⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨を得る手段として、マイニング(採掘)というものが挙げられます。

これは、複雑な計算問題を解くことで、その報酬として仮想通貨が得られるという仕組みを利用した方法です。仮想通貨の王者であるビットコインのマイニングには、超高性能なコンピューターを使わないと競争が激しくて参入してもビットコインが得られないケースが多々あり、参入費用も維持費としての電気代も莫大なものになります。

そのため、個人が参入するには極めてハードルが高い状態であるということです。ビットコイン以外の仮想通貨についても同様にマイニングによって入手できるものもあるのですが、その方法は意外と知られていません。あまり注目されていないので、今のうちにマイニングに参入しておくと、将来的に莫大な利益が得られる可能性もあるかもしれません。

今回は、ビットコインと同じシステムで作られた「ライトコイン」を例に挙げて、マイニング方法がどのようになっているか、検証していきたいと思います。

ライトコインとは?

ライトコイン はピアツーピア(P2P: インターネットに接続した個人のパソコン同士で直接、データを交換する方式)の仮想通貨です。ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。

中央集権型とは異なる完全分散型であり、オープンソース(人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェア)で世界的な決済ネットワークを持ちます。

数学によりネットワークの安全性を確保し、個々人による財政管理能力を高めています。ビットコインなどの主要な数学ベースの仮想通貨と比べ、トランザクション(取引)の確認時間が短く、ストレージの効率性に優れているのが特長です。取り引き量や流動資産などの規模から、ライトコインはビットコインを補完する商取引媒体といえます。

ライトコインの特徴

ライトコイン(Litecoin)は、ビットコインの次に開発された暗号通貨で、ビットコインが金であるのに対しライトコインは銀に例えられます。ビットコインの開発者が偽名(Satoshi Nakamoto)であるのに対し、ライトコインの開発者はチャーリー・リーという実在の人物です。

ビットコインの「金」に対し、ライトコインは「銀」として、ビットコインよりも流通量(埋蔵量)が多く、採掘や取引も労力がかからないような形にして、希少性はビットコインよりも低いけれど、流通や取引に利用しやすいように設計されています。

具体的に言うと、ライトコインはビットコインのプログラムコードを元にして設計されているため、基本的なシステムは同じですが、採掘時のアルゴリズム(計算方法)がSHA-256ではなくScryptである点が異なります。

取引認証時間(約2.5分)がビットコイン(10分程度)よりも低く設定されているため、迅速に取引を行えるのも大きな特徴です。なお、SHA-256と同様にScryptのASIC(application specific integrated circuit、特定用途向け集積回路)も登場し発売されているため、ビットコインと同様個人の採掘で利益を出すのは厳しくなってきているようです。

ライトコインの仕組みについて

ビットコインとは異なり、Scryptというアルゴリズムを採用しています。ScryptはビットコインのアルゴリズムSHA-256よりも計算が複雑でありメモリをより多く必要とするため、公開当時、ビットコインの採掘難易度の急上昇の原因となっていたASICが未開発であり、個人での採掘に可能性が残されていたため画期的でした。

しかし、現在はASICの開発が完了しすでに発売されている状況です。また、SHA-256とは違い、Scryptはこれまであまり知られていなかったハッシュ関数であり、今後何らかの脆弱性が発見されるのではないかという懸念があります。

ブロックの生成間隔がビットコインの4倍速(約2.5分)なのも大きな特徴です。これはつまり、取引の認証速度が4倍速くなるということを意味します。しかし、ブロック生成間隔が短いことには、セキュリティレベルが低くなるということやブロックチェーンのサイズがより大きくなるという欠点も存在します。

その他の違いとして、コインの発行上限がビットコインの4倍になっています。これにより、インフレ率がビットコインと同じになります(ブロック生成速度が4倍のため)。つまり、同じスピードで世の中に発行されていくということです。

ライトコインとビットコインの比較表

ビットコイン ライトコイン
上限枚数 2100万枚 8400万枚
アルゴリズム SHA-256 Scrypt
ブロック時間の平均 10 分 2.5 分
Difficulty調整 2016 block 2016 block
ブロックエクスプローラ blockchain.info block-explorer.com
作成者 Satoshi Nakamoto Charles Lee
公開日 2009年1月3日 2011年10月7日

 

マイニングとは?

ビットコインなどの仮想通貨において、Proof of Work方式を採用している場合の入手方法の一つです。これは、コンピュータに難解な計算問題を解かせて、早く解いたコンピュータにその報酬として仮想通貨を新規発行するというシステムで、まるで金鉱を掘って金を見つける作業に似ていることから「採掘(Mining)」と呼ばれています。

難解な計算問題とはつまり、仮想通貨の各取引の認証作業です。仮想通貨取引を裏方として支えてくれるコンピューターに対し、その働きに応じた給料を出していると考えても良いです。仮想通貨の取引手数料も報酬として入手できます。マイニングを行う人をマイナー(採掘者miner)とも呼びます。

現在は、ビットコインのdifficulty(採掘難易度)が非常に高くなっており、専用のハードウェア(ASIC機)を何千台も束にしたファーム(工場farm)と呼ばれる組織でもないとほぼ採掘することは出来ません。

マイニング・ファームは10社程度でシェアの90%以上を占めており、多くは電気代・初期投資の安い中国企業となっております。その総投資額は数千億円とも言われています。

その一方、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のマイニングであれば、利益を出すことも可能かもしれません。ただし、世界の中でも日本の電気代は非常に高いため、どのツールを用いても赤字となる可能性もあります。本気で稼ぐためにマイニングをしようと考えている人は本当に採算が合うのか、十分に検討すべきだと思います。

様々なマイニング方法

マイニングの方法には、個人で採掘する「ソロマイニング(solo-mining)」と複数人で協力して採掘する「プールマイニング(pool-mining)」があります。

ソロマイニングは、マイニングに成功する確率が低いので、プールマイニングを行うのが一般的です。マイニングする仮想通貨によってマイニングプール(プールマイニングを行うグループのこと)が違うので、「(仮想通貨名) マイニングプール」などのキーワードで検索するなどして、対象となるマイニングプールを見つけることが必要です。

CPUによる採掘

CPU(Central Processing Unit:中心(central)的な処理ユニット(processing unit)として使われるプロセッサないしマイクロプロセッサ)は、コンピュータに必ず存在する部分であるため、一番手軽に始めることできます。しかし、CPUでは処理できる演算量が少ないので、効率はかなり悪いです。ノートPCなどの性能が低いCPUで稼いでいくことは不可能と考えた方が良いです。

CPUでしかマイニングできないコインであれば、可能性はあると思います。実際に採掘する場合は「cpuminer」というソフトを主に使います。

公式のcpuminerはSHA-256とScrypt以外には対応していないので、それ以外の、いわゆる「CPUコイン」は独自のソフト(ほとんどがcpuminerの改造版)を使う必要があります。

GPUによる採掘

GPUとは、Graphics Processing Unitの略で、パーソナルコンピュータやワークステーション等の画像処理を担当する主要な部品のひとつです。コンピュータシステムにおいて画像表示を担当するASICであるグラフィックコントローラから発展したもので、GPUはジオメトリエンジンなどの専用ハードウェアによって画像データ処理を行う集積回路のことを指します。

一般的に、Nvidia製よりもAMD製のGPUのほうがマイニングには適しているそうです。ただし、Nvidiaは「cudaMiner(ccminer)」、AMDは「cgminer(sgminer)」と使用するソフトが異なるので注意が必要です。

FGPA・ASICによる採掘

FGPA、ASICはそれぞれ採掘に特化した専門機器を指します。現在、BitcoinをはじめとするSHA-256コイン専用のものを中心にライトコインの採用しているScryptのものも発売されています。

しかし、ASICは発売中止などになることが多くあり在庫状況が不安定なことと、大々的に発売されず情報が出てこない場合もあり、最新情報を掲載している場所がありません。個人で手に入れるにはハードルが高いでしょう。

クラウドマイニング(クラウドによる採掘)

採掘能力を購入してクラウドを使ってマイニングする、という方法もあります。電気代がかからないので、電気代の極めて高い日本居住者に向いている方法です。ただし、詐欺サイトも多いので、企業情報などをよく考慮検討する必要があります。

まともなサイトであったとしても採算が取れるかどうかはわかりませんので、熟慮する必要がありそうです。

ライトコインのマイニング方法

ここまでの情報を踏まえて、ライトコインのマイニング方法の一つ(GPUマイニング)を紹介します。

前提条件

ライトコイン専用のウォレットを用意し、ライトコインの取引ができる状態になっていること。詳細は、ライトコイン公式HPで確認してください。

採掘プールへの登録と設定

ライトコインをGPUマイニングするまでの流れは下記のようになります。

今回は、マイニングプールにCoinotron、マイニングソフトにGUIMiner-scryptを使用します。

1.Coinotronのアカウント作製

2.マイニングプールのPayout address(支払先アドレス)にライトコイン専用ウォレットの受信アドレスと、Payout threshold(支払い閾値)を記入

3.マイニングプールにWorker名とパスワードを設定する

4.GUIMiner-scryptをPCにインストールする

5.GUIMiner-scryptを起動し、「File」→「New CG miner」を選択し、以下のとおり設定する

Host:coinotron.com

Port: 3334

Username: 上記3の「Worker名」

Password: 上記3の「パスワード」

GPU Defaults: 自分のPCのGPU

設定は以上で、あとはGUIMiner-scryptから「Start」ボタンを押せばマイニングが始まります。多少時間を要しますが、順調に行けばCoinotronの「My Account」にマイニング結果が反映されていきます。

まとめ

ライトコインは、ビットコインに比べてマイニングの演算にメモリがより多く必要なscryptベースの仮想通貨です。そのため、ビットコインほどの激しいマイニング競争にはなっていないようです。しかし、scryptベースでもすでにASICが発売されているので、マイニングも組織化・大型化してきています。

個人で挑むには少しハードルが高いかもしれません。ただ、このマイニングというシステムはとても面白いし理にかなっていると思います。仮想通貨の仕組みを体感するためにチャレンジしてみてもいいかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する