⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年にプレセールが行われている仮想通貨にはどんなものがあるのでしょうか?

最近、ビットコインに限らず、イーサリアムやリップルをはじめとしたアルトコイン(=ビットコイン以外の仮想通貨)の価格上昇がインパクトの強いニュースとなっています。

投機家たちの間でも今もっとも注目を集める仮想通貨の世界ですが、基本的に投機や投資で利益を得るためには「安く買って高く売る」ことが重要…というか当たり前ですよね?商売の基本ともいえます。
話題の仮想通貨を、最も安いときに手に入れられる可能性があるのがプレセールです。仮想通貨のプレセールは、未公開株のプレセール(IPO)になぞらえて、ICOとも呼ばれています。

プレセールとは?

仮想通貨は一般的に仮想通貨取引所を使って売買ができます。しかし、全ての仮想通貨が取引所に上場できるわけではありません。また、注目度が高くなければ上場しても取引されずにそのままその仮想通貨は終わってしまいます。そこで多くの仮想通貨は上場前にプレセール(ICO)を行います。

仮想通貨のプレセールの多くはクラウドファンディングを通じて行われます。資金を募って報酬として未公開の仮想通貨を受け取れるというしくみです。有力な仮想通貨のプレセールは非常に人気があり、1日経たずして完売になるケースも多いです。

上場すればプレセール時の価格よりもさらに値上がりする可能性があり、プレセールで仮想通貨を手に入れることが、その後にもっとも大きな利益を得る可能性の高い方法です。

2017年にプレセールを行う仮想通貨は?

では、現在すなわち2017年に実際にプレセールを行っている仮想通貨にはどのようなものがあるでしょうか?

プレセールを行っている仮想通貨を調べる方法としては、
ICO Countdownというサイトで確認するのがおススメです。これは、現在未公開の新しい仮想通貨を一覧表示しています。さらに、公開までのカウントダウンタイマーまでついています。このサイトを見れば、いつ、どの仮想通貨が公開されるか一目でわかるでしょう。

ちなみに例を挙げると
・MONACO
・STORJ
・SKYCOIN
・STATUS.IM
・NVO
・GIGA WATT
・MOBILEGO
・ZRCOIN
・AGORAS IDNI
・MYBIT
・SPHRE
・AETERNITY
・YOYOW
・EncrytoTel
・FootballCoin
・QUANTUM RESISTANT LEDGER
・OPEN ANX
・BANCOR
・VERITASEUM
などなど、たくさんの仮想通貨の名前が出てきます。

MOBILEGO

この中のMOBILE GOという仮想通貨については
Cryptcurrencymagazineという日本語のサイトで特集されていましたので、少し紹介してみようと思います。

“MobileGo

MobileGoトークン

ゲーム業界のリーダーであるDatcroft LTDとの2年間の開発後、Gamecredits最初のクリプトモバイルゲームストアの開発をほぼ完了しました。 このモバイルゲームストアには、ゲーマーがGamecreditsを使用してゲーム内のコンテンツを購入できる独自の支払いゲートウェイがあります。 Gamecreditsは、このゲートウェイ内でクレジットカードやその他の支払い方法で得ることができます。 150人の開発者からの300以上のゲームがすでにサインされており、Gamecreditsモバイルストアは2017年の第2四半期にリリースされる予定です。

MobileGoクラウドセールとMobileGoトークンの発行は、イーサリアムブロックチェーンを使用して、Gamecreditsのマーケティングとブランディング、およびプラットフォーム内のスマートコントラクト技術の開発資金に当てられます。

MobileGoのトークンは、モバイルプラットフォームのゲーム化、報酬を通じたロイヤリティと活性化のために使用されます。 MobileGo トークンはスマートコントラクト技術も可能にします。 MobileGoのトークンは、分散型のバーチャルモバイル・ゲーマーのマーケットプレイス、ゲーマー対ゲーマーの分散型マッチ・プレイ、スマート・コントラクト上で実行される分散型トーナメントの開発を可能にします。”
(Cryptcurrencymagazineより引用)

どうやらゲームの世界で課金の際に使えるトークンということでしょうね、特にスマホゲームの市場が熱い現在の世界ですので、これは大規模なプレセールになりそうですね。結果はどうだったのでしょうか?

“MobileGo ICOは50億円を調達、ICOは残り6時間で終了
Posted on 2017年5月24日 in ICO(クラウドセール),
MobileGo ICOは現在50億円以上を調達している。

この金額はTHE DAOを除いた暗号通貨プロジェクト中で最高金額となる。ICOは残り6時間で終了となるが最後までGAMEによる参加で10%のボーナスを受けられる。

ICOに参加した時点での金額で入手できるトークン量が決定するためICO初期よりも現在の方が多くのトークンを受け取れる。今回MobileGo ICO中の相場は右肩上がりであったため(BTC,GAME共に)終了間近に参加した方が有利な結果となった。ここまで調達量を伸ばしたのもこの新たなICO方式を採用したことが1つの要因となっているだろう。(同じくCryptcurrencymagazineより引用)”

50億円も調達したようですね!この額が大きければ大きいほど、事前にその仮想通貨を保有した人が多いということですから、それだけ公開後もうまく流通する可能性が高いということです。

現在のところ200億を超える事前調達を達成したと噂される仮想通貨があるのをご存知ですか?プレセールの時点で暗号通貨ランキングの上位に位置してもおかしくないほど広がっているということです。

それはNOAHCOINという、フィリピンと日本を対象にプレセールが行われている仮想通貨です。

NOAHCOIN

“ノアコイン”とは、フィリピンの国際送金問題を解決するために企画された“ノアプロジェクト”内において発行される新しいコンセプトの暗号通貨です。

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)とは

“ノア・プロジェクト”は、“ブロックチェーン”(Blockchain)技術を内蔵した“ノアコイン”(NOAH COIN)という暗号通貨をフィリピン国内に普及させることで、送金手数料や支払い処理コストの削減、国際送金に要する日数の減少、個人情報の盗用・不正利用を防止することを目的としています。

ノアプロジェクトの概要

英語を公用語とするフィリピンでは、労働人口の8人に1人(1000万人!)が欧米圏などの海外で英語が必要とされる職種に就いて”出稼ぎ労働者:Overseas Filipino Workers(OFW)”として働いています。

そして、彼らは国内GDPの約10%にあたる外貨を海外で稼ぎ出し、毎年約2兆5,100億円(フィリピン中央銀行による2013年度試算)ものお金をフィリピン国内に海外送金しているのです。実際には統計に表れない送金方法で移動させている部分もあるのでもっと多額であるといわれています。

また、送金額は毎年1,500億円ずつ増加しているとも言われています。これからも増大し続ける巨大市場なのです。

その一方でフィリピン国民はその3割しか銀行口座を持っておらず、OFWが国内の家族にお金を送るシステムがきわめて貧弱な状態です。ウェスタンユニオンのような送金会社で手続きをして海外送金を行っているのが実情ですが、手数料として送金額の約10~12%が失われているのです。このため、稼いだお金を物に変えて国内に送っているOFWも多く存在しています。

毎年国際送金でフィリピンに送られる外貨は約3兆円、そのうち3,500億円もの大金が毎年手数料として失われているため、外国送金の際に海外に持っていかれてしまう手数料をフィリピン国内に還元すべく立ち上げられた機関が“ノア・ファウンデーション”(NOAH FOUNDATION)であり、この機関が“ノア・プロジェクト”(NOAH PROJECT)を推し進めているのです。

運営団体の存在~NOAH FOUNDATION

ノアコインの普及を目的とする“ノア・プロジェクト”は、フィリピン国内に存在する様々な社会問題を解決し、フィリピンの経済発展に貢献するために、政財界の有志が集まって設立された非営利団体「ノア・ファウンデーション」(NOAH FOUNDATION)が企画しています。

同団体は政界や、フィリピン・エアライン(Philippine Airlines)、ASIA BREWERY、PNB SAVINGS BANK、DMCI HOMES LEASING SERVICESといった経済界、さらにフィリピン有数の大富豪「Lucio Tan」(LT Group CEO)など財界の協賛で運営されています。

フィリピンで暗号通貨が有利な点

一人一台以上スマートフォンが普及する社会

フィリピンはスマートフォン普及率が人口比率107%(国際電気通信連合ITUによる2013年度調査)、Facebook利用率93.5%以上、平均年齢約23歳とITがきわめて普及しており、特にスマートフォンは全国民で1台以上持っているというすさまじいデータを誇ります。

ノアコインがフィリピンで使われる事例

スマートフォンにダウンロードしたアプリの財布にノアコインを保持して、ビットコインのようにブロックチェーンのシステムで送受信すれば、日常生活に実物の財布と貨幣・紙幣は不要になります。

海外に住んでいる出稼ぎ労働者もスマートフォン一つで、24時間いつでも一瞬のうちに、手数料がかかることなく、稼いだお金をフィリピンで待つ家族のもとに届けることができるのです。一人一台以上スマートフォンを持っているフィリピンだからこそ、暗号通貨は爆発的に広まる可能性があるのです。

最も若く、最も人口ボーナスが続くフィリピン

フィリピンの平均年齢は23歳で、人口の分布も富士山型、若い人が非常に多い環境があります。人口ボーナスはアジアで最も長く続き、将来にわたり若年層が高齢者を十分支えられる環境と力強い経済力の上昇が持続することが予想されます。

人々の消費行動の手段として仮想通貨の需要が高まるのは言うまでもないでしょう。つまりノアコインの発行総数には上限があるのに対し、ノアコインを使う人の数はどんどん増えるということです。すなわち、ノアコインの価値が上昇し値上がりすることが見込まれるということです。

ノアコインを定着させるための計画

“ノアコイン”のプロモーション単体で見た場合、これまで値を上げてきた各種正規暗号通貨と同様に、暗号通貨開発資金、広告・プロモーション、インフラ設備の3ヵ所に全資本を投入することを、“ノアファウンデーション”は表明しています。

ノアコインの新規発行は、プレセールで両替した人に利子として配当される形でしか起こりません。つまり持っているだけで銀行預金のように利子が付く(初年度20%の利子で以降複利で40年間利子が付き続ける)ことから、公開早々の利益確定目的の投げ売りが起こりにくいシステムになっているのです。

ノアコインを持ち続ける人々が多ければ、需要が高まり値上がりしやすくなりますし、普及して定着する可能性も上昇します。

まとめ

いかがでしたか?プレセールされている仮想通貨にはあまりにも種類が多く、どれを手に入れていいか混乱を生じた方もいるでしょう。

日本においては、現在もっとも大規模にプレセールを行っているのはNOAHCOINになります。まずは、ここからプレセールがどんなものか探っていくといいと思います。ひょっとしたら、日本ではあまり注目されていない将来性の高い仮想通貨が見つかるかもしれませんよ。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する