⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコイン(bitcoin)の投資信託が3月に可決する可能性について解説していきます。

ここでウィンクルスボス兄弟という信託申請を行った双子の兄弟について説明してから、その後ETFとは何なのかということやその結果はどうなったのかということまで詳しくみていきます。

ウィンクルスボス兄弟ことについて

《Facebookとの関係性》

ウィンクルボス兄弟は、マーク・ザッカーバーグにコネクトユー(ConnectU)というソーシャル・ネットワーク・サイトの制作を依頼した事で有名な双子の兄弟です。映画「ザ・ソーシャル・ネットワーク」でも登場しているので、知っている方は、知っている名前となっているのではないかと思います。

仕事を頼まれたザッカーバーグは、代わりに同じコンセプトのフェイスブックを立上げてそれが、瞬く間にハーバード大学の学生を中心に広まったというわけです。この件で、ウィンクルボス兄弟はフェイスブックと和解しており、2000万ドル(約20億円)の現金とフェイスブックの評価額を150億ドル(約1.5兆円)とした中から4500万ドル(約45億円)相当の株式を受取っているとされています。

フェイスブックの時価は、現時点で1090億ドル(約10.9兆円)なので、フェイスブック株式を保有し続けていれば現在は3億ドル(約300億円)以上となっているはずです。重要なことは、最終的にフェイスブックという形に仕上げたのは、ザッカーバーグだったのですがもともとのソーシャル・ネットワークのコンセプトを描いていたのは、ウィンクルボス兄弟だったということです。

《双子兄弟で有名な投資家》

投資家として有名な双子の兄弟キャメロン・ウィンクルボスとタイラー・ウィンクルボスの両氏によって2014年に最初に提出されたビットコインETFの構想に対して、SECはこれまでに幾度も決定を延期してきたのです。

しかし、法律上延期可能な日数にも制限があるためSECは2017年3月11日までに最終決定を下す必要があるとされていたのです。

ウィンクルボス兄弟は、これまでにSECが指摘してきた潜在的なリスクに対してその都度対応を繰り返してきているが、SECは今回のETFの提案を受け入れないだろうという批判的な声も多かったです。

《彼ら双子兄弟の夢》

ウィンクルボス兄弟はニューヨーク州金融サービス監督局(NYDFS)より許認可を受けたビットコインとイーサリアムの取引所、Gemini Trust Companyを運営する。

彼らはビットコイン(bitcoin)の値段が120ドルの時に大量に購入したとしても有名です。彼らはGemini Trust Companywoインターナショナルな取引所としてまずはカナダへ進出する予定があります。

《再延期から最終期限へ》

1月10日にSECによってWinklevoss兄弟の申請を承認するか否かの決定が下されることになっていたが、1月4日に出された文書によって期日が3月11日に延期されたのです。

この背景にはアメリカ大統領の交代があるのではないかと指摘する声があり、延期は驚くべきことではないが、ARK Investment Managementでブロックチェーン製品のリーダーを務めるChris Burniske氏は、SECの議長であるMary Jo White氏がオバマ大統領の離任と共に離職することは内部の変化のほんの始まりだと述べています。Burniske氏は海外メディアCoinDeskに対して「このような入れ変わりの激しい時期には延期が起きやすいものだ。

注意を払う時間が無いとすれば後回しにされてしまう。」と述べています。延期は、SECがWinklevoss氏のETFに関する最終決定を行う期日を変更する最新のものであるわけです。Cameron氏もTyler氏も、規制当局からの制限によって今回の決定に対するコメントは控えています。

最終期限であるが、法律上可能な延期は最初に提出された2016年6月から240日以内までであることも覚えておきたいものです。通常であればSECは申請を承認するか、決定を行うまでの数日間の間にWinklevoss兄弟に名誉の辞退を許すかのどちらかだと言えます。

Burniske氏は「このような場合の典型的なシナリオは、SECが承認を行うか、否認の前に提案されたルールの変更を取り下げるかのどちらかだ。」と言っています。

ETF(上場投資信託)とは何か?

ETFって何?意味が分からないと思った方、そんなに難しいものではないです。ETFとは「Exchange Trade Fund」の略で、日本語に直すと「証券取引所で売買される投資信託」という意味になります。

えっ、そもそも「投資信託」って何?と思った方に簡単に投資信託の説明しておきますと、投資のプロのファンドマネージャーにお金を預けて自分の代わりに運用をしてもらう商品なのです。

アメリカで米規制当局がビットコイン(bitcoin)価格を反映するETF(上場投資信託)を認可するんじゃないか?という憶測が広がっています。

ETFは本当に承認される可能性はあったのか?

2月20日以降のビットコイン(bitcoin)価格上昇の理由について様々な記事で米国にてビットコイン(bitcoin)価格がETFとして承認される可能性が高くなったからと取り上げています。米証券取引委員会(SEC)にて3月11日までに承認するかどうかの判断が下される事となっております。

3月11日が土日にあたる為、3月13日までに発表されるという解釈が正しいようです。また、ETF許可を求める申請は合計3件あり、その中の1件には投資家でありフェイスブック発案者である、ウィンクルボス兄弟も含まれています。

2014年に提案して許認可するように申請をしていたのです。肝心なETF認可されるかどうかについてですが、承認される可能性が高いであろうと踏んで、今ビットコイン(bitcoin)価格は上昇モードにありますが、ビットコイン(bitcoin)のシェアを中国人が大部分をしめいている点やSegwit問題など、米国証券取引所は承認を見送るのではないか?という意見もあります。

結果、「時期尚早」との理由で今回のETF申請は却下されたのです。却下理由について、米証券取引委員会はビットコイン(bitcoin)の規制環境が十分に整っていない事などを理由に挙げており、今後環境整備などが整えば上場承認を再度検討する意向も仄めかしましたのです。

でも承認されず否決されたのは仕方ないことだったと言えて、信託の審査はどのような審査でも厳しいので、こうなったらいいなというような希望的観測ではどうしようもないことだとわかりきっていたことだったわけと言い切れるのです。

ETFが承認されていたらどうなっていたのか?

ビットコイン(bitcoin)への更なる信頼度が増して、世界中でビットコイン(bitcoin)の信頼度が増すと思います。信頼が増す事により、利用者も増えますます価格上昇していくことが予想されます。

また米国に続き、日本でも承認される動きになるのではないかと思います。日本国内のETFはあまり人気がないので、ビットコイン(bitcoin)のような種類が増えるとETF人気がでてきそうです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する