⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、紙幣・通貨は存在しないで、インターネット上にデータとして存在しています。国家や銀行が管理や発行する通貨ではないので、決済は金融機関を通さない為、手数料などはほとんどかからないのです。

個人同士の取引や国を越えての送金や決済などにかかる時間も数秒~数十秒で完了するというメリットがあります。

世界に取引所が開設されればいろんな国の通貨と換金も可能となります。     スマホ一つで決済可能となり、より便利です!

仮想通貨の魅力


日本から別の国へ旅行に行った場合、その国で買い物をする時はその国の通貨に両替をしなければなりません。

日々変動する為替ルートにより、損をしたり得をしたりします。

両替をするには手数料もかかるため少々損をしてしまいます。

仮想通貨には国境がありません。世界中どこででも利用出来ます。為替ルートを気にしたり、両替の手数料も必要ありません。

また、お金を送金する場合は通常手数料がかかります。

例えば日本の銀行で10万円を海外へ送金する場合、まず日本の銀行で5000円の手数料がかかります。

更に、海外の銀行でも10~30ドルの手数料がかかります。結果、合わせて6000円~9000円の手数料がかかります。

仮想通貨なら、相手との直接取引なので、ほとんど手数料がかかりません。

また普通の通貨の場合を送金する場合、銀行が休みになる週末や祝日。営業時間外などには送金出来ません。しかし、仮想通貨なら曜日や時間に関係なくいつでも送金出来るのです。

そのスピードの差も歴然です。

普通の通貨を海外へ送金する場合数日かかる手続きも、仮想通貨なら1時間もあれば完了します。

仮想通貨のデメリット

やはりメリットもあればデメリットもあるようです。

ビットコインの1ビットあたりの値段が変動する

運用され始めは1ビット十円で購入できたものが、いまでは数万円どころか昨年末より10万円を越えるほどになっています。仮想通貨には価格変動があるという事は知っておかなければいけません。

仮想通貨を使ってビットコインで支払えるという場や店舗がすくないこと

少しずつは店舗や引き出しのできるATMなど増えてきていますが、まだまだ地方に暮らす私の県内は一店舗もありません。今後に期待です!!

自己責任で扱うこと

サイバー攻撃や送受信を間違えても誰も保証してはくれないので、しっかりとした管理や注意深く取り扱う必要があります。

最近では、NHKやBSで仮想通貨特集が組まれて放映されたり、本や雑誌で見かけることが多くなってきました。都会に暮らす人達はビットコインが使える店舗も増えてきています。仮想通貨に興味を持つ、ベンチャー関係者、投資家、マスコミ関係者なども多く仮想通貨の取引の仕組みや、専門知識を
教えてくれるセミナーも開催しています。

正しい知識を身につけて仮想通貨取引を始めることをお勧めします。

そしてジャーナリストの池上彰さんも仮想通貨に注目をしているようです!

仮想通貨と池上彰さん

池上彰さんのことを知らないという人は、あまりいないのではないでしょうか?色々な番組に出演されていて、難しい経済の複雑なことや内容を非常にわかりやすく説明してくれます。

池上彰さんの経歴

1950年8月9日生まれの長野県出身のジャーナリスト。

1973NHK記者として入局(同期にアナウンサーの大塚範一氏)

1989年「ニュースセンター845」のキャスターを担当

1991年「イブニングネットワーク」を担当

2005NHKを退職してジャーナリストに転身する

200810月「学べる!!ニュースショー」にレギュラー出演(かなり好評だったようです) その後に「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」と改名してレギュラー化された

20107月 参議院選挙の際にテレビ東京の選挙特番を担当( その後も同局の選挙の際にMCを務める)

 2016年 池上氏と「池上彰の選挙ライブ」が菊池寛賞を受賞する

高視聴率をとっている池上彰氏の特番は「わからない」を「わかる」ように努力を積んできた結果、説明がとてもわかりやすく小学生でも丁寧に理解できるように説明してくれるのが人気の秘訣です!

仮想通貨のことをテレビで取り上げられる

2016年にジャーナリストの池上彰氏はテレビ放送で【仮想通貨となにか?】についてとりあげていました。とてもわかりやすく説明されていて、今でも動画で観ることができますので仮想通貨やビットコインを知らない人にも観てほしいなって思います。

池上彰氏は「仮想通貨に対して注目をしてもいいのでは」とテレビでも発言している通り、今年はこの仮想通貨の投資する人もどんどん増えていくのではないでしょうか?!

2016年の12月はビットコイン相場は高騰し大きく盛り上がりを見せていました。そして昨年、日本でも金融庁が「ビットコインは通貨である」と定義づけ、資金決済法を改正してビットコインを通貨と認める法案が国会に提出されると大きく報道されました。

インターネットが「情報」という分野で大きく時代を変えましたが「仮想通貨」が「お金」に関して今後、大変革をもたらそうとしています。2017年はますます認知度もあがり全国にビットコインが現金に両替できるATMや、ビットコインで買い物や食事ができる店舗も増えていくことでしょう!!

そんな中で池上彰氏のテレビでも大きく取り上げられていた【マウントゴックスという取引所】のことや【ビットコイン】について主に話されていました。やはり仮想通貨のコインを持つということは、それをどう保管しておくべきなのか?!とても重要なことだと私は思いました。

大切なビットコインを保管する方法

2016年の年末から今年に入って大きく価格が変動しているビットコインですが、せっかくのビットコインをなくしてしまったりハッキングされてしまっては大変です。より安全に保持、保管、利用するための基本的な方法を探してみました。

復元フレーズをバックアップしよう

ほとんどのハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレットは復元フレーズという12、18、または24の単語でバックアップをとることができる。   その単語を順番に紙に書きとめておき安全なところに保管する方法です。  ウォレットのバックアップは必ずしておきましょう!

リマインダーの設定をする

定期的にバックアップやウォレットのチェックをして3カ月か6カ月、1年に一度はチェックするためのリマインダーをカレンダーに追加してみましょう!

ハードウェアに保管

スマートフォンのウォレットは持ち歩ける財布で便利がいいのですが、多額な場合はハードウェアウォレットかコールドストレージに移動しておきましょう。ハードウェアウォレットは簡単に使えてビットコインを保管する最も安全な手段の一つと考えられています。

取引所を保管場所にしない

取引所は自分の残高を照会することはできますが秘密鍵をコントロールできているわけではない。もしその取引所がハッキングされた場合は資金を失う可能性があるので必ずウォレットに移動させましょう。

2段階認証にアップグレード

ビットコイン関連のアカウントや重要なオンラインアカウントに2段階認証を追加しましょう。最もおススメなのが、2段階認証はセキュリティトークン(ハードウェアトークン)で2,000円から3,000円前後で購入することができるようです。

安全に保持、保管、利用できるウォレット

日本語対応の人気ウェブウォレットがいくつかあります。

ブロックチェーンウォレット

ロンドンとNYにオフィスがあるウェブウォレット最大手。日本語にも対応していて使い勝手がとても良いので私も利用しています。

ハードウェアウォレット

最近ではお洒落なタイプも出ているようです。とてもコンパクトなハードウェアタイプのウォレットです。
パソコンに常時接続しておく必要がないのでクラッキング等でビットコインが盗まれる危険はありません。

ペーパーウォレット

紙にビットコインアドレスと秘密鍵を印刷したものです。しかし、このペーパーウォレットは焼けてしまったり紛失してしまうとビットコインが無くなる可能性大です。

今、現在わたし自身は大きな額のビットコインを保有していないのでブロックチェーンのウォレットだけですが今後は増える可能性もあるのでハードウェアタイプのウォレットを検討したいと思いました。

まとめ

やはりジャーナリストの池上彰氏がテレビでビットコインについてを放映するだけでも影響力が大きく、今後も仮想通貨をテレビに紹介されることも増えると思います。

沢山の方に知ってもらうだけでなく保有するときに気をつけてほしい事を今回書いてみました。少しでも参考になっていただけると嬉しいです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する