⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットシェアーズ(Bitshares)とはどんなものなのかについて解説していきます。

ビットシェアーズ(Bitshares)というものがどのようなものなのか書かれているものがいっぱいありますが、その中でもここではビットシェアーズ(Bitshares)に関する基本的な話について詳しく解説していきたいと思います。

またまたすごいものを生み出してくれた天才数学者チャールズホスキンソン氏は、暗号を世に送り出すために生まれてきたと言ってもいいくらいです。

ビットシェアーズ(BitShares)とは何なのか?

ビットシェアーズ(Bitshares)をつくったのは、かの有名なチャールズホスキンソン氏で、会社側としてはInvictus Innovations社によって開発されたビットコイン2.0プロジェクトの中の一つです。

2015年に行われたビットシェアーズ2.0へのバージョンアップのタイミングに合わせて、Cryptonomex社が開発を引き継ぎました。このプロジェクトは主にビジネスのための分散型金融ソリューションプラットフォームとしての発展に主眼を置いています。

ビットシェアーズ(Bitshares)のメインブロックチェーンの拡張をしながら、将来的に様々なDAC(分散型自動化企業)の整備・構築を目標に掲げています。ビットシェアーズ(Bitshares)の主な機能は、独自トークンの発行,法定通貨経済の資産に価格を連動させるスマートコインの発行,メッセージ送信,マルチングネチャ,投票システムなど多岐に渡ります。

特に独自トークンの発行機能では、独自トークンの利用者の制限を行える他、KYCの導入や取引手数料を発行社の利益として還元するような細かな設定も可能です。その他にも一定量のBTSを支払うことにより、通常の取引手数料の80%ディスカウントなどの恩恵も受けることができる「会員(lifetime membership)」という機能や、またアフィリエイトシステムも導入されており、会員は自分専用のコードを発行し、それ経由で登録したユーザーの取引手数料の一部を得ることができます。

ビットシェアーズの詳細について

また、ビットシェアーズ(Bitshares)の基軸通貨はBTSと呼ばれます。このBTSの発行上限は約37億BTSであり、スタート時にはそのうち約25億が配布されています。残りの約12億は、取引の承認者に支払われる報酬金などの用途のため、準備金プール(Reserve Pool)と呼ばれる、誰もコントロールできない資産としてブロックチェーン上に保管されています。

Bitsharesにおける取引手数料の20%はこの準備金プールへと送られます。Bitsharesにおける取引承認のシステムは、DPOS(Delegated Proof of Stake、代表者によるProof of Stake)と呼ばれています。DPOSにおける取引の承認者はwitness(立会人)と呼ばれています。

witnessには誰でも立候補することができ、BTS保有者の投票により選ばれ、また、投票によりwitnessの座から下ろすことも可能です。この投票権は、全BTS保有者に保有量に応じて割り当てられており、他人に投票権を渡すこともできます。選ばれたwitnessは、一定時間ごとにシャッフルされて承認の順番が割り当てられ、順に取引・ブロックを承認していきます。

承認をしなかったwitnessは順番が飛ばされ次のwitnessが承認を行います。承認を行うごとに、witnessはBTS保有者の投票により定められた一定の報酬(現在は1ブロック1.5BTS)がもらえます。この報酬は先の準備金プールから支払われます。

かつては、101人がwitnessに選出されていましたが、さらに少ない人数でもセキュリティ的には十分であることや、多すぎるとwitnessに支払う総報酬が多くなりコストがかさむ問題や投票者がwitness一人一人を評価することが困難になる問題などがあるため、現在では20人前後となっています。

ビットシェアーズ(Bitshares)ネットワークにはwitnessの他にも、committee(委員)とworker(労働者)と呼ばれる役割があります。committeeは、Bitsharesのブロックチェーンの仕様等の変更を提案する人です。この仕様には、ブロック生成間隔、取引手数料、witnessへの報酬金額等が含まれます。提案はBTS保有者の投票により可決された場合のみ実行されることとなります。

なお、ブロックチェーンのさらに根幹に関わる仕様変更等の提案(ハードフォーク等)はwitnessによって行われ、同様に投票プロセスを経て実行されます。workerは、ビットシェアーズ(Bitshares)の機能拡張、ブロックエクスプローラーなどの外部ツールの開発、その他ビットシェアーズ(Bitshares)関連ドキュメントの執筆等ビットシェアーズ(Bitshares)の発展に寄与するような提案を行い実行する人です。

workerの提案では、仕事の開始日から終了日、仕事に対する報酬、仕事内容等を自分で定めて提案することとなります。提案がBTS保有者の投票により可決されると、準備金プールからworkerに対してBTSとして給料が支払われることとなります。なお、ビットシェアーズ(Bitshares)におけるアドレス(口座番号)はビットコインなどの暗号通貨で一般的な不規則な英数字の羅列ではなく、自分で任意の名前を決めるアカウント的なものになっています(正確に言えばアドレスは存在しますが、アカウントを指定すれば自動的にアカウントに属するアドレス宛に送金するようになっています。)。

ですが、アカウントの作成には手数料が必要となります。ウォレットのホスティングサービスを通じてアカウントを作成する場合は、そのサービス側が登録料を立て替えてくれるため、実質無料でアカウントを登録できますが、ビットコインなどよりも多くのアドレスを作成しづらく、また個人を判別しやすいため、匿名性は低いと言えます。

SmartCoin(旧BitAsset)ついて

SmartCoinとは、ビットシェアーズ(Bitshares)ネットワーク内の価格固定型の通貨・金融商品であり、カウンターパーティリスク(取引業者の破綻リスク)のない分散型CFD(差金決済取引)とも言えます。

SmartCoinには、常に1ドルの価値を保つbitUSD、常に1円の価値を保つbitJPY、常に1BTCの価値を保つbitBTC、常に1トロイオンスのゴールドの価値を保つbitGOLDなどがあります。ユーザーは、分散型取引所を通じて例えば1ドル分のBTSを担保として1bitUSDと交換することができます。

また、BTSを担保としてブロックチェーンに預けることにより、分散型取引所でSmartCoinの空売りを行うこともできます。SmartCoinは、トレード用の金融商品として利用されるほか、他ユーザーと交換可能で価値が一定であるため、通常のドルや円と同様に商品・サービス購入時の決済にも利用しやすいことが大きな利点です。

なお、SmartCoinの価値を固定する元となるドル・円・ゴールド等の価格は、witnessが外部から取得・配信することになっています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する