⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

これから先数年にわたり仮想通貨バブルが始まります。その規模は 約1兆円とも言われております。仮想通貨の市場における規模は、今年から5年以内に約6,000倍に拡大するだろうと予測されております。

世界全体の通貨総量は日本円で約8,100兆円と言われていて、 その全額がデジタル通貨(仮想通貨)と入れ替わるという見解です。さて仮想通貨asecコインの購入方法はどのようになっているのでしょうか。

 なぜ仮想通貨が流通するのか

2017年は仮想通貨元年と言われ、ビットコインとアルトコインは想像以上に日本でも認知され実用での利用が始まってます。

仮想通貨がなぜ流通するのか

・日本政府が「仮想通貨を通貨と同じ扱いをする」と宣言し、実質的に仮想通貨を認めた。

改正資金決済法が2016年5月25日に可決されております。

・東京三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行すると発表した。

2017年秋に発行が予定されており、みずほ銀行や三井住友銀行も同じく発行の準備を行っています。

・日本銀行総裁の黒田氏が紙幣は無くなると表明した。

将来には仮想通貨が紙幣に変わり、日本円の現物の紙幣が無くなると発表しております。

・ブロックチェーン技術は、専門的技術者なら誰でも認める最高水準のデジタル技術である。

世界中のメガバンクが注目したのはこのブロックチェーン技術で、世界の送金概念が大きく変わろうとしています。

これらの事により、これから将来は現物の通貨に代わって仮想通貨が利用されることは明白になっています。

仮想通貨は、3,000種類以上あるとされており、ほとんどが世の中に流通しないコインとなり消えてなくなります。実用されている仮想通貨には明確な使用目的があります。それは、国単位ではなく、世界単位で行うものです。

ASEC(エーセックコイン)とは

ASEC coinとは、エーセックコインと呼びます。東南アジアの貧困対策とタイの巨大都市開発計画、ASEANの経済発展のために開発された新興の仮想通貨コインです。

 ASECコインの概要

ASECコインのブロックチェーンはイーサリアムブロックチェーンをベースに改良された、 ASECオリジナルのブロックチェーンとして成り立っています。


 ※イーサリアムベースのブロックチェーンはオープンソースのソフトウェアで、これを元に独自に改良を行いASECコインが開発されております。
・その特徴としては、特定の中央管理組織が存在しない分散型台帳技術であり、セキュリティ性に優れており、取引履歴の透明性も高いので改ざんはほぼ不可能と言われる。ブロックの生成時間は約10秒(ビットコイン10分、イーサリアム15秒)と早く、イーサリアムと同様にスマートコントラクトの記述も可能で、POSとPOWのハイブリッドタイプで、「ASEC」と呼ばれるASECコインの報酬を目的としてマイニングも可能であり、ASECコインのブロックチェーンは2017年8月頃に完成する予定です。

ASECコインの運営

ASECコインのブロックチェーンの完成後に、APP、GooglePlayのアプリをリリースして、
 保有コインの管理や決済、送受信を簡易的に実行することができるようになります。
 ※ただしブロックチェーン・アプリの完成時期は開発の進捗状況により変更される可能性があります。
運営組織はASEC FRONTiER.INCでエーセックコインの発行元で、取引所の設立と取り扱い店舗との契約など、エーセックコインの流通を新規開拓し普及を図る運営の組織となっております。このプロジェクトの中心人物は、Dr.カゼー(カゼー・チャナオン)です。Dr.カゼーは世界の19カ国が加盟するADPCの会長で創設者です。

ASECコインの目的

一つの目的は、東南アジアの貧困救済であります。もう一つは、タイ国の大規模都市開発計画です。エーセックコインは貧困対策と都市開発という二つの大きな目的を持って動き出すのです。エーセックコインを購入するということは、東南アジアの貧困対策に貢献出来るということです。

ASECコインでなければならない理由

貧困救済にはコインのプレセールの収益が必須条件(独自の仮想通貨発行の必要性)であり、まず都市開発資金として活用する必要があり、その後は開発した都市内で流通させる取り扱い通貨として普及させることが重要です。タイ・ダイヤモンド・シティという巨大都市開発の計画が実際に進められているようです。

この事業開発費用にエーセックコインが使用される事が確定しているとのことです。工事費、資材購入、人件費、あらゆる必要経費にエーセックコインが使用されるのです。これらがエーセックコインの特定の使用目的であり、巨大都市開発には巨額の費用が必要で、その総額は日本円で何兆円規模にもなるようです。完成したダイヤモンド・シティでもエーセックコインは当然ながら使用することが出来ます。

ASECプロジェクトとは

ヨーロッパには欧州連合のEUがあり、共通通貨はユーロです。アジアには東南アジア諸国連合のASEANがありますが、共通通貨は存在してません。インドシナ半島のカンボジアから、ベトナム、ミャンマーの経済圏をASEANの原動力でもあるタイを中心にして、共通仮想通貨としてASECコインを普及させる。「アジアの中にユーロを作る。」これがASECのプロジェクトのテーマなのです。

ASECコインは投機性はもちろんですが、利便性を高めるために2018年の末には取扱店2,000店舗を目標に使用環境を継続的に構築していくようです。アジアの南部経済回廊地域の国々の人達の生活に必要不可欠であるものにする為に、タイやその周辺国と繋がりの深い元大臣でもあるカゼー氏の影響力を考えても、かなり期待できるのではないでしょうか。

その他に、タイを代表するサイアム弁護士や、IT企業の法律問題に特に強い弁護士を顧問に置くなど万全な体制をとっています。ASECコイン自体は2016年の10月からクラウドセールされていますが、今のところほとんどプロモーション活動が行われておらず水面下で着々と準備している段階のようです。2017年の夏には中国での販売が開始されるようす。

ASECコインの購入方法

ASECコインのプロモーション

2018年からの本格的なASECコインへのプロモーションになりそうなので、ASECの名前を一般的に聞くようになるのはその頃からでしょうか。プロモーションになってからこのコインを購入するのか?という判断をする人が増えることでしょう。その時には1エーセックコインいくらになっているのでしょう。

販売計画によりますと1ASEC=10セントから始まり、毎月金額は上がっていく方針です。2018年10月に取引所がオープンする予定です。そこで初値が決定します。
※17年3月現在15セントに上がっています。残念ながら現在はインターネットでは一般的にASECコインを購入することは出来ないようです。

まとめ

数年以内に世界で産業革命以来の経済革命が起こると考えられ、その波に上手く乗ることが出来た仮想通貨長者が誕生するでしょう。この時代の流れが「仮想通貨バブル」と呼ばれています。

私たちも時代の流れに乗り遅れないように常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

ASECは仮想通貨の分散投資の一つとして面白いと思いますが、取引所の開設予定が2018年末になるので、少し長いスパンで検討していく必要があるでしょうね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する