⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

リップルコイン、リップルコインと騒がれているこの暗号通貨はどのようなものなのか。

またこの暗号通貨のいま現在からみる今後へと流れていく暗号通貨業界の激流で、投資を行うことから厳しく見つめた姿を写し出すことによって今後どのように価値はなっていくのかということを詳しく見ていきます。

リップルコインとは何なのか?

リップルコインとは使われている通貨の名称でさえないものです。つまりリップルコインという名称は誰かが勝手に言いだしたことによって広まってしまった名称です。

しっかりとした正しい名称は、「XRP」と書き、そのままエックスアールピーと呼ばれるかリップルズと呼ばれることが普通なのですが、みんなリップルコインリップルコインともてはやすだけもてはやして正式名称なんてどうでもいいじゃんという感じになってしまっていると言えます。

リップル社が生み出した暗号通貨XRPの機能としては、相互間送金サービスという機能を持っています。このように相互間送金サービスの要素があるからこそリップル社の暗号通貨XRPは愛され続けているのです。

《リップル社へのGoogle社の投資からみる暗号通貨XRPとは》2014年にリップ社に投資を行ったことによって一躍有名になったリップル社の暗号通貨XRPですが、このGoogleがリップル社に投資をすることになった理由は何でしょうか。

このことについて考えられる理由として、Google社とリップル社には共通点があるということです。何の共通点かと言えば、情報を集約することによって変えたものです。Google社はインターネット上の情報を集約し、広告による今まで利益の出なかったものを利益の出るものへと変化させたよって、世界を大きく変えることになったのです。

リップ社は金融という領域における、お金(誰がみても変わらない価値)という情報の集約を行うことにより、世界を大きく変えることができると期待されていることです。

つまり今までの世界を変えてきたGoogle社だからこそ、これから世界を金融業界において変えることができるとGoogle社自身も見込んでいるモノこそリップ社のつくった暗号通貨XRPなのだと言えます。大手企業から認められたことだけがすごいのではなく、この暗号通貨のもつものが世界的に拍車をかけているということでもあるのです。

《一般人からみた投資対象としてのリップ社の暗号通貨XRP》

個人的に投資を行う暗号通貨ではないと思う人たちがいるみたいですが、その一番の理由としてあげられるのが、将来的に価値が上がると言われているポイントがよくわからないという理由があるから、個人的投資には向いていないものなんじゃないかとの不安を抱いてしまうのです。

人間誰であれ納得するまでその領域に深く踏み込むことはやめてしまうのが当たり前です。興味やノリだけではどうにも越えられない壁があります。

そのような壁がこの暗号通貨XRPの投資に関してもあると言えます。ですがこの暗号通貨XRPに関するネット意見からみてわかりにくいという理由からではないですが、二点ほどあり「リップルでネットワーク効果を編み出す」というものと「銀行のコスト削減例」というものが、リップル社からの説明としてPDF版でインターネット上に上がっています。

このPDFをみたら個人的投資をしてもいいんじゃないかと言う声もきこえてきています。投資をするには企業側からのしっかりとした説明が必要になるということです。

リップル社から発行されている暗号通貨XRPの価値が見いだせる理由

XRPの価値が見いだせる役割は何かと言うと、3つあって1つ目がセキュリティーシステムを用いたことによる信用があると言えます。

普通の暗号通貨のサービスはセキュリティーシステムがしっかりしておらず、サイバー犯罪の被害にあって会社が倒産しています。自分の利益と相手の利益を守ることによって、信用を買うということはとても理にかなっていると言えます。

この会社のセキュリティーシステムはたくさんの時間とお金がかかっていると言っています。このようなことによって、一般ユーザーも安心して使えるようになっているということです。

2つ目がインセンティブによる流動性の促進です。RCLにとって、銀行または銀行の代わりを担うことになる第三者マーケットメーカが登場することによって、決済の環境を大きく変化させ、リップルの市場の拡大を加速させていってくれるものとなります。

流動性の供給に加わるプレイヤーが増加するにつれて、市場の競争は激しくなってゆき、競争によって導入と参加がより拡大し、ネットワークによる効果が発生してきます。交換機能としてのXRPは、スプレッドを縮小することにより、市場に厚みをもたらすことができるということです。

最後の3つ目がステークホルダーに与える影響から見えてくる実用性です。リップルという会社が発行している暗号通貨XRPは当たり前ながら、銀行向けの国際送金市場のみを標的市場に定めたわけではなく、国際送金というのは単なる起爆剤に過ぎず、価値のインターネットを実現しようとしている最中であるということです。

XRPの今後の展開に関して言えること

今現在の暗号通貨XRPの価値評価からみる価値が上がらない理由について

今現在の価値は完全なランキングで言えばこの暗号通貨XRPは、6位にランクインしています。ギリギリベスト10入りを果たしている感じです。このXRPは前にベスト3入りして3だったことがありました。でもなぜこんなに3位も下に落ちていったのでしょうか。

この理由としてまず考えられるのは、コインの発行上限枚数が多すぎるということにあると言えます。どの暗号通貨においても同じことが言えますが、このコイン需用量がユーザーの求められている数と全然あっていないのです。

表向きでビットコインの約5000倍もの発行上限として設けていることはこのランキングから考えたらありえないと言えます。次にリップル社がいまだに650億XRPも保有しており、いつXRPに大暴落が起こってもおかしくないリスクと隣り合わせになっているから投資する人たちを困らせているからと言えます。その他にもたくさんの要因が考えられます。

XRPの価値が上がるのではないかという意見も…

この暗号通貨XRPの価値が上がるとすれば、方法は一つしか考えられないわけです。それは何かと言えば、銀行にXRPを使うサービスが導入されることです。なぜそうなるのかと言えば、これから決済やポイント的な利用のされ方がXRPにも適用されることがあればXRPの価値は上がると言るからです。

これからこの価値をあげられる方法は通用するのかしないのかは今後の流れをよく見ていなければ知ることはないと言えます。また度々ニュースにあげられるものを見たからと言って、価値が上がる兆しが見えてくる時期さえわからないかもしれないという博打の勝負なのです。

この博打の勝負が上手くいけば、XRPの価値は確実に上がるというわけです。この勝負は本当にかけてやるべき勝負ごとと言えると思います。だって失敗したら価値が上がるということはないわけだからと言えます。

2017年1月から話題になっているXRPの暗号通貨革命

XRPは月と化すのかそれとも泥沼化して逆戻りしてしまうのかであるが、いずれにしても2017年という年がXRPの注目するべき年であるということには変わりなさそうです。

この暗号通貨XRPがオーストラリアの銀行で取り引きされることになる前から暗号通貨革命を起こすものの一つであると騒がれていますが、この革命が上手くいく可能性がどれくらいなのかということはわからない状態になっています。

このオーストラリアの銀行で取り引きされることになった暗号通貨XRPは、これからどう転がっていくのかで革命になるのかならないのかが決まると言えます。革命を起こせた場合は、今まで低かった価値を一気に高めることであり、もしこの波に乗れず失敗したならば、溺れていくだけで革命などという言葉が目標ではなく夢になってしまい、ましては幻にまで変わりはてるものと言えると思います。

まとめ

これからの行方を決めるのは銀行で、リップル社はどうしようもない状況に立たされています。この状況の打開策が他にあれば前から行っていたはずです。前から行っていないということはリップル社に打つ手はなく、銀行との動きに身を投じざるをえないのです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する