⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は暗号(仮想)通貨の将来性ランキングについて解説していきます。

《ほとんどが役に立たないジャンクコイン》

『今買っておけば将来何倍にもなって価値が上がりますからオススメですよ!』という決まり文句は、新たな暗号(仮想)通貨が登場するとき、よく言われるのを聞いたり見たりします。誕生から数年で100万倍以上の価値にもなったビットコインがよく引き合いにだされ、希少性の高いコインを今から持っておけば物凄いことになりますよ的なビジネスが世の中には多数存在しているようです。

なぜかと言えば、もちろん情報弱者をうまく騙し、詐欺まがいにお金を稼ごうとしている輩が世の中にはたくさん存在しているからだと言えます。たしかに今、世界中で暗号(仮想)通貨需要が高まり、多くの大企業も提携したりと、お金もたくさん集まるようになってきましたが、この頃多発する取引所を襲うハッキング被害を見ても分かるように、昔からお金が多く集まるところには犯罪者も合わせて多く集まることでもあります。

“ボールはお金を持っているところに投げること”とは、ビジネスを行う上での大事な真理の1つではありますが、実はお金をたくさん持っている人ほど情報に弱かったり、騙されたりする人も世の中には多いようで(とくにお年寄りです。)、そうした心理もしっかり計算の上で詐欺まがいな暗号(仮想)通貨ビジネスを行う人たち、ある意味賢いというかなんというか、実際に昔から犯罪者は頭が良い人が多くいたりするのも特徴です。まああまり誉められたものではないと言えます。

《大切なポイントは需要と社会性》

スケーラビリティ問題という言葉があり、ビットコインについて調べるとき、この問題は避けては通れないものです。ブロックサイズの小ささによる取引可能量の制限問題ですが、ビットコインには現在のポテンシャルでは今後ますます広がりを見せる暗号(仮想)通貨時代に追いつけるほどの力がないと言えます。そのブロックの小ささがゆえ、取引の承認遅れや最悪の場合ブロックチェーン内でトランザクションが滞留し、数日以上も履歴にすらあがってこないなんて自体も起きたりするようにもなっています。

それによりブロックチェーンが止まってしまうということはないのですが、やはりこれからますます広がることが想定される暗号(仮想)通貨時代において、普段使いで瞬時に取引可能な利便性の高い力は必須になってくるとは思います。

こうしたビットコインの取引の承認遅れを解消するため、色々な研究は進められてはいますが、予期せぬ不具合や、最悪ビットコインが分裂(ハードフォーク)してしまう可能性も否定できず、実質的にはそれらの取り組みもこれといった解決の決め手にはなっていないのが現状です。

とはいえビットコイン自身の需要は、いまそうしたスケーラビリティ問題とは違った側面のほうが強いと思いますし、いきなりその価値がこの問題により大きく落ち込むなんてことは無いとは思っていますが、そう遠くないうちにどうにかしなくてはならない問題ではありますから、その時ようやく第2第3のビットコインのセカンドコイン・サードコイン的な位置づけの通貨が望まれるようになるのではないかと思います。

暗号(仮想)通貨将来性ランキングNo.1はイーサリアム》

まあ当然と言えば当然ですが、ビットコインについで暗号(仮想)通貨時価総額ランキング第2位のイーサリアムです。ハイブレイクもして、1イーサ6000円の価値もつけました。プレセールから考えても300倍です。すごいと言えます。

ハードフォーク問題で大騒ぎしていた時期もありましたが、そのポテンシャルはやはりスマートコントラクトの大本命とも呼ばれるだけあり、IBMやマイクロソフトが推していることでも有名です。

まだ実証実験を繰り返さなくてはならない段階で、今年ようやくセカンドフェーズの“メトロポリス”に移行します。第4段階まであるようですし、ポテンシャル的には他のアルトコインを大きく引き離す力を秘めているのでは?と感じることができます。

《暗号(仮想)通貨将来性ランキングNo.2はビットコイン》

なんだかんだ言いつつも、何かと問題騒がれながらも、一度も不具合を起こさず誕生当時から動いているシステムとして驚異的な結果です。

今現在の流れすべての生みの親であり、基軸であるビットコイン、仮にハードフォークが起ころうとも一時的な大騒ぎが起ころうとも、その将来性を考えた場合も、やはりまだまだ期待が出来るのではないかと思います。

《暗号(仮想)通貨将来性ランキングNo.3はエイダコイン》

まだ市場公開前ですが、こちらもそのポテンシャルや仕組みが今後形作っていく分野として、その将来性はほぼ間違いないと思います。人間誰しも賭け事やギャンブルは好きですし、世界ではじめて不正の出来ないオンラインカジノができるなんて、どう考えても半端ないです。

そしてスマホなどのゲームのプラットフォームとして役割もありますが、じつはそれだけではないもっともっと便利な機能も組み込まれているようだと言えます。ICOなどが禁止されているアメリカやカナダで市場公開前からすでにプレセールの2.6倍の値段なんかで取引されていたりするとも言われていますから、

期待値としてはとても高いと見込みになります。ゲーム市場が持つ爆発力はもの凄いものがあるからです。本格スタート自体がまだ先なので、その価値が安定していくまでにはけっこう時間もかかるとは思います。

《暗号(仮想)通貨将来性ランキングNo.4はオーガー》

だいたい暗号(仮想)通貨時価総額ランキング8位くらいのオーガー、“群衆の知恵”というシステムとブロックチェーンを利用しています。誰でも未来の予測に関したトピックを作成し、いわば胴元の必要ないブックメーカーみたいなギャンブルを作成出来るって感じのものです。

もちろんギャンブルだけではなく、群衆の知恵という名のとおり、お互いが誰かの知識や意見に惑わされることなく個別のデータを持ち寄ることで、そのデータを匿名で集計し様々なものごとの確率や知恵がクリーンに得られるといった仕組みです。

従来の集計はギャンブルにしろ選挙にしろ街角インタビューにしろ、ほとんどどこかの機関や特定の人が中央集権的に行っているわけですが、こうしたことは、容易に結果を改ざんできてしまうわけでもありますから、これからの時代はこうしたオーガーのような予測市場や集計により需要が集まるのではないかと感じます。

保険の分野なんかにも生かされていくとも言われていますから、今後が楽しみな暗号(仮想)通貨です。

《暗号(仮想)通貨将来性ランキングNo.5はノアコイン》

フィリピンの豪華な金持ちがサポートしているということは、大統領布陣もバックアップしています。OFWによる送金コストについてや、ノアシティについてがまずは先に取り上げられていますが、その真に目指すは世界にマイクロファイナンスの波を起こし、貧困や格差の連鎖をなくすため、新たなソーシャルイノベーションの輪を実現させようというプロジェクトです。

たしかにまだまだこれからスタートしていくプロジェクトで、今後の展開によりどう転んでいくのかわからない部分、まだ明らかにされない、出てきていない情報なども多数ありますが、未来に100%を望むこと自体がナンセンスだからと言えます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する