⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなどの仮想通貨も高騰している昨今ですが、今後、最も値上がりを期待できる仮想通貨ってどんなものだと思いますか?

それは、まだ公開されていない新しい仮想通貨のうち、今後普及しそうなものを選んで買っておくことです。でも、どうやって未公開の仮想通貨の情報を知りうるのでしょうか?今回はプレセール中の通貨をランキング形式で知ることのできる方法についてまとめました。ご参考になれば幸いです。

仮想通貨とは?

まず、そもそも仮想通貨とはなんだろう?という方のために簡単に解説します。

仮想通貨とは、正式には暗号通貨=cryptocurrencyといいます。

インターネットを通じて世界中の不特定多数の間で物やサービスの対価として使用でき、中央銀行などの公的な発行元や管理者が存在せず、専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの法定通貨と交換できる通貨のことを指します。

電子マネーやポイントみたいなものをイメージしていただければ良いでしょうか?ただこのポイントみたいなものはあっという間に世界中の一個人に直接送金したり受け取ったりできて、かつ法定通貨にも取引所を通じて交換できて相場も形成しています。

特定の狭い領域でしか使えない電子マネーやポイントとは大きく違うものになります。

仮想通貨の中でも最も有名で、かつ盛んに取引されるだけでなく、支払いなど日常生活の場にもどんどん広がっているのがビットコインです。

ビットコインの最大の特徴は、中央銀行などの公的な発行者や管理者が存在せず、そのシステムの仕組みだけで自動的に運営・維持されることにあります。つまり、もしビットコインが世界中で本当に頻繁に使われるようになると、国家ごとの法定通貨が不要になってしまいます。つまり、中央銀行をふくめ、銀行の存在意義がなくなってしまう恐れがあるくらい、インパクトのある通貨、それが仮想通貨なのです。

法律で決められた仮想通貨の定義とは?

日本でも2017年4月1日に施行された改正資金決済法において、はじめて仮想通貨が法律上定義されました(以下、資金決済に関する法律 第二条 5より引用)

“この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移することができるもの“

仮想通貨の市場が拡大する一方、法整備は全く遅れている状況でしたが、まずはこの法律によって、仮想通貨が国のお墨付きをもらった決済手段となりました。次は現在仮想通貨の購入時にかかっている消費税がいつなくなるのかが焦点になっています。

仮想通貨プレセールとは?

さて、そんな仮想通貨ですが、2017年、ビットコインが1BTC=10万円→30万円に急騰したり、リップルの価値が数倍に跳ね上がったり、イーサリアムが急上昇したりと投機の世界で盛り上がっています。

せっかく仮想通貨を持つなら、これから値上がりする通貨を持ちたいと思いませんか?

仮想通貨の値上がり益を狙うのであれば、株式でいうところの未公開株に相当する未公開仮想通貨を買うのが最も効率よく値上がりが見込めます。

未公開株の販売のことをプレセールと言いますが、よくIPOと略されている専門用語で表されています。あなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

IPOとはちなみにInitial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」となります。具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

これに対して未公開仮想通貨のプレセールはICO: Initial Coin Offeringと略されています。

仮想通貨は一般的に仮想通貨取引所を使って売買ができます。しかし、全ての仮想通貨が取引所に上場できるわけではありません。また、注目度が高くなければ上場しても取引されずにそのままその仮想通貨は終了してしまいます。

そこで多くの仮想通貨は上場前にプレセール(ICO)を行って、ある程度その仮想通貨を出回らせておくという措置をとります。

ICOの多くはクラウドファンディングを通じて行われます。資金を募って報酬として未公開の仮想通貨を受け取れるというしくみです。

有力な仮想通貨のプレセールは非常に人気があり、1日経たずして完売になるケースも多いです。上場すればプレセール時の価格よりもさらに値上がりする可能性があるため、プレセールで仮想通貨を手に入れることが、その後にもっとも大きな利益を得る可能性の高い方法です。

仮想通貨プレセール中の通貨ランキングは?

では、現在実際にプレセールを行っている仮想通貨にはどのようなものがあるのでしょうか?

プレセールを行っている仮想通貨を調べる方法があります。しかもランキング形式で調べられるサイトがあります。

ICO Countdownというサイトです。

これは、現在未公開の新しい仮想通貨を一覧表示しています。さらに、公開までのカウントダウンタイマーまでついています。このサイトを見れば、いつ、どの仮想通貨が公開されるか一目でわかるでしょう。

ちなみに例を挙げると
・SKYCOIN
・STATUS.IM
・NVO
・GIGA WATT
・MYBIT
・SPHRE
・AETERNITY
・OPEN ANX
・BANCOR
・MYSTERIUM
・SONM
・ONPLACE
・POLYBIUS
・DCORP
・MOEDA
・BYTEBALL(AIRDROP)

が2017年5月27日現在 このサイトではまだ上場されていない仮想通貨ランキングになっています。
このサイトで表示されているコインの名前はリンクになっていて、クリックするとその仮想通貨の公式ページに直接アクセスができるようになっています。とても簡単、シンプルで便利なのでぜひあなたもアクセスしてみてください。

最新の仮想通貨プレセールの情報について

Cryptcurrencymagazineというサイトが日本語で読めてしかも情報のスピードも速いので、最新情報をチェックするならこのサイトはおススメです。

仮想通貨プレセールで公開後に値上がりが期待できる条件として、プレセール期に十分な通貨数を供給しつつ、かつ売り切れていることが一つの指標になるかと思います。

簡単に言うと、大量の売り上げを誇り、かつその勢いが強くすぐ売り切れになる通貨がねらい目ということです。

Cryptcurrencymagazineでは、各仮想通貨のプレセール期の売り上げ情報なども速く表示されますので、プレセールについての情報を見逃さないようにしましょう。

プレセールが売り切れになってしまったら買えないじゃないか!というお叱りの声をいただきそうですが、プレセールはたいていいくつか期間を分けて販売されるものですので、例えば1期がすぐ売り切れてしまっても次の第2期で手に入れれば十分仮想通貨を確保できると思います。

その仮想通貨に将来性があるか、プレセールの動向はそれを見極めるために必要な情報ですので、いち早く取得してよく吟味してから参加された方が良いでしょう。

2017年5月の仮想通貨プレセールに関する情報

いかがでしたか?プレセール中の仮想通貨をまとめたサイトがあるなんて便利ですね。しかも簡単に各仮想通貨の公式ページにアクセスできますからうまく使いこなしてください。
ちなみに最近の動向(2017年5月)としては、先ほど紹介したCryptcurrencymagazineによれば

・MOBILEGOが58億円以上を調達してプレセールを終了
・STORJが上限の3千万ドル(=33億円程度)をプレセールで調達

この2通貨に関しては上場後も上昇が見込まれるかもしれません。
日本とフィリピンだけのプレセールですでに200億円以上を売っていると噂されるNOAHCOINもお忘れなく。今後、世界規模のプレセールの際にはICO countdownやCryptcurrencymagazineにも紹介されていくことでしょう。

なお、あくまでこれはプレセール期の結果情報を示しただけなので、実際の相場がどうなるのかは誰にもわかりません。あくまで投資は自己責任の上、リスクをよく吟味してから行うようにしてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する