレーンテキスト(普段使っている文字や記号)を組み合わせて作る視覚的表現技法のことを指します。テキストアート、活字アート、絵文字などとも呼ばれ、略称はAAです。ASCIIでない文字コードのテキストアートも日本語では「アスキーアート」と呼ばれることが多いです。

2ちゃんねらーの間では、 2000年(平成12年)頃に広まったアスキーアートによるキャラクターであり、現在、2ちゃんねるっぽい表現もしくは2ちゃんねるそのものを象徴するキャラクターの一つになっている状態です。

登場初期には他の人を批判したり罵倒するような発言が掲示板に出てきたときに、その発言自体もまた批判や罵倒されるツッコミどころを含んでいるような場合に、“オマエモナー”と、いわゆる“ツッコミキャラ“としてよく登場しました。モララー、八頭身モナー、ニダーなどの、様々な派生形バージョンも作られており、それら各自に、しゃべり方や口癖、性格といった細かいキャラクター設定がされていることが特徴です。

動画やイラストで描かれる場合は、もっぱら白色で書かれることが多く、英語でのスペル表記では、「Mona」または「Monar」(後者は「モナ」と止めて読まれるのを防ぐことができる)と表現されます。モナーコインは英語表記では「Monacoin」となります。

ちなみに“お前もな”は昔から使われていた煽り文句で、初代のモナーは先述したように2ちゃんねるではなく“あめぞう”もしくは“あやしいちゃんねる“に登場したといわれています。2ちゃんねる内では厨房板で誰かが「お前らも暇な奴らだなぁ」とのセリフを書き込んだところに「おまえもな」と登場、当初は猫のような三角の耳ではなく、丸耳だったそうです。

モナーコインの開発概要

2ちゃんねるのソフトウェア板で、ライトコインなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏(Mr.Watanabe)が開発し、2ちゃんねるを象徴するキャラクターであるモナーの名を冠して2013年12月23日にβ版をリリースしました。これがモナーコインの生まれた日になりますが、すぐにリセット[2]を決定します。

2013年12月30日に新モナーコインの公式アナウンスが行われ、2014年1月1日0時0分(UTC)に正式にリリースされ流通するようになりました。日本発の暗号通貨です。

モナーコインはライトコインLitecoinをベースにした仮想通貨です。したがってベースはビットコインとも同じPOW:Proof of Work方式で、採掘が可能な仮想通貨になります。ウォレット(財布)と呼ばれるクライアントプログラムを実行し、Monacoinネットワークに参加する形で流通します。P2P通信なので管理者は存在しない、分散型管理に属します。

ブロックアルゴリズムはLyra2REv2で、1ブロックにつき50 MONA(+送金手数料)のBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、ブロックが生成される時間は平均90秒です。総発行枚数は1億512万MONAです。Premine(開発者による事前採掘)はありません。

当初想定された使われ方

特定サイトのいわゆる専用ポイントとは異なり、ウォレットアドレスを表示することで、サイトの垣根を超えてコインを送付することができるため、インターネット上での評価を一律に表す基準としての使われ方が期待されていました。つまり、ニコニコ動画でも、pixivでも、Yahoo!知恵袋でも、投稿者がウォレットアドレスさえ表示していれば、本当に評価されるべきコンテンツの作者に対してMonacoinを送ることが可能になります。

また、振り込めない詐欺(ユーザーが自発的にお金を払いたくなるほど素晴らしい動画やツールを、無料で公開した作者に対して、感謝と尊敬の気持ちを示すこと)も、Monacoinによって解消することができます。投稿者が、自分のウォレットアドレス示すことで、すべてのユーザーが安心してMonacoinを振り込むことが可能となりました。そして、もっと評価されるべき作品に対しては、Monacoinを好きなだけ送ることで、評価をさらに上げることが可能となります。

素晴らしいコンテンツを制作した作者に対してMonacoinを送る行為については投げ銭をもじって「投げMONA」と呼ばれています。つまり、ネット上に公開されたコンテンツを、サイトごとではなく統一した基準で評価するために存在していたようですね。

ネット上でのみんなの評価をなるべく公平にしよう、本当に素晴らしいコンテンツに対してその評価を客観的にわかるようにしよう、作者に敬意を払おうという、まさに善意の象徴として現れた仮想通貨モナーコインといったところでしょうか。

実際の使われ方

当初想定された使われ方のように

「誰かが作った作品や動画などを評価する手段としてMonaを支払う」

のほか、

「人寄せや宣伝の手段としてMonaを配布する」

「誰かに絵を描いてもらって報酬をMonaで支払う」

等の使われ方があります。

しかし、2014年4月に土地の売買がモナーコインで成立したり、Amazonギフト券やシフォンケーキとの交換ができるようになったりと、徐々に通貨としての存在感も示すようになってきました2014年の国会議員が参加する勉強会で日本の暗号通貨として紹介されたりもしています。

モナーコインの最大のメリットは、 「銀行振込より手軽な送金手段で、しかも住所も名前もメルアドも相手に知られない」ことです。ビットコインのように価値が急上昇しているということはないですが、日本初の仮想通貨ですし(でも仕様はビットコイン同様)、マニュアルなど日本語の情報が多いので、仮想通貨がどんなものか、まずお試ししてみたい人にとっては気軽に持つことができるのではないでしょうか?

モナーコインの取引所

現在、もっともモナーコインを取引しやすいのは

・Zaif

・もなとれ

が挙げられます。ただし、もなとれは現在試験運用中なので、システムの不具合があったとしても自己責任でお願いします。

以前は

・AllCoin.com

・Crypt Coin

でも取り扱いがあったようですが、現在は取り扱っていないようです。

モナーコインの導入方法

ウォレットのダウンロード

対象OSはWindowsとLinuxはkeystore00から、MacユーザーはMONA Projectからウォレットのファイルをダウンロードします。

Windowsの場合”ポータブル版”をクリックしダウンロードを行ないます。”Monacoin-qt.zip”という圧縮ファイルのダウンロードが開始します。(インストーラ版等でも可能です)

ダウンロードしたファイルを解凍します。”Monacoin-qt”(Windowsの場合)をダブルクリックし、実行するとウォレットが開始します。設定によってはWindowsファイアウォールでブロックされた警告画面が現れるかもしれません。警告画面で”アクセスを許可する”を選択するとウォレットが使用可能になり、ウォレットの画面が表示されます。

はじめは非同期状態ですが、しばらく放置すると、”(同期されていません)”の文字は消え、下部のメーターも満タンになり、同期状態になります。(インターネット接続環境でないといけません)同期が完了するとMonacoin-QtのWalletが完成します。

ウォレットを作る際にも個人情報や登録料が要らないところがモナーコインの最大のメリットです。Monacoin-qtをダウンロードして実行すれば口座番号に相当する「ウォレットアドレス」が自動で発生します。このウォレットアドレスを他人に知らせれば、自分の財布にモナーコインを送金してもらえるようになります。

ウォレットアドレスはいくつでも作ることができるので、アドレスで同一人物だと認識されたくないなら複数のアドレスを作っておくと良いです。取引所でモナーコインを日本円と交換するか、動画などを投稿して投げ銭してもらうか、マイニングするかして、モナーコインを入手することができます。

モナーコインの推移

モナーコインは公開当初は1MONA=4円前後で横ばいで推移していましたが、その後急騰し、2014年8月1日には最高の1MONA=99円まで上昇しましたがその後急落、年末には1MONA=6円程度まで下落してしまいました。元に戻ったというようなところでしょうか。

2015年には3月に1MONA=29円まで上昇しましたがその後下落、5月には1MONA=8円程度まで下がってしまいましたが6月にふたたび1MONA=25円程度まで上昇します。しかし、その後は下降トレンドで、年末には1MONA=7円程度まで戻ってしまいました。

2016年は年間を通じて大きな動きがなく、レートも1M}ONA=6~7円で低め安定の状況でした。
一旦上がるとすさまじいボラティリティですが、数日で急落して一けた台に戻ってしまうのがモナーコインの特徴のようです。

2017年モナーコインは今後どうなる?

低め安定のモナーコインですが、ネット上では一定の価値があり、これからも消えることなく存在し続けるでしょう。値段が一けたの間に保有しておいて、突発的な値上がりに期待するというのが、値上がり益を狙うなら取っても良い手段になるのでしょう。

しかし、突発的な値上がりがいつ、何をきっかけにして起こるのか、未来のことは誰にも予測できません。最新のニュースに気を配ることと連日チャートをチェックすること、値上がりしたら早めの利益確定を心がけること、値上がりしてから買わないことが、注意すべきポイントではないでしょうか?

そして、気になるニュースが入ってきました。

2017年3月8日からモナーコインのSegwitシグナリングが開始

2017年2月にリリースされたモナーコインの最新バージョンver.0.13.2.2には、Segregated Witnessを含むアップデートが盛り込まれています。投票のブロック期間は10080ブロックで、2017年2月にシグナリングを開始したライトコインと同様、この10080ブロックの期間内に75%を超えるブロックにSegwitを支持するシグナルが埋め込まれていれば、Segwitが有効になります。

既にSegwitを支持する採掘者は15%を超えており、その期待感からかモナーコインの価格が上昇しています。シグナリングの開始から既に1ヶ月が経過したライトコインの支持率は20%付近であり、モナーコインがここから巻き返すことも可能性としてはありうるでしょう。

Segwitが有効化されることで、モナーコインの、ブロックチェーンを介した取引環境の改善をはじめ、Lightning Networkのようなブロックチェーンを利用しないオフチェーンでの取引に関する機能の拡張が加速することになると期待されています。

まずはSegiwitが本当に有効化するかどうか、その経過に伴ってモナーコインの値上がりがどのように推移するか、こまめにチェックする必要がありそうですね!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する