⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)という暗号通貨(仮想通貨)について解説していきます。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)とはどのようなものなのか?

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は「新しいインターネットを開発しているMaidSafe(メイドセーフ)社」と「暗号通貨(仮想通貨)のウォレットや取引所を運営しているCoinPayments社」の二社が後押ししている通貨です。

今はあまり知られていませんが、今後成長すると期待が大きい暗号通貨(仮想通貨)です。MaidSafe(メイドセーフ)はP2Pネットワークを利用したインターネットプラットフォームで、MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)Maidsafe(メイドセーフ)上で使える暗号通貨(仮想通貨)です。まずは「MaidSafe(メイドセーフ)」について知っておくことです。

つまり取引所とIT企業の合作によるものが、このMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)という新たな友情の証でもあるわけです。

このコインの発行したときは、2014年4月で、発行上限枚数は40億枚となっており、通貨単位はmaid(メイド)で、発行元の会社はイギリスに本社を構えるMaidSafe(メイドセーフ)社というところです。

そもそも MaidSafe(メイドセーフ)とは何なのか?

私たちはGoogleなどの大きなサーバーを使ってアクセスしたり、データを保存したり、アプリケーションを使ったりしています。Maidsafe(メイドセーフ)は個人のコンピューターのリソース(HDDスペース・CPU(演算能力)・メモリ・帯域など)を借りて、アクセスしたり、データを保存したり、アプリケーションを使ったりできます。

大きなサーバーの代わりにバラバラのコンピューターの一部分を少しずつ借りて、インターネットを利用するということです。Maidsafe(メイドセーフ)へ送られるデータは、暗号化し切り分けてバラバラのコンピューターに分散させて保存されます。

そのデータは本人しか保存し取り出すことができないので、情報が漏れたり書き換えられることは無く、安全です。コンピューターのリソースを貸し出す人に支払われる報酬がMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)という暗号通貨(仮想通貨)なのです。

ただし、MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のままでは利用できないです。のちに発行されるSafeCoin(セーフコイン)と1:1で交換できるようになります。今はSafeCoin(セーフコイン)の引換券のような状態です。2014年4月に発行されている割には、使い勝手がなかなかよくないので、知名度も低く人気もないものだと言えます。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)とCCP

CCPとは、インターネット上で社債(セントコインと呼ばれます)の売買をするサービスです。CCPはMaidSafe社(イギリス)とCoinPayments社(カナダ)の共同案件になり、以下の目的を達成するために立ち上げられています。

ひとつはCoin Paymentsのウォレットを普及させることです。なぜそうするのかと言えば、Coin Paymentsは、50種類以上の暗号通貨(仮想通貨)の入出金が可能なウォレットと取引所の運営をしているので、利用者が増えるほどウォレットの利用手数料からの収益が増えます。

社債(セントコイン)を売買することによる手数料が得られるからです。二つめとしてMaidSafeCoinの時価総額をあげることです。社債(セントコイン)の購入費の一部でMaidSafeCoinを購入する仕組みなので、価値を上げることができます。

まとめると、CoinPayments社はウォレットの送金手数料と社債(セントコイン)の売買手数料を得て、MaidSafe社はMaidSafeCoinの価値上昇とMaid Safeの知名度アップを期待できるということです。

CCPの仕組みについて

まずは特徴からまとめてみます。ドル建て(ただし、入出金はビットコインで可能です。),社債を買った時と売った時の差額が会員の収益になります。

MLM(誰かの紹介で会員になります。)、1アカウントにつき$300~$2700まで出資可能です。1人につき20アカウントまでです。(ただし、登録には紹介者に携帯番号を教える必要があります。)2017年1月時点では日利1~5%(土日を含む)です。

次に出資から出金までの流れを説明していきます。

第1ステップとしてCoinPaymentsのウォレットから「セントシード」を購入します。「セントシード」とは、セントコインを購入するためのものです。会員はセントシードのうち80%でセントコインを購入へ、10%はCCPへの手数料、残りの10%はMaidSafeCoinの購入に充てられます。

次のステップとして「セントシード」で「セントコイン」を購入します。セントコインの価格は$0.2からスタートし、一定の枚数を売られると$0.21に値上がりします。さらに、一定数売られると$0.22に値上がりします。これを$0.4まで繰り返します。

購入した時と価格が上昇して売却した時の差が私たちの利益になります。しかし、1枚$0.4と1枚$0.2ではどちらが購入しやすいかと言えば、もちろん$0.2です。価格が上昇すると、売る人が増えて買う人が少なくなってしまうので「分割」というものを行います。

「分割」とは、1枚$0.4になったとき、1枚当たりの値段を下げるために、1枚を2枚の$0.2の社債(セントコイン)に分けます。「分割」することで、1枚のセントコインの価値が下がりますが、セントコインの枚数が倍になるので資産総額は変わらないです。

例えば、1枚$0.2で購入し$0.4になったら、1枚のコインを2枚に分割(総額は$0.4のまま)です。再び1枚$0.2から上昇していき$0.4になったら2枚のコインが4枚に分割します(資産は$0.8)。このように1枚$0.2から上昇して$0.4になったら分割し、また$0.2から上昇して$0.4になったら分割を繰り返しています。現在2か月くらいの間隔ですが、購入者が増えるほど分割のスピードが早くなっていきます。

第3ステップとして「セントコイン」を「セントフルーツ」にします。セントフルーツにしたうちの60%をビットコインに、30%は「セントルート」、10%はCCPへの手数料になります。ただし、持っているセントコインのうち50%までがセントフルーツにできます。

「セントルート」とは、「セントコイン」を購入することですので、複利運用することになります。この出金制限と複利運用により一気に出金されるのを防いだり、コインの値上がりを後押ししています。最後にCoinPaymentsのウォレットへビットコインで出金します。

CCPのボーナスについて

CCPには二つのボーナスがあり、ひとつはダイレクトボーナスというもので、直接投資した人の10%が報酬になります。

もう一つはカスケードボーナスというもので、下についたアカウントの投資額が増えるとステータス(★1~★7)が上がり、報酬がアップします。自分の下についたすべてのアカウントの投資額の5%~20%が報酬になります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する