⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ここでは、仮想通貨の1つであるイーサリアムについての説明をさせて頂きます。イーサリアムはビットコイン同様に大きな広がりをみせるのだろうか?イーサリアムの将来性についてのお話、

そして、2017年は仮想通貨元年と言われているがどのように仮想通貨が広がっていくのかについて個人の意見も踏まえ述べさせて頂きます。

仮想通貨イーサリアムとはどういうものなのか!?

イーサリアムはビットコインと同じ「仮想通貨」です。

イーサリアムの時価総額は数千種類のあるとも言われる仮想通貨の中でビットコインに次ぐ第2位です。(2017年1月現在)

ビットコインなどの世代の暗号通貨は単純にコインの瞬間的な交換のみがなされるもので1.0と呼ばれています。イーサリアムなどの2.0世代では、それに加えて交換にプラスの付加価値がつけられているのが特徴です。

イーサリアムの付加価値というのは「契約」です。「スマートコントラクト」という言葉で表現されています。これは世の中の契約をネット上で保存・実行していく機能です。

暗号通貨(仮想通貨)2.0とは?

ビットコインの場合はお金の側面だけが注目されておりましたが、ブロックチェーン技術はあくまでネットワーク化したデータです。

そしてブロックチェーン技術を、お金以外のものに応用したのを“仮想通貨(暗号通貨)2.0”と呼びます。独自の通貨、金融など株式や債券、データ上の資産、様々なものに応用できる技術を有しています。

その先駆けとなっているのがイーサリアムです。

スマートコントラクトとは?

続いてスマートコントラクトとは一体どういうものかご説明いたします。

コントラクトというのは「契約」というです。
すなわちスマートコントラクトとは決済+契約の機能を持ったものです。

そして、世の中で起こっている事の大体の事が、お金のやり取りと契約などの決まり事で進んでいて
その契約を自動(契約の自動化)で執行していくもの、それがイーサリアムです。

ビットコインの移転の情報しか書き込めませんが、イーサリアムのブロックチェーンにはより複雑な内容を書き込めるようになっています。

今まで仮想通貨(暗号通貨)は「送金が速い」「手数料が安い」など良い面はありましたが、そこにこの「契約」というものをつけることに成功したのが「イーサリアム」です。

例えば、誰にいくら借りて、担保は何か、返済の期日はいつまでといった契約内容をブロックチェーンに書き込むことができます。その契約は特定の認証機関を通さず、ネットワーク参加者全員で管理されます。

これまでのイーサリアムの状況

イーサリアムは現在ビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨になります。2016年はイーサリアムは様々な出来事が起こりました。

これまで起こった出来事や、価格(価値)の推移などについてご説明いたします。

マイクロソフトとイーサリアムの提携

イーサリアムはマイクロソフトとの提携が発表されたことで一気に注目を集めました。イーサリアムは仮想通貨としてだけでなく、そのプラットフォームの将来性が高く評価されています。

ブロックチェーンの多様性をうまく活用するイーサリアムは、ビットコインなどの従来の仮想通貨と比べると、圧倒的に情報量が多いのが特徴です。

通貨としての機能に加えて多くの情報を書き込めるイーサリアムは、発展性の高さが今後の進化につながるだろうと期待されています。

イーサリアムの価格(価値)の推移

2016年3月に価格が急騰し、プレセールから約60倍もの値上がりを見せました。

このままビットコインを凌駕する勢いでいくと思いきや・・・その後6月にイーサリアムに関連する通貨THEDAO(ダオ)がハッキングを受け、イーサリアムが流出する事件が発生しました。

その後数回のハードフォーク(セキュリティー対策)によりセキュリティーを高める方法を実施して対策をしてきました。

そのようなこともあって、2016年末にかけて次第に価格は下落傾向にはなっています。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、仮想通貨の仕様を変更することを言います。 通常のソフトフォークというアップデートなどとは違い、仕様が変更するため、仮想通貨が分離します。

例えばイーサリアムを持っている人は、第一回目のハードフォークで新しいイーサリアムかイーサリアムクラシックかを選択しなくてはいけませんでした。

その際は当然イーサリアムを開発した会社の意図通り、新しいイーサリアムを選ぶ人が多かったのですが、中にはイーサリアムクラシック(攻撃を受けた方の旧イーサリアム)を選択をする人がいました。

イーサリアムを攻撃したハッカーが、イーサリアムクラシックを買って値段が一時急上昇するなどの突発的なこともありました。

イーサリアムの将来性について

しかし、イーサリアムの未来は決して暗いものではありません。むしろ明るい展望があります。

可能性ではございますがイーサリアムの将来性についてお話いたします。

決済手段としての可能性

次世代ビットコインとして急激に普及しつつあるイーサリアムは、近い将来、世界の決済手段を変える可能性を秘めているのは事実です。

仮想通貨としての役割だけではなく、前頭で述べたように様々な証券、債券などを電子化したり、安全に取引できるという、まさに革命を起こそうとしています。

多様性に活用できるといった点では、イーサリアムはますます広がりを見せていくのではないでしょうか。

価格面からも大きく期待

ビットコインの価格に比べれば、価格は低いので、技術的な先進性を考えれば将来的にビットコインを凌駕する可能性もあります。

今持っていれば、将来大きな利益になるかもしれません。

21017年の仮想通貨について

2017年はまさに仮想通貨元年と言われています。様々な仮想通貨が生まれたり、いろいろなところで仮想通貨を扱う場所が増えていく事でしょう。

どういうところで仮想通貨が使えるようになるのか注目するのも面白いかもしれませんね。

世界の銀行や大手企業が参入

かなり多くの有名企業が仮想通貨に参入していることは知ってますか?

保守的な企業として有名なNTTも参入しています。

もちろん、先進的で有名な、先ほども述べましたマイクロソフト、Apple、goolgeなどこぞって参入しております。

あとは、楽天、IBM、サイバーエージェント、リクルートなども。

では、なぜこのような世界手的な大手がこぞって参入しているのか?

それは、企業なので社会的におおきなインパクトがある「利益になる」と見込んでいるからです。世界や日本の銀行はもうこの状況をほっとける訳はなくどんどん参入しています。

有名なところでは、三菱東京UFJも10億規模で参入してます。MUFGコイン(仮)などが出るのですかね。

日米欧の金融大手銀行が結託して、国際送金の実験を開始するとのこと。日本だけではなく、アメリカの各銀行を始め、カナダやヨーロッパで送金の試験などがとり行われます。

日米欧の主要銀行が行っているとのこと。三菱東京UFJ銀行、シンガポール中央銀行、バンクオブアメリカ、メルリンチ、クレディ・スイス、HSBCなど

もちろんこのような試験は多くの企業を巻き込んで行うようなものですので、将来性に未来のないものに対してはこういった試験を行わないでしょう。

ということは、仮想通貨は今後かなり期待できるのではないでしょうか。

日本での広がりについて

アベノミクス第4の矢となるかもしれないのが仮想通貨。

安倍内閣はビットコインを貨幣として認定し、日本銀行もフィンテックセンターを設立するなど、政府・日銀は急速に仮想通貨の環境整備へ乗り出しています。

東京五輪で急増する外国人観光客のために仮想通貨を活用する動きもあります。東京五輪で活用されるようになれば、仮想通貨全般の値上がりも期待できるのではないでしょうか。

広告やニュースなどで仮想通貨関連の記事や話題などを耳にする機会も増えてきました。今後さらに一般の人々に浸透していけばさらに仮想通貨は広がりをみせていくでしょう。

まとめ

様々な仮想通貨がある中で多方面で技術的な優位性のあるイーサリアムはさらに価格が上がるのではないでしょうか。

今から持っておけばさらに価格が上がるポテンシャルを秘めています。

今後さらに盛り上がりを見せていくであろう仮想通貨市場、ますます私たちの身近なものになっていくでしょう。

ぜひこの機会にビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を持ってみてはいかがでしょうか。

ぜひ仮想通貨の便利さ、可能性を体感してみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する