⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はマウントゴックス事件の真相はどんなものだったのかについて解説していきます。

《ビットコイン(bitcoin)の相場上々は自作自演》

2013年につけた1242ドルの高値で、この高値をつけたことは、バブル感を漂わせながらもビットコイン(bitcoin)への期待の高さを感じさせ、再度の中長期的な上昇への夢をふくらませてもくれるのです。

しかし、この高値そのものが虚構だった可能性がある。2014年に経営破綻した取引所「マウントゴックス」(Mt. Gox)による「自作自演」の疑いがあるものだと言えます。多くの人にとって、ビットコイン(bitcoin)から連想されるのはマウントゴックスだろうと思います。

マルク・カルプレス元CEOが逮捕されたとき、新聞記事には「ビットコイン(bitcoin)、社長立件へ」「『ビットコイン(bitcoin)』逮捕」「ビットコイン(bitcoin)事件」など、あたかもビットコイン=マウントゴックスであるかのような見出しが立っていたのです。

もちろんビットコイン(bitcoin)=マウントゴックスではないし、カルプレス容疑者の逮捕をビットコイン(bitcoin)コミュニティは大して気にしてもいないと言えます。マウントゴックスに関心を持つのはマウントゴックスにビットコイン(bitcoin)や現金を預けていた債権者くらいで、マルク・カルプレス元CEOの逮捕が報じられてもビットコイン(bitcoin)価格に影響は見られなかったのです。

《以前から内部犯による犯行ではないかと示唆されていた》

ビットコイン(bitcoin)コミュニティが動揺していないのはマウントゴックス事件が「ビットコイン(bitcoin)のしくみの欠点」ではなく、「カルプレス容疑者個人の問題」であることが早くから周知されていたからだと言えます。

ビットコイン(bitcoin)セキュリティの専門会社「Wizsec」(ウィズセック)はカルプレス容疑者の逮捕前から、内部犯の可能性を示唆するレポートを公開してもいたのです。2015年1月、スイスショックにより、世界的な大手FX会社だったアルパリが破綻したからといって、「FXは危ない!」という声は聞こえてこないと言えます。

あくまでもアルパリ1社の問題です。マウントゴックス事件についても基本的には同じようなものと考えていいと思います。

《マウントゴックス事件の真相とはいったい何だったのか?》

ここでようやく、マウントゴックスでは何があったのかという本題になります。当初、カルプレス容疑者は「システムに弱いところがあって、ビットコイン(bitcoin)がなくなった」としていたが、実際はそうではなかったようです。

一部は実際に盗難されたようだが、今回の逮捕容疑は業務上横領。カルプレス容疑者が口座を不正に操作して利用者から預かったビットコイン(bitcoin)や資金を私的に流用した、ということになると言えます。

今回の逮捕容疑の金額は3億円超だが、カルプレス容疑者の個人口座には数十億円が残されているとの報道もあるのです。

《過去にFX業界で一般的なケースの犯罪》

FXで言えば、「FX会社の社長が預かったお金を持ち逃げした」といったところです。ここ数年にFXを始めた人にとっては「そんなこと、あるはずがないだろう」と思うかもしれないが、過去には実際、この手の事件が頻発、社会問題化した時期があると言えます。

1998年から2005年まで、つまり外為法改正で為替取引が自由化されてから、金融先物取引法改正でFX会社が登録制になるまでの間、FX会社の経営に認可も登録も必要がない無法地帯だった時期のことなわけです。

今のビットコイン(bitcoin)が置かれた環境はFX業界が無法地帯だったころと似ていると指摘する人は多いと言えます。FX業界が金融庁の監督下に置かれるまでには7年の歳月を要したが、ビットコイン(bitcoin)ではすでに規制の議論が始まっているのです。

《FX会社がビットコイン(bitcoin)を取り扱うときとは?》

マネーパートナーズとアメリカの大手ビットコイン(bitcoin)取引所Kraken(クラーケン)の提携協議開始に示されているように、ビットコイン(bitcoin)に高い関心を示すFX会社は多いです。そうした動きが表に出てこないのは、金融庁など「お上」の態度を慎重に見極めているためと言えます。

「お上の姿勢が明確になれば、あるいは先行したマネーパートナーズの動きをお上が黙認するようなら、今すぐにでも始めたい」といった声は複数のFX会社から聞こえてくるのです。すでに金融庁の監督下に置かれているFX会社は本業への影響を懸念して、お上の動向を気にせずにはいられないが、「ビットコイン(bitcoin)専業」ならば顔色をうかがう必要はないと言えます。

日本でもKrakenをはじめ、BTCボックスやビットバンク、コインチェック、bitFlyerなどのビットコイン(bitcoin)取引所がサービスを開始している。中にはレバレッジ取引やショート(売り)が可能な取引所もあり、FXのようにビットコイン(bitcoin)を取引できる時代は、すでに始まっているのです。

《ビットコイン(bitcoin)相場上々はマウントゴックスの自作自演》

ところで、マウントゴックスの「罪」としては、不正な価格形成を行なっていた疑いがあるという面も大きいわけです。先ほど紹介したように、ビットコイン(bitcoin)セキュリティの専門会社・ウィズセックはマウントゴックスのビットコイン(bitcoin)消失事件について、当初から内部犯の犯行を示唆するレポートを発表していたが、それに加えて、マウントゴックスによる価格操作を示唆するレポートも発表していると言えます。

ビットコイン(bitcoin)が飛躍的に上昇したのは2013年です。前回も紹介したように、1242ドルへの上昇については、一般的にはビットコイン(bitcoin)の魅力に気がついた中国人の「爆買い」によるものとされていると言えます。ですが、実態は違う可能性があるとされて2013年の上昇をより細かく見ると、2つの上昇波があることが確認できるはずです。

年初10ドル台から4月の266ドルへと向かう上昇第一波と、その後、調整局面を挟んで、7月末から11月の1242ドルへと向かう上昇第二波と言えます。4月から7月までの調整局面で引いたトレンドラインを上方にブレイクしたのは7月28日(日)です。

この日、マウントゴックス内部で「ウィリー」(Willy)が動き出した日と言えます。ウィリーとはボットの1つです。そして、ボットとは、自動売買プログラムのようなものと言えます。

《2つの自動売買プログラムがポイント》

ウィズセックのレポートによれば、マウントゴックスは「ウィリー」と「マルクス」という2種類のボットを利用していたと言います。

架空の250万ドルが複数の口座に割り当てられ、ボットが5分から10分おきに10~20ビットコインをひたすら買っていくのです。

資金が尽きれば別の口座で買っていくことができます。このボットが動き始めたのは、2013年7月28日(日)15時14分。まさにトレンドラインを上方にブレイクした日です。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する