⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はカウンターパーティー(counterparty)という暗号(仮想)通貨についてみていきます。

カウンターパーティー(counterparty)について詳しくwalletまでみていきます。

《カウンターパーティー(counterparty)という暗号(仮想)通貨》

カウンターパーティー(counterparty)は、ビットコインのブロックチェーン上に作られた、ビットコインの機能を拡張するプロトコルだと言えます。主な機能として、独自通貨(トークン)の簡単発行,コーディングなどの知識必要なしで簡単に自分の通貨を発行することができます。

また、一度発行したトークンを後で追加発行したり、これ以上発行できないように発行量をロックすることもできるのです。トークンの分散取引は、カウンターパーティー(counterparty)上で作成されたトークンには自動的にそれぞれ分散マーケットが用意され、ブロックチェーン上で直接P2Pで信頼不要のトークン同士のトレードが可能です。

またスマートコントラクトと呼ばれるものもありまだテスト段階ではありますが、カウンターパーティー(counterparty)はEthereumのスマートコントラクト機能をコピペすることで、ビットコインのブロックチェーンを利用したスマートコントラクトを可能にしています。他にも細かい機能はありますが、上記3つがカウンターパーティー(counterparty)の主な機能です。

《ビットコイントランスアクション+付属データ》

カウンターパーティー(counterparty)は簡単に言えば、ビットコイントランスアクションに追加の(メタ)データを入れ込むことで、そこにトークンの情報(送信量、送信先など)を付与しています。

個人のアドレスがそれぞれあり、Blockscanというものがあって、カウンターパーティー(counterparty)のトランスアクションを識別できるExplorerです。これを見れば自分のアドレスがどのトークンをどれくらい保有してて、またこのアドレスが受け取ったトークンや送ったトークンが全てわかります。

もちろん通常のBitcoin Explorerのように受け取ったビットコインの値なども確認できるのです。そして自分のアドレスをビットコインのトランスアクションしか識別できないBlockchain.infoで見てみると、「出力アドレスをデコードすることができません」という表示が出ます。

これがつまりカウンターパーティー(counterparty)のトランスアクションで、Blockchain.infoでは識別できませんよって言われている感じです。ブロックチェーンのトランスアクション上に確かに存在するけど、このExplorerでは対応していないだけということだと言えます。

《カウンターパーティー(counterparty)の利用にはビットコインが欠かせない》

よくある質問の一つに、カウンターパーティー(counterparty)のトークンの送信手数料はどうなっているのかというものがあります。ビットコインを送る時には数円程度のビットコインでの手数料が必要になってきますが、例えばCNPCOINを送る時には同様にCNPCOINで手数料を払うのかと言えば、Counterpartyで作ったトークンの送信には、ビットコインの手数料が必要です。

ではこの手数料は誰に渡されるかというと、ビットコイン同様、ビットコインのブロックチェーンを維持しているマイナーに渡されます。カウンターパーティー(counterparty)のトランスアクションは基本的にはビットコインと同質のものなので、トークンの送信の確認(Confirmation)はビットコインのマイナーがやってくれるということです。

トークンの送信確認はビットコインマイナーがやるわけですが、手数料は実はビットコイン送信より少し多めに要求されます。今のレートだと一回のトークンの送信に5円程度かかります。(ビットコインなら3円くらいでいける)これは、カウンターパーティー(counterparty)のトランスアクションは、ビットコインマイナーから見たらただの少額のビットコイントランスアクションでしかなく、処理をしてあげるインセンティブが弱いからです。

詳細は省略しますが、トークンの送信にはビットコインが必要で、マイニング、トークン送信の確認作業はビットコインのマイナーがやっていること、通常のビットコイン送信より手数料が多くかかると認識していればとりあえず十分だと思います。

《カウンターパーティー(counterparty)のマイナー通貨》

さあちょっとずつ訳がわからなくなってきたかもしれないですが、次はカウンターパーティー(counterparty)のネイティブ通貨XCPについてざっくりと説明します。カウンターパーティー(counterparty)が始動した時にビットコインを燃やす(Proof of Burn)ことでXCPという暗号通貨が作られたのです。

この時点で「は?」となった人も多いと思いますが、Proof of Burnについて調べることお勧めします。さて、詳細はとばしてXCPってそもそも何に使われるのかについてですが、XCPは新しい独資通貨(トークン)の発行,スマートコントラクトの実行の二点が主な機能です。

スマートコントラクトはまだ実際には動いてはいないので、新しいトークン発行時に0.5XCP(今のレートで100円程度です)が必要になります。(使用されたXCPは使用不可能な状態に燃やされます。つまり、XCPの総供給量はどんどん減って行っているということです。)これは基本的にスパム対策で、誰かが大量のトークン名をコストなしで一気に登録するのを防ぐためです。

カウンターパーティー(counterparty)のトークン名はドメインのように一度とったら自分のものになり、例えばCNPCOINというトークン名を他の人が勝手に使うことはもうできなくなっています。また、トークン名を他の人に譲渡したりすることもできるのです。

ちなみに、トークンを個人的に大量に作成する人をSquatterとか呼び、例えばJAPANというトークン名などいわゆる「いいドメイン」はほぼ抑えられてしまっています。彼らはXCPを大量に消費しているということです。

なお、XCPはPoloniexなどの取引所で購入することが可能になっているのです。

《カウンターパーティー(counterparty)のウォレットの軽い紹介》

一つだけ紹介するのはCounterwallet.ioというもので、オリジナルのWeb版のウォレットです。上で説明したカウンターパーティー(counterparty)の機能は全て利用することができます。

カウンターパーティー(counterparty)のフルスペックWalletです。一年ほど前にリリースされたものですが、いまだに使えるレベルではあると言えますが、残念なことに結構不安定だったりして、バグも結構たくさんあります。

最近だとこちらのCoindaddyのWeb Walletの方が安定しているのです。見た目および機能などは全て同じものなのですが、別サーバーを使っておりこちらの方が正直最近おすすめです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する