⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

プレセールが1月31日に終わって話題になっているエイダ(ADA)コインとは何なのか。またこれからエイダコインはどうなっていくのかということについてまとめていきたいと思います。

このエイダコインがこれからどうなっていくのかは様々な観点から見ることが必要です。

暗号通貨エイダコインとは何なのか?

《使える場所から見るエイダコインとは》

次世代のゲームと言われるオンラインゲーム「CARDANO」(カルダノ)というものの中で、使われる暗号通貨と呼ばれるものが、通称ADA(エイダ)コインと呼ばれています。

ではまず最初にこのADA(エイダ)コインがどんなものか理解するにはこのADA(エイダ)コインが使われるゲーム「CARDANO」(カルダノ)というものがどういったゲームであるのかを理解しておかなければならないと言えます。

このゲームは、プログラムに準じてADA(エイダ)コインの取り引き自動的に行われるという、契約の隠蔽及び不実行などの不正行為を生じさせることはないシステムによって管理されています。

またこれはカードゲームであり、不特定多数のサーバーで無作為にマネージメントをし、不正な操作がおこなわれるということは決してないというオラクルベルシステムがあるので、全てのプレイヤーがみんな同じスタートだということです。

このゲームは世界中の誰もが遊べて、世界中の誰もが自分のゲームをつくることができるというものです。このようなことからサーバーを通さずして遊ぶものどうしで自由にオーナーになったり、遊ぶ人になったりすることができるものです。

ADA(エイダ)コインの購入方法

ADA(エイダ)コインはどうしたら手に入れることができるのかということですが、簡単に説明すると日本円をまずアメリカドルに替え、その後ビットコインに替え、やっとADA(エイダ)コインに替えることができます。

ビットコインを持っている人はそのままADA(エイダ)コインに交換することができます。

詳しく説明していくと二つの交換するケースがあります。

ビットコインの交換代行手数料を日本円で送金

 

このときの注意点として交換するときのレートは一定ではなく、変動する可能性もありますがアートコーポレーションは一切責任を負いかねないということです。

交換希望金額に相当する料金を送る

 

一つ目のケースは、会社側でやってくれることが多いので時間がかかると思われます。二つ目のケースは途中まで交換したものを持っているので、早く手続きが済むということです。エイダコインのこれから先はどうなっていくのか?

ADA(エイダ)コインに関するホリエモンの発言に関すること

なぜこのことについて書くのかと言えば、エイダコインと検索するとなぜかホリエモンというワードが浮上してくるのです。

ホリエモンとこのADA(エイダ)コインの関係性について軽くまとめてみようと思い、書かせていただきます。

まずこの発端となったものが、ホリエモンに対してBTCNの編集長がおこなったインタビュー「ビットコイン(bitcoin)普及への道筋」というもので、ホリエモンはこの仮想通貨(暗号通貨)がオンラインカジノとの相性は抜群であると述べたのです。

つまりオンラインカジノで持ってこいのものであるという部分が、「CARDANO」(カルダノ)で使われるADA(エイダ)コインの考え方と同様であるとして、たくさんの人がADA(エイダ)コインを考えるときにホリエモンの発言を検索しているということです。

このように何かの参考として不特定多数の人に検索されて浮上してきたワードがホリエモンで、実際にはそのホリエモンの意見というものが今の日本でどこまで通用するものなのか見通しはついていないと言えます。

この意見が参考になるのかならないのかはよくわからないと言えます。

ADA(エイダ)コインの評判について

どんなものにも必ず評判はつきものです。

このADA(エイダ)コインはどんな評判がよせられているのかということについて軽くまとめていきます。まず、この暗号通貨を使う必要があるという人が少ないという意見が上がっています。

それはなぜかと言えば、日本という国は基本的に海外送金をするということが少ないからであると言えます。

さらにこのような声も聞かれます。

ビットコインなんてもう古いでしょという声です。

なぜこんな声が上がるのかと言えば、ビットコインに交換できるだけでなく、いろんなことができるものが欲しいという要望に応えて生まれたからです。

そんな最中に生まれたサービスが、「CARDANO」(カルダノ)というゲームおよびADA(エイダ)コインだったというわけです。

今後このADA(エイダ)コインという暗号通貨が世界中で評判になっていくこととと思われます。

人々のニーズに応えたからこそ生まれたサービスなので、世界からの評価にしっかりと値するものであると言えます。

このサービスが生まれたことによってビットコインの評価も向上していくと言えます。

《ADA(エイダ)コインの人気について》

ADA(エイダ)コインの人気はどのくらいなのかということについてここでは軽くまとめていきたいと思います。

まずインターネットの検索をかけると出てくる件数から見て、Yahoo!JAPANでは2090件、Googleでは1710件があげられます。

なぜこんなにまでこのADA(エイダ)コインについてヒットするものが多いのでしょうか。

その理由としてはまず暗号通貨を知っている人にとって使いやすいものだからと言えます。

ニーズに応えたことによってつかんだ人気、この人気はこれ以上のサービスがあらわれることがない限り続くものであると言えます。自由な空間および時間というものが与えられた場所であるからこそ、ずっと変わらずに人気はあるものであると言えます。

このADA(エイダ)コインと呼ばれるものの人気は暗号通貨を使ってるユーザーにはこれからも長く愛されていくものであると言えます。世界の人と繋がれるところに、いろんなことができるところにというような感じで人気はこれからも上がることだと思います。

今後も様々な形でさらに人々の人気に応えてくれると思います。

この人気に応えていく力があるものだから、好まれ人気は変わらずにあるのだと言えます。

今から見るADA(エイダ)コインのこれからの値段と価値上昇率

ADA(エイダ)コイン1エイダの値段は徐々に上がってきてはいますが、プレイセール期間中で日本円であわらせば、0.3円です。1円にもなりません。期間外であればこれよりも低い額ということになります。

これには価値を決める方程式というものがあり、ユーザーの参加人数×動くことのない通貨総量を求めたものです。

つまりこのADA(エイダ)コインの価値が高まるのには四つのステッステップがあります。

1つ目としてプレセールによるADA(エイダ)コインの交換です。

2つ目に「CARDANO」(カルダノ)がより多くの人に普及するということです。

3つ目に普及したことによるユーザー数の増加です。

最後にADA(エイダ)コインの価値が上がるという期待が必要です。これら全てがそろって価値が高まっていくのです。

これからもっとこの「CARDANO」(カルダノ)というゲームの知名度が上がることによってユーザーが増えていき、ADA(エイダ)コインの価値が高まるように元からいるユーザーも期待を抱くことによって価値を上げていくと言えます。これからがADA(エイダ)コインの価値が高まる時代なのです。

《ADA(エイダ)コインの将来性》

最後にADA(エイダ)コインはこれから先どのようになっていくのかということについてまとめて終わります。

ADA(エイダ)コインによってこのゲーム基盤を据えることで、AppleStoreやGoogleplayなどと肩を並べることができるサービスになると言えます。

このプレイヤーでもゲームのオーナーにでもなれてしまうということが素晴らしいサービスなのです。

この誰でも企画および参加ができるものであるからこそ、発展していって年々ユーザーの参加人数が増加しており、これからもユーザーの参加人数が増加して、価値を高めることにつながってきます。

サービスの質がものすごく高いものであり、これからももっと目覚ましい発展を遂げていってくれることだと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する