⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ノアコインの相場と今後の動きについて予想していきたいと思います。仮想通貨は一年で価値が何倍にも膨れ上がる事があります。

仮想通貨投資を実践してる人には、かなり気になる情報になってるのではないでしょうか?

仮想通貨ランキング


仮想通貨(暗号通貨)ランキングサイトで知られる 『CoinCap:コインキャップによる最新ランキングデータ、上位10。

※ 時価総額、1日の取引額は、$ベース。現在価格は、円ベース。(2017/02/04/21:24)

1. Bitcoin ビットコイン BTC

・時価総額:$16.321.327 ・現在価格:114.241円 ・取引額/Day:$141.274.000 ・相場/Day:-0.4%

2. Ethereum イーサリアム ETH

・時価総額:$993.669.401 ・現在価格:1269.2575円 ・取引額/Day:$13.909.400 ・場/Day:4.11%

3. Ripple リップル XRP

・時価総額:$239.120.274 ・現在価格:0.7338円 ・取引額/Day:$322.622 ・相場/Day:-0.60%

4. Litecoin ライトコイン LTC

・時価総額:$198.845.412 ・現在価格:453.0841円 ・取引額/Day:$6.583.970 ・相場/Day:-1.36%

5. Monero モネロ XMR

・時価総額:$178.725759 ・現在価格:453.0841円 ・取引額/Day:$2.745.610 ・相場/Day:2.1%

6. Dash ダッシュ DASH

・時価総額:$122.706.212 ・現在価格:1960.8333円 ・取引額/Day:$1.896.620 ・相場/Day:1.38%

7. Ethereum Classic イーサリアムクラシック ETC

・時価総額:$121.818.639 ・現在価格:153.4962円 ・取引額/Day:$862.237 ・相場/Day:1.08%

8. MaidSafeCoin メイドセーフコイン MAID

・時価総額:$66.595.707 ・現在価格:16.6448円 ・取引額/Day:$490.307 ・相場/Day:-1.15%

9. NEM ネム XEM

・時価総額:$62.793.647 ・現在価格:0.7892円 ・取引額/Day:$412.300 ・相場/Day:4.40%

10. CageCoin カゲコイン CAGE

・時価総額:$54.647.286 ・現在価格:0.0611円 ・取引額/Day:$3.626 ・相場/Day:28765.74%

Bitcoinの時価総額を支える外的要因


アメリカの金融政策のみならず、その動向は世界経済にも多大な影響をもつ 【FRB】(米連邦準備理事会)によるビットコイン(仮想通貨)評価として、犯罪組織などによるマネーロンダリングに利用されかねないといったリスクはあるものの、ビットコインに代表される仮想通貨システムそのものについては、「長期的には有望。」、「FRBにビットコインの監督や規制をする権限は全くない。」、「ビットコインに関連するいくつかのアイデアには価値がある。」など、比較的好意的なことが伺えます。

こうした当局の見解、背景を追い風に、日々開発・更新される新技術によるシステムの堅牢性の向上や、電子決済機能の強化による利便性の向上やサービス拡充に平行して、実際にコインを売買する仮想通貨取引所(仮想通貨の保管・交換、売買取引・決済業務)が整備され、飛躍的に信頼性が向上しています。

そうした環境整備が好感された仮想通貨の基軸Bitcoinビットコイン の時価総額は、昨年12月22日に過去最高額となる140億ドルを突破。その後も堅調に推移し、2017年2月4日現在では160億ドル(約1兆8.050億円)の大台にのせました。

また、1Bitcoin あたりの価格は、2013年につけた最高値 127,800円/BTC には及ばないものの、116.000円台(2017/02.04)の高水準を維持しています。

出資する企業が続出

2015年にUSAA銀行、BBVA銀行(ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア)といった世界的なメガバンクに加え、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、日本国内最大手の通信事業者NTTドコモなどから出資を受けるビットコイン関連企業 『Coinbase社』が、シリーズCラウンドを通じて7.500万ドル(約84.6億円)もの資金調達を成功させるというエポックメイキングともいえる出来事がありました。

世界的なメガバンクやニューヨーク証券取引所から大規模な投資を引き出せたという事実は、金融業界、証券業界から仮想(暗号)通貨のビットコインが理解されたことであり、同時に、その可能性・将来性が認められたということです。

また、2016年に入ってからサービスを開始したJ-Bits、BITPOINT、フィスコ仮想通貨取引所などの外資系上場企業グループの参入を始め、日本国内では、SBI証券、住信SBIネット銀行など金融事業を多角的に展開するSBIグループ、外国為替証拠金取引(FX)等の金融デリバティブ取引関連事業を中心に展開するトレイダーズホールディングス、世界No.1のFX取引高を誇る「GMOクリック証券」を擁するGMOインターネットグループなどが、相次いで参入しています。

プレセールでの購入は有利

仮想通貨(暗号通貨)の取引は、基本的にWEBサイトの取引所に公開された後、当該コインの売買が行われるというのが一般的ですが、昨今の傾向として、株式市場の新規上場株の取り引きの際に用いられる

【IPO:Initial Public Offering】制度同様に、運営側が一般公開の前にクラウドファウンディング(プレセール)というものを設定して資金を募る【ICO:Initial Coin Offering】という手法が多く採用されています。

一般公開前の売買ですから、未公開の仮想通貨を販売することになり、公開するまでの流動性(換金・売買)はないものの、公開者側もプレミア価格を設定するなどして、購入者にメリットあるようにしているようです。

『ノアコイン』についても上記の【ICO】(プレセール)が設定されており、一般公開の2018年6月12日(フィリピン独立記念日):世界全域での販売以前に、第1期~第4期までのプレセール期間が設定されています。

ノアコイン販売スケジュール詳細

第1期プレセール

予定販売価格:1口$1.000 1ドル 日本とフィリピンのみで販売

2017年1月11日~2/19日:100NOA 144円 販売上限23.11億NOAH

第2期プレセール予定

販売価格:1.14ドル 日本とフィリピンのみで販売

2017年4月3日~5月28日:100NOAH 164円 販売上限 55.85億NOAH

第3期プレセール予定

販売価格:1.18ドル アジア全域で販売

2017年7月24日~10月1日:100NOAH 169.9円 販売上限 111.88億NOAH

第4期プレセール予定

販売価格:1.22ドル 世界全域で販売

2017年12月11日~2018年4月3日:100NOAH 75.6円 販売上限 241.16億NOAH

一般公開予定

2018年6月12日(フィリピン独立記念日):世界全域で販売

2017年1/11~2/19日に第1期プレセールを迎えた『ノアコイン』。販売地域は日本とフィリピンに限定されており、初値は、100NOAHコイン=144円の設定価格となっており、販売上限金額は、23.11億NOAHといいます。

第1期プレセールの1NOAH=約0.69円となり、第4期のプレセールでは、1NOAH=約0.84円の設定単価となっています。ノアコインのプレセール期間は約1年4か月に及ぶものですが、総発行上限数2160億NOAH に対して、プレセール期間内の発行上限枚数は、20%相当の432億NOAH となっているようです。

プレセール価格と公開価格


これらをみると、早期に購入すればするほど、有利な単価での購入が可能となっており、一般公開後のキャピタルゲイン(値上がり益)も発生しやすくなっているといえます。

過去に破綻したコインの例では、このプレセール期間中の値上がり幅が2倍以上になると危険水域とされ、公開日初日に利益確定の売りが集中してしまい、公開→即暴落といった状況になる事例が多いようです。

そうした例を念頭に『ノアコイン』をみると、プレセールの販売額から公開初日の初値におけるキャピタルゲイン(値上がり益)について、数倍~数十倍という大幅なものは見込めないものの、コインを保有することによって受け取れる『ノアコイン』ならではの利益システムがあります。

保有するだけで受け取れる高配当

フィリピン国内において着実に普及しているという 『BitCoin:ビットコイン』 の規制に伴い、フィリピン政府や国内の主要銀行がフィリピン発の仮想(暗号)通貨である 『ノアコイン』 の流通システムの整備、普及推進を、挙国体制で支援していく合意がなされています。

これまでの既存通貨とは異なる最大の特長として、保有する 『ノアコイン』 には、初年度~40年間、高配当が付くという特典が用意されています。(内訳:POS(イーサリアム型)複利配当で1年目20%、2年目17.20%、3年目14.79% と毎年の配当利率が0.86倍に設定されており、その期間は40年間に及びます。)

まとめ


マーケットの信頼性・安全性が飛躍的に向上したことによる取引ユーザー数(口座数)の増加が見込まれる今後は、日本国内の法整備も進み、コイン購入時の消費税免除などもあり、更に活発な取引が行われると確実視されています。

こうした時期に第一期プレセールを迎えるノアコインは、その特色もあり有望視されていますが、最終的にはビットコインと比較して優位性を発揮できる機能・魅力が必要であることは言うまでもありません。

最大の特長であるフィリピン国内でのプラットフォームや保有コインに対する高配当システムがどのように評価されるかが大きな鍵となりそうです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する