⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はzaif exchangeの評判と口コミについて詳しく解説していきます。

そもそもzaif exchangeとはどのような会社なのかということから説明していきます。

zaif exchangeの特徴的なことについて

ザイフ(zaif)は国内で唯一モナーコインを取り扱っている取引所として定評があり、ビットコイン積立などユニークなサービスを展開している取引所です。

また、ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、同社の技術アドバイザーを務めていたとしても有名です。この堀江貴文氏が技術アドバイザーを勤めていたのは、単なる偶然ではなく堀江貴文氏自身がzaifを認めたという証拠になります。暗号通貨に詳しい芸能人がやっていたというところがすごいです。

Zaif exchageの基本的な情報

zaif exchangeを運営している会社の名前は、テックビューロ株式会社で、資本準備金含む資本金は、83013万円で、本社所在地が大阪府大阪市にあります。

設立されたのがいつかと言えば、2014616日です。この2014年の設立時は他のビットコイン取引所も次々と設立されていった取引所設立ラッシュ時期ですから、設立の時期は当たり前と言えば当たり前の時期だと言えます。

資本金に関して言えば同月末に設立されたQUOINE2億ほどの差で負けています。サービスで何らかの差があり、資本金の差へとつながっていったのだと思われます。

Zaif exchageを利用するメリット

《モナーコインの取り扱いが人気の理由》

純国産の暗号通貨モナーコインの取り扱いをしているのはザイフだけなんです。2ちゃんねるから発祥したモナーというキャラクターを元に、ソフトウェア板の住人であるwatanabe氏が開発したとされるあのモナーコインです。

モナーコインはザイフでしか購入する事ができないことになっています。モナーコインを利用する人にとっては、ここの取引所だけが唯一の購入することができる場所です。モナーコインを買うにはここしかないよという強みがあるから、どこにも負けずに平気な顔してられるのだと言えます。

何か売りになる部分があって利用者がいて、閉鎖されることは可能性として0ではないと言えるが、極めて高いのだと言えます。

《ネム〔XEM〕の取引をすることができる》

コインチェックでもネム(XEM)の取り扱いが開始されましたが、販売所での売買のみが可能な状態となっております。取引所での取引は出来ず、コインチェックの手数料が乗ったネム(XEM)を購入、コインチェックの手数料が引かれてネム(XEM)売却しかできないです。

コインチェックの販売所の手数料は3%~5%あるので、バカには出来ないと言えます。ザイフだと0.1%で取引できますのでオススメできます。手数料が安いというところに関してもいうことができる面も持っているのです。

手数料などの手続き上の料金は、できるだけ無料やそれに近い額であればいいと思っているとみんな思ってるはずです。

《zaif exchageでしか取り扱われていない暗号通貨》

自分のところの通貨だとどれだけ主張したいのかわからないが、存在しているzaifという暗号通貨,ビットコイン上で展開される金融プラットホームでカウンターパーティー(XCP)という約260万XRPが発行済のもの, Spells of Genesisというゲームで使用できる暗号通貨のビットクリスタル(BCY),分散型クラウドストレージの暗号通貨ストレージコインX(SJCX),株フィスコが株主向けに発行したフィスココイン(FSCC),カエルをキャラクターにしている暗号通貨のペペキャッシュ(PEPECASH),これも今まで例と似ているものの株カイカが株主向けに発行した暗号通貨カイカコイン(CICC),これも同じく株主向けネクスグループ発行の暗号通貨ネクスコインがあります。

《ビットコインの積立も可能!》

ビットコインの積立というものは、月々一定額を銀行から自動引き落としをしてビットコインを自動購入していくいった感じのユニークなサービスです。安定した長期運用成果が期待できるサービスであると言えます。

暗号通貨も積立してる余裕なんてありっこないのにと思うのが普通ですけれど、積立することのできる余裕のある人々が利用することによって、こうして積立もできるよと言ったサービスを提供しているのだと言えます。サービスの豊富さでは他の取引所に負けていないと言えます。

Zaif exchageのデメリット

《カード手数料が高め》

ザイフだけに限った話ではなく、どの取引所にも共通する事なのですが、暗号通貨購入の際にカード支払いを選択すると10%近く手数料を取られてしまうことになります。

10%以上の価値上昇が見込めてもまだ、どうしても直ぐに購入したいなどの理由がない場合以外は、銀行入金からの暗号通貨購入をオススメします。またカード購入するときに、購入画面にカード手数料が別表示などされておらず、手数料分レートが高くなっているだけなので気づかないで購入してしまうことによって、あとでレートが高いことに気づき後悔するというパターンが多いです。

多分ここでカード手数料が高めに設定されているのは、ネム取引のときに手数料を安くしていることによると考えるのが普通だと言えます。

《タブレット端末やスマートフォンで使えるけどアプリが使い辛い》

アプリをインストールしているにもかかわらず、毎回IDとパスワードを入力しなければなりません。毎回、毎回入力するというのが面倒だというだけの話です。

しかしこの何回もログインの手順を繰り返すところは、単なる面倒くささをあらわすだけでなく、だんだんと拒否されているような感覚で嫌な気分になるとも言えます。

アプリでなぜこのようにするのかという理由については、まったくわかりませんが、セキュリティー面で自信があまりないので、いきなりクオリティーの高いセキュリティー方法で、かつコストがあまりかからないものの結果だと思えます。

Zaif exchageの評判および口コミ

coincheckのアプリは使いやすいけど、C向けのネットサービスを作ってきた人が作ってる感あります。またbFのアプリは悪くないけど金融出身者が頑張って作ったなーという感じです。zaifはもう少し頑張って欲しいところです。

XEMを買うならZAIFかPoloかで、コインチェックはXEM送金・出金対応してないからコインチェック内でホールドになっちゃうけど、ZAIFとPoloなら送金も出金も対応してそうとのことです。ビットコイン、モナを9:1に分けてzaifのコイン積立投資開始したいとの声も上がったりしています。

勝手に買ってくれるのは非常に有難いシステムです。Zaifの信用取引、普通に行き届いていて便利で、これから積極的に使おうと言った意見もあります。アプリ面ではバッシングを受けるも積立では高評価を得ています。

Zaif exchageに関して最後に言えること

暗号通貨の取引所は沢山ありますが、ザイフ取引所を利用して思うのがビットコインを軸に今後、ネム(XEM)やモナコイン(MONA)を検討している人に最もおすすめできる取引所です。

また主要通貨以外に様々なトークンの取り扱いもあるのでそちらも人気の一因だと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する