⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は暗号通貨イーサリアムとは何かについて、またイーサリアムの今後の動きについて様々なデータから考察を行うことによって見ていきたいと思います。

またイーサリアムという通貨がどのようなリスクを背負っているものなのかも見ていきたいと思います。

イーサリアムとそのデータからわかること

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム(Ethereum)とはどのような通貨なのかということですが、イーサリアムとはこの名前が正式名称ではなくイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)という壮大な計画および組織のことを指しているのです。

イーサリアム(Ethereum)というもののユーザーに提供するベネフィットは何かと言えば、ブロックチェーンを新しくつくることによって、今までビットコインでは成し得なかったチューリング完全な言語(どんなアルゴリズムでも書き込むことができること)ができるというプロジェクトです。

イーサリアム(Ethereum)はお金の取り引きおよび決済を自動的にやってくれるという機能を備えてあります。つまり決済と契約を一緒にできるということなのです。

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)の利用方法

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスを利用するためには、まず「ether(イーサー〔ETH〕)」と呼ばれるコインを持っていなくてはいけません。

ではそのコインはどうしたら手に入るのかということであるが、手に入れる方法としては3つの方法があると言えます。1つ目の方法としては、誰かから譲り受けるという方法です。

2つ目の方法としては、「CoinCheck」と呼ばれるコインが取引される場所のサイトへ行って、口座を開設することで購入するという方法です。ここでは日本円で交換することができるというメリットを持っています。

最後の3つ目の方法としては、一部の企業しかやっておらず個人では敷居が高く至難の技のマイニングです。ここに記したような方法によってコインをゲットすることによりイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスを十分に利用することができるということです。

時価相場から見るイーサリアムプロジェクト

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスの動きについて知るには、時価相場総額のグラフから読み取ることが重要です。

このether(イーサー〔ETH〕)コインの時価総額は今現在日本円で、¥113270167371という額を叩き出しており、このことはイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスがどれくらい人気なサービスであったのかを物語っています。

また、ether(イーサー〔ETH〕)コインの価値についても高いということが言えます。このサービスを求めやってくるユーザーがいるからこそこのサービスは成立していると言えます。

このサービスの価値を高めているのは、ユーザーの多さなのかそれともこのサービスのクオリティーの高さなのかはわかりませんが、サービスによってこのイーサリアムプロジェク(Ethereumproject)のスケールが大きいものであることは間違いのないことです。

この数値化されたものがすべてではないと思いますが、この数値化された数値は間違いなくこの企画した会社およびユーザーたちに希望を与えてくれるものであると言えます。

オートバックスの実証実験から見えてくるイーサリアムプロジェクト

オートバックスセブンとベイカレント・コンサルティングが2016年8月から共同で行っていた実証実験の結果が2016年11月に発表された。ここでわかったことは個人と個人のやり取りでは、扱いやすいサービスであるということです。

問題点はいくつかあったが、この個人と個人のやり取りを扱いやすくするということがこのイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)の最大の強みなのです。

つまりこのイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)というのは個人的に使われるよりも業務用として企業で使われて、多くの企業がこのサービスを使うことによってイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)製作会社の利益を上げるとともに価値を高めていると言えます。

やはりこの企業と企業のやり取りが一番多く強いパイプのように思われます。つまり個人より企業で使われる方が多いということです。多分企業向けにつくられたサービスと言っていいと思います。

イーサリアムプロジェクトは他とどう違うのか?

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスが他のものと違う点は何かと言えば、普通のサービスに比べて暗号の文字数が少ないというところにあります。

通常普通のサイトの暗号なら少なくても300行多くて400行までに及びます。こんな行があったら大変疲れてしまいます。そんなことから解放するために出てきたサービスイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスはわずか11行のみという素晴らしくコンパクトにまとまっているものなのです。

コンパクトっていう響きもよくて、これによって効率化も図ることができたと思います。今までには考えられなかった行の短さでユーザーたちを魅了することがこのサービスにユーザーたちを惹きつける元になっていたと言えると思います。

この11行にまとめられたということはまさに革命的な第一歩を踏み出したと言えると思います。自分たちの想像を超えるサービスは世の中にいくらでもあると思います。このサービスは人間のアイデアの素晴らしさの象徴とも言えます。暗号通貨革命の一つと言っていいことだと言えると思います。

イーサリアムの課題と今後の動き

イーサリアムプロジェクトのサービスの課題

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスは上で紹介したようなメリットだけではありません。デメリットも抱えているのです。このデメリットが問題のあるリスクを負っているということが指摘されています。ではその問題とはなんでしょうか。

まず、「イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)」上に構築された事業投資ファンド「The DAO(DecentralizedAutonomous Organization)」と呼ばれるものがサイバー攻撃を受けたためにファンドの暗号通貨が流出したという事件が没発したということです。

なぜこのようなことが起きたのかであるが、ブロックチェーン技術の発展途上と言えます。このようにこれからのイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)の課題としてはサイバー攻撃にも対処できるような強いサイバーセキュリティーシステムが必要です。

セキュリティーシステムが不十分で安全で安心して使えるサービスはありません。セキュリティーがしっかりしたものでなければサービスと呼べないと思います。

イーサリアムプロジェクトサービスの今後

イーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)は今後どのように動くのでしょうか。またどのように動いていくべきなのでしょうか。

この二つの話にどのような背景があるのかということについて今まで述べてきましたが、まず最初に動きについてはこのイーサリアムプロジェクト(Ethereumproject)のサービスで使われるコインの相場にはとても波があるということを頭に入れておくことです。

波があるからこそ思いっきり下がったりする時期があり、跳ね上がったりする時期があるのです。この波を予想するということは株の波をみているほどあまくはありません。二つ目のどう動くべきかということは言うまでもなく、セキュリティー面を強化するということだと言えます。

このセキュリティー面を強化することで、サービスのクオリティーアップにもつながると言えます。このように見えぬ動きの中でやらなければならないことはあるということがこれからの今後ということです。これを生み出した側もわかっていると思うが、突っ込みどころ満載、改善の余地ありすぎが今後のお土産として持ち帰ってもらうべきことです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する