⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコイン(オルトコインとも言われます)の数々が、近年は凄まじい成長を続けています。これまでビットコインがメインだった仮想通貨ですが、アルトコインがこうして台頭してきた影響で仮想通貨全体の市場規模そのものが拡大していることから、2017年はまさに仮想通貨元年という言えるかも知れませんね。

なぜアルトコインと呼ばれるのか

仮想通貨は基軸通貨のビットコインと、それ以外の「アルトコイン」という名前で大きく2つに分類されています。アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称なのです。

アルトコインの特徴について

アルトコインのほとんどはビットコインを元にして開発されています。アルトコインは現在1,000種類以上も存在しており、さらに多くのアルトコインが登場しているのです。

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

アルトコインはビットコインよりも進化していくので、ビットコインには無い新機能を持って誕生するアルトコインもあります。

アルトコイン誕生の意味

アルトコイン誕生には、いくつかの理由があります。そのひとつは、仮想通貨の全てはマイニング(採掘)を行って新しい通貨を得られますが、ビットコインのマイニングは既にハイレベルになって新しく作るのが困難な状況にあります。
そのためにビットコインの仕組みを利用して新しく仮想通貨を開発しようという試みがありました。また、アルトコインのほとんどが値上がりし、価値が上昇している事から、新たなアルトコインを作り早く手に入れてしまえば、その恩恵で儲けられると考えたわけです。
またビットコインの機能面での問題や弱点を補い、改良する事でより安全で安心できるものを作ろうというプロジェクトで誕生したアルトコインもあるのです。

ビットコインの誕生初期は個人でもマイニングが可能でした。しかし、ビットコインの価格が上昇するにつれて、個人でのマイニングは徐々に難しくなっていきます。ビットコインマイナーは複数のコンピューターを使用するようになり、複数人でマイニングを行うユーザーも出現すれば、マイニングに適した専用ハードウェアまで登場しました。  via 数万台のコンピューターを導入して行われるBitcoinマイニングの現状はこんな感じ – GIGAZINE
ビットコインの採掘が困難になってきたのが、新たなアルトコインを開発させた要因の一つのようです。

アルトコイン の先行者利益

ビットコインの機能を改良した

ビットコインの機能面での問題と弱点を補う目的で開発されたアルトコインもあります。
まず「総発行枚数」
これは価値に大きく影響します。当然ながら大量に発行すれば希少価値が無いので1コインあたりの価値は下がります。
例えばDogecoinは元はネタで作られたコインで、大量に発行されるようにプログラムされているので1コインあたりの価値はそんなに高くありません。
ちなみにBitconは2100万枚と決まっています。次に「取引の速さ」
Bitcoinを始めとするP2Pの分散型通貨は「ブロックチェーン」という取引がまとめられたデータによってネットワークが保たれています。
俗に言う「採掘」という作業は、そのブロックチェーンを構築しているブロックのハッシュを解く作業の事を指します。送金→検証→決済完了の検証に当たる部分ですね。取引に間違いが無かったかという検証を行っている訳です。
Bitcoinは10分ごとにブロックが発行されるようになっています。という事は少なくとも取引の検証に10分掛かる事になります。
そこを克服すべく、オルトコインではブロック発行間隔を「5分」にしたり「2.5分」にしたり「1分」にしたり・・・ってな感じでコインを作っています。

次に「暗号化アルゴリズム」
これはマイニングしたいという人は特に注目すべきポイントですね。
まず、BitcoinはSHA-256(SHA2)というアルゴリズムが使われています。SHAというアルゴリズムは広く使われていて、例えばソフトウェアがダウンロード時に改変されたものじゃないかという検証だとかSSLサーバーの証明書だとかにも使われているので、ご存じの方も多いのでは無いでしょうか?
SHAのような暗号化された電子署名もBitcoinネットワークを安全に保つために必要不可欠なものです。SHAの特性上もし不正されればデータに誤差が生じ、すぐに分かるようになっています。

ビットコインと差別化する総発行数や取引の時間等を変えるなどして、アルトコインの独自性を出しているようです。

アルトコインの銘柄は

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額が2位です。ビットコインには無いスマートコントラクトという機能が備わってます。取引の記録及び取引の契約を自動的にブロックチェーン上に記録し保存します。中央管理者が不要となり、様々な業態への応用が可能とされてます。

ライトコイン

色で表すとビットコインがゴールドならライトコインはシルバーと表現されるように良く似ています。ビットコインとは基本構造は同じですが、2分間隔でブロックの生成が可能で、マイニングも普通の性能のコンピューターで行えます。ビットコインの機能を改善したと言えるでしょう。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)は世界的企業のGoogleが出資したことでも有名で、時価総額においてはトップ5に常時入っております。2017年4月以降では価値が急上昇しています。IOU(借用書のような意味)を使用して取引することで、リップルネットワークに参加する金融機関間ならば貸借の付け替えが出来ます。

DASH(ダッシュ)

DASH(ダッシュ)は2017年に入ってから価値が急上昇しているアルトコインです。ビットコインは誰から誰にビットコインが取引されたことの記録が公開されて残りますが、その逆にDASHは匿名性が高いというのが特徴です。また取引スピードが4秒と最速なのです。

モナコイン

モナコインは時価総額は100位前後と目立ちませんが、日本で開発されたアルトコインということで注目されています。巨大掲示板「2チャンネル」から誕生していて、取引スピードが90秒と早い上に使用することができるサービスや関連サイトが数多くあります。

その他のアルトコイン

時価総額で見ると20位以内のアルトコインとしては、イーサリアムクラシック、Monero(モネロ)、Dogecoin(ドージコイン)、Steem(スチーム)、NEM(ネム)、Factom(ファクトム)、BitShares(ビットシェアーズ)、Lisk(リスク)、Storjcoin(ストレージコイン)、Nxt(ネクスト)等があります。

アルトコインの今後の動き

アルトコインの価値

中にはとても将来有望なアルトコインもあり、将来はビットコインを超えるアルトコインが登場しても不思議ではありません。ビットコインのように実用的な価値があるアルトコインが多く誕生して普及することを期待したいものです。

アルトコインの中には価値が急騰するものが出る可能性があります。ビットコインのように億万長者が誕生する期待があるのもアルトコインの魅力でしょう。

アルトコインの落とし穴

アルトコインの注意点としては、多くの種類がある中で、その中には詐欺の目的で作られたものもある事です。アルトコインの中でも、「スパムコイン」と呼ばれるもので、粗悪コインとも言われているものです。

これはアルトコインを世の中に発表する前に、あらかじめ開発者たちが採掘を全部行ってしまい登場させたら、即座に高値で売却して利益を得ようとするものです。またネットにより仮想通貨のセミナーを開いて、詐欺行為を行う者は後を絶たないようで、実際に被害を受けたお年寄りのニュースも報道されています。

こうした詐欺の特徴は、レンタルオフィスなどを借りて実態が無く、ネットの企業サイトには社長などの情報がほとんど記載されていない事が多いようです。メールアドレスだけで、住所表示や電話番号などの表記が無い会社との取引は要注意ですね。

これらはビットコインの欠点を真面目に改良したコインや、まったくの詐欺的なコインまで、あらゆるものが存在し、その数は500以上存在すると言われています。
アルトコインを保有する際は、その背景や仕組みをよく研究しないと、思わぬ詐欺に遭うことがありますので、相当な注意をする必要があります。

 高齢者の元に複数の業者が次々と現れてインターネット上の仮想通貨の購入を勧め、トラブルになるケースが急増していることが10日までに、国民生活センターへの取材で分かった。昨年1年で全国から100件以上の相談が寄せられ、多額の現金をだまし取られる高齢者もいた。

国民生活センターによると、関東地方の高齢者からの相談が多く、大半のケースでは自宅に仮想通貨に関するパンフレットが届く。その後、買い取り業者を名乗る者から「この仮想通貨はパンフレットが届いた人しか買えない。購入してくれたら高値で買い取る」などと電話がある。

承諾した場合、仮想通貨の販売業者に代金を支払う。だが約束通りに買い取ってもらえなかったり、買い取り業者と連絡が途絶えたりするトラブルが発生している。偽の警察官などが購入を勧めてくることもある。

岐阜県中津川市の70代女性が昨年、仮想通貨の購入を持ち掛けられ、1億1千万円をだまし取られた。水戸市の80代女性も3500万円の被害に遭った。いずれも自宅にパンフレットが届き、さまざまな肩書の人物や会社が登場。「絶対に損しない」などと言葉巧みに勧誘していた。

まとめ

アルトコインはある程度の知識があれば作れてしまうので、実情は詐欺まがいのものも存在するようです。やはりマイナーなアルトコインには手を出さないのが無難ですね。仮想通貨だけに限らず世の中なんにでも詐欺は存在します。うまい儲け話には裏があるということを肝に銘じて、事前の情報収集を確実に行いましょうね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する