⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「ホリエモン」の愛称で有名な堀江貴文氏は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の一つであるアルトコインについてどのような印象を持っておられるのでしょうか?

これからますます注目が集まりそうなアルトコインについて見てみましょう。

 アルトコインとは何か

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨なのですが、同じように他にも多くの仮想通貨が登場してます。

仮想通貨はビットコインと、それ以外の「アルトコイン」という名称で大まかに分類されており、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称という意味なのです。

アルトコインの特徴について

アルトコインのほとんどはビットコインを基本にして作られています。アルトコインは現在1,000種類以上も存在しています。ビットコインのプログラムを元に新しい仮想通貨を開発できることで、世界中で多くのアルトコインが誕生しているのです。

アルトコインはビットコインよりも進化していて、ビットコインには無い新機能で登場するアルトコインもあります。

アルトコインの銘柄

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次に時価総額が2位のアルトコインです。最大の特徴はビットコインには無いスマートコントラクトという機能があります。取引の記録と、取引の契約を自動的にブロックチェーン上に保存します。いままでの契約での中央管理者が不要で、いろいろな業態での応用が可能とされています。

ライトコイン

ライトコインはビットコインの色がゴールドならシルバーと表現されるほどよく似たアルトコインです。ビットコインとは基本的には同じですが、2分間隔でブロックの生成ができて、マイニングも普通のコンピューターで可能です。ビットコインの性能を改善したと言えるでしょう。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)はGoogleが出資したことでも有名なアルトコインで、時価総額ではトップ5には常時入っており、2017年4月以降に価値が急上昇しています。IOU(借用書のような意味)を使用した取引ができることが特徴で、リップルネットワーク内の金融機関間であれば貸借の付け替えが可能となります。

DASH(ダッシュ)

DASH(ダッシュ)は2017年になってから価値が急上昇していて、関心を集めているアルトコインです。ビットコインは取引が公開されていて、誰から誰にビットコインが取引されたことの記録が残りますが、反対にDASHは匿名性が高いのが特徴です。また4秒という取引スピードが最速なのです。

モナコイン

モナコインは時価総額としては100位前後なのですが、日本発というアルトコインということでも注目されています。巨大掲示板「2ch」から誕生しており、取引スピードが90秒という早さが特徴で、使用できるサービスやサイトが数多くあります。

その他のアルトコイン

時価総額で20位以内にあるアルトコインとしては、イーサリアムクラシック、Monero(モネロ)、Dogecoin(ドージコイン)、Steem(スチーム)、NEM(ネム)、Factom(ファクトム)、BitShares(ビットシェアーズ)、Lisk(リスク)、Storjcoin(ストレージコイン)、Nxt(ネクスト)等もあります。

アルトコインの未来

アルトコインの中にはとても将来有望なものもあり、先々ではビットコインを超えていくアルトコインが誕生してもおかしくありません。

ある国やある地域限定で普及するアルトコインも登場するかも知れません。日本発のモナコインはその可能性を秘めてます。ビットコインのような価値があるアルトコインが多く登場することを期待したいものです。

アルトコインの中には今後ビットコインのように急騰する銘柄が出る可能性があります。ビットコインでは現に億万長者が誕生しましたが、同様の夢を持てるのもアルトコインの魅力でしょう。

仮想通貨についての発言が多いホリエモン

ホリエモンは以前から仮想通貨についての発言が多いことで知られています。ビットコインをはじめとしてイーサリアム、モナーコイン、エイダコインなど様々なアルトコインをブログやyoutubeチャンネルで話しています。

ホリエモンの発言には注目が集まり、ブログを通して興味を持つ人も多いようです。今までの発言からホリエモンが将来性を感じているであろうアルトコインを見てみたいと思います。

ホリエモンとイーサリアム

イーサリアムの将来性にはかなりホリエモンも注目しているようでして、ブログでは「イーサリアムやべえ」と発言していました。

そしてイーサリアムのシステムを評価していました。以下がその内容です。

ビットコインについて色々調べてたら2014年2月にプロジェクトが始まったばかりのイーサリアムってのを見つけた。ブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報ではなく、契約(スマートコントラクト)を記述してしまおうという仕組みがイーサリアムだ。
これってすごい。自治体とか国とか要らなくなる!だってこのネットワークに数千万人、いや億単位の人が参加して、その人達の合意のもとに色々な契約が最小コストで出来るようになるからだ。改めて、公開鍵暗号方式とビットコイン型のブロックチェーン方式の認証システムのコンボの凄さを思い知ったよ。。。

このようにイーサリアムの将来性を見つけたホリエモン。ホリエモンのアルトコイン話で一番有名なのが、ホリエモンさんのyoutubeチャンネルで放送された「居酒屋ホリエモン」という企画の中での話題です。

イーサリアムの話を飲み会の席でホリエモンの友人の森田正康氏という人に話し、お互いに金額を確認せずに購入してみることにしたそうです。

その後、森田氏は購入したことを忘れていたようですが、ホリエモンから「35倍になったよ!」と教えてもらったそうです。

森田氏の購入金額は20万円で、忘れている間に700万円になっていたようで、それを聞いて換金しようとしたところパスワードを思い出せなくなってしまったとのこと。

その時、ホリエモンがいくら購入していたのかは不明ですが、人に勧めただけあって会う程度の分を購入していたと思われます。

ホリエモンとモナコイン

モナコインを知らない人のために再度、簡単に説明します。

モナコインは日本の「2ちゃんねる」で誕生したアルトコイン(仮想通貨)です。モナの名称は2ちゃんねるで愛されるAAキャラクターから名づけられました。

まさに日本人による、日本人のためのアルトコインなのです。まだまだ価値が低いアルトコインですが、今後盛り上がる可能性もあるので楽しみということです。

そんなモナコインとホリエモンはどう関係があるかと言いますと、以前ホリエモンが技術アドバイザーを行ったことのあるテックビューロ・ラボがetwingsを買収して取引所Zaif Exchangeを開設しました。

ホリエモンとアルトコイン

ホリエモンはビットコインが登場した初期から目をつけていて、積極的にブログやYouTubeにおいて発信してきました。イーサリアムのようにホリエモンがブログで紹介したときに購入しておけばかなり儲かったと思います。

沢山のアルトコンがある中でシステムに目をつけて、見事に当てたホリエモンは流石です。 今後もホリエモンの発言には要チェックですね。

そしてホリエモンが最も注目しているのは、イーサリアムだけでなく、アルトコイン全般が引き起こす金融革命という部分なのです。アルトコインの仕組みや将来性については高く評価していて、ホリエモン自身による試験的な取組として、「HORIEMONCARD(ホリエモンカード)」というトークンを発行していますが、そこには一般に普及するかどうかリスクがつきまとうと指摘しています。

YouTube動画の中で、「仕組みが分からない人は、手を出すべきではない」といった内容の発言をしています。まずは仕組みの勉強をする必要もあるようですね。

まとめ

日本でビットコインやアルトコインに関して語ってくれる有名人はとても少ないので、ネットで影響力があるホリエモンが発言してくれることで興味を持つ人が増えると良いですね。

しかし、これからますます注目が集まりそうなビットコインやアルトコインですが、流行に乗り遅れないために購入するにはリスクが高いのです。手を出してみたいのなら、せめて最低限の仕組みくらいは勉強しておいた方が良いとホリエモンさんは発言しています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する