⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

アルトコインは「alternative coin」は「代わりのコイン」と言う意味になるのです。アルトコインはビットコインを基本として多くが開発されていて、世界中で1,000種類以上あるようです。

このアルトコインの中で2017年に高騰したもの・しそうなもので、投資の対象として有望な銘柄を探してみましょう。

アルトコインとは何か

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼び、ビットコインの代替えのコインという意味になります。

アルトコインの意味は

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨ですが、他にも色々な仮想通貨が登場しています。仮想通貨は大きく分けるとビットコイン、それ以外の「アルトコイン」に分類され、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称となります。

アルトコインのほとんどはビットコインの仕組みを元にしています。ビットコインのプログラムが公開されてビットコインのプログラムから新しい仮想通貨が世界中で開発されています。

アルトコインの特徴は

アルトコインはビットコインよりも進化しているのが特徴です。ビットコインの特徴と差別化し、ビットコインには無い機能を追加し価値を高めているアルトコインもあります。

主要なアルトコインの種類は

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額2位を長期間維持しているアルトコインです。最大の特徴としてビットコインには無いスマートコントラクトという機能があります。

取引記録だけではなく、取引で実行される契約を自動的にブロックチェーン上に保存することができます。いままでの契約で中央管理者となる機関が不要で、いろいろな業態での応用が期待されています。

ライトコイン

ライトコインはビットコインがゴールドならシルバーによく色に例えられるアルトコインです。ビットコインと基本的な機能は同様ですが、2分間隔でブロック生成を実行してマイニングも一般的な能力のコンピューターで可能です。

簡単に表現すればビットコインの性能を更に良くしたアルトコインと言われています。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)は大手通販のGoogleが出資したことでも有名なアルトコインです。時価総額のトップ5には常時に入ってます。IOUを利用した取引ができることが特徴です。

IOUとは借用書みたいなもので、リップルネットワーク内であれば貸借の付け替えが可能となります。

DASH(ダッシュ)

DASH(ダッシュ)は2017年に入ってから価格が急上昇しており、現時点では最も注目が集まっているアルトコインと言われてます。ビットコインはその取引が公開されていて、誰から誰にビットコインが取引されたかなどが確認できますが、DASHはシークレット匿名性を強めているのが特徴です。

送金依頼を集約してから受信先へ振り分けるシステムを採用しています。更にわずか4秒という取引時間のスピードも特徴です。

モナコイン

モナコインは時価総額で言うと100位前後とまだまだですが、日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」から誕生した日本発となる仮想通貨で、2013年12月から公開されています。

仮想通貨取引所でも取り扱われていて、日本円やビットコインなどと取引可能です。90秒という取引速度のスピードがあり、使用できるサービスやサイトが多いのも特徴です。

その他のアルトコイン

時価総額において20位以内に入っているアルトコインとしては、イーサリアムクラシック、Monero(モネロ)、Dogecoin(ドージコイン)、Steem(スチーム)、NEM(ネム)、Factom(ファクトム)、BitShares(ビットシェアーズ)、Lisk(リスク)、Storjcoin(ストレージコイン)、Nxt(ネクスト)等があります。

アルトコインの魅力は

アルトコインはビットコインに比べるとまだまだ価値が低く、これからビットコインのように急騰する可能性を秘めているコインもきっとあります。ビットコインでは多くの億万長者が誕生しましたが、将来はアルトコインも同様の事が起きる可能性もあります。こういう希望と夢があるのがアルトコイン最大の魅力であると言えるでしょう。

アルトコインはビットコインと違ってまだ需要がありません。普及し始めているアルトコインもありますが、その他の種類は将来の期待観だけで上昇している状況とも言えるでしょう。こうしたアルトコインは期待が外れると一気に下落する可能性もあります。

アルトコインが上昇する理由は

なぜアルトコインの価値が伸びているのでしょうか。

アルトコインに関心が出てきた

アルトコインがビットコインよりも上昇の伸びしろがあることに気がつき今のうちに仕込んでおこうと購入者が増えた可能性もあると思います。更に、これらのアルトコインの多くがビットコインに比べて安価なので買いやすい点もあるでしょう。

アルトコインも世界で普及することがわかった

アルトコインも世界中の様々な場所で使えるようになっていくことがわかっています。

世界19位の旅客数を誇っているアメリカのティンバー国際空港では、ビットコイン以外の19種類以上のアルトコインを支払い可能として受付を開始しました。このように世界ではビットコイン以外のアルトコインでも実用的に普及しつつあります。

ティンバー国際空港で使える暗号通貨は Ether, Dogecoin, Litecoin, Asiadigicoin, AdzCoin, BitBean, BlackCoin, Breakout, BitSend, CloakCoin, Creditbit, CureCoin, Dash, Decred, DigitalCoin, Ether Classic, Expanse, Feathercoin, GameCredits, GCRCoin, LeoCoin, Lisk, MaidSafeCoin, Maxcoin, MonetaryUnit, NAV Coin, NuBits, Namecoin, Novacoin, Nexus, NXT, Omni, PIVX, PotCoin, Peercoin, Pesobit, Quark, Rubycoin, Steem Dollars, StartCOIN, STEEM, Syscoin, UniversalCurrency, TetherUSD, Vericoin, Vertcoin, Worldcoin, Bitcoin Plus, Monero, MyriadCoin, PrimeCoin, Spectrecoin, Zcoin, Zcash, Litecoin Testnet。

リップルコインの高騰が目立つ

三菱東京UFJ銀行がリップルコインを採用したというニュースから高騰の火が付いたようですね。日本国内の銀行の42行もリップルコインを採用することも決まっていますから、海外送金でも利用者の依頼とほぼ同時に送金となり便利になります。これから取引も多くなっていき普及が進むのではないでしょうか。

モナーコイン(モナコイン)高騰も

日本産のアルトコインであるモナーコイン(モナコイン)が2017年4月に入ってから高騰しています。モナーコインが新しくセグウィット(Segwit、Segrigated witness)と呼ばれる新技術を他に先駆けて採用することが4月16日に決定したため高騰し始めたようです。

セグウィットとは、ビットコインの取引処理能力(スケーラビリティと呼ばれる)の弱点問題を解決するもので、現在ビットコインとライトコインもその採用へ向けて調整しているようです。

まとめ

仮想通貨の取引所の数も増えるということも影響したのかアルトコインは全体的に価格が上昇しています。しかし急騰するコインもあれば、急落する恐れもあり不安定ですね。

2017年の夏頃からSBIネット銀行も暗号通貨取引に本格参入してくるらしく、少なくとも夏までは資産を増やしていけそうな感じです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する