⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

アルトコインはalternative coinの略称なのです。直訳すれば「代わりのコイン」となります。アルトコインの大多数はビットコインを基本にして開発されており、総数は1,000種類以上あるのです。

ビットコインと比較すると取引高はまだ少ないのですが、少しづつ増加しておりビットコインとの差が縮まってきております。このアルトコインの中で2017年に有望なものをピックアップしてみました。

アルトコインとは何なのか

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼びますが、ビットコインの代替えのコインという意味ですね。

アルトコインの意味

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨なのですが、同じように他にも多くの仮想通貨が登場してます。仮想通貨はビットコインと、それ以外の「アルトコイン」という名称で大まかに分類されており、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称なのです。

アルトコインのほとんどはビットコインを基本にして作られています。アルトコインは現在1,000種類以上も存在しています。ビットコインのプログラムが公開されているので、ある程度の知識と技術があればビットコインのプログラムを元に新しい仮想通貨を開発できるのです。これにより世界中で多くのアルトコインが開発されているのですね。

アルトコインの特徴は

アルトコインはビットコインよりも進化しているのが特徴です。

ビットコインと同じであれば、新しいアルトコインを使う意味がないのです。ビットコインはブロックの生成間隔が10分と長くかかり、マイニングに高性能のコンピュータが必要で、匿名性に課題があるなどの特徴がありますが、アルトコインは、ブロックの生成間隔を短時間にしたり、マイニングを普通のパソコンでできたり、匿名性を高めています。

さらには、ビットコインには無い新しい機能で存在価値を出すアルトコインも登場しています。

アルトコインの種類

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次に時価総額が2位を長く占めているアルトコインです。最大の特徴としてはビットコインには無いスマートコントラクトという機能があることです。

取引の記録だけでなく、取引での契約を自動的にブロックチェーン上に保存することが可能です。いままでの契約で中央管理者の機関が不要で、いろいろな業態での応用が期待されています。

ライトコイン

ライトコインはビットコインの色がゴールドならシルバーに例えられるほどよく似たアルトコインです。

ビットコインとは基本的な機能は同じですが、2分間隔でブロック生成ができて、マイニングも普通の性能のコンピューターで可能です。簡単に表現すればビットコインの性能を改善したアルトコインと言えるでしょう。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)はGoogleが出資したことでも有名なアルトコインです。時価総額ではトップ5にはいつも入っていて、2017年4月以降に価格が急上昇しています。

IOUを使用した取引ができることが特徴です。IOUとは借用書のような意味のもので、リップルネットワークに参加した金融機関間であれば貸借の付け替えが可能です。

DASH(ダッシュ)

DASH(ダッシュ)は2017年になってから価格が急上昇しており、最も関心を集めているアルトコインでしょう。

ビットコインは取引が公開されていて、誰から誰にビットコインが取引された記録が確認できますが、DASHは匿名性を高いのが特徴です。送金依頼を集約してから受信先へ振り分けるシステムを採用しています。また4秒という取引スピードが最速というのも特徴です。

モナコイン

モナコインは時価総額では100位前後なのですが、日本が開発したアルトコインということもあって注目されています。巨大掲示板「2ch」から誕生したというのも特徴的です。

取引スピードが90秒という早さが売りで、使用できるサービスやサイトが多数あります。

その他のアルトコイン

時価総額において20位以内に入っているアルトコインとしては、イーサリアムクラシック、Monero(モネロ)、Dogecoin(ドージコイン)、Steem(スチーム)、NEM(ネム)、Factom(ファクトム)、BitShares(ビットシェアーズ)、Lisk(リスク)、Storjcoin(ストレージコイン)、Nxt(ネクスト)等があります。

アルトコインの魅力について

需要がないのに価格上昇しているアルトコイン

イーサリアム・リップル・ダッシュなど価格が上昇しているアルトコインをはじめとして、他のアルトコインも総じて価格が上昇している状況です。しかし、アルトコインはビットコインのように需要がありません。利用され始めているアルトコインもありますが、ほとんどは将来性に期待して上がっている状況とも言えるのでしょう。こうしたアルトコインは注目が薄れると下落する可能性があります。

アルトコインはビットコインに比べまだ価値が低く、今後はビットコインのように急騰する可能性があります。ビットコインでは予想外の億万長者が誕生しましたが、これからアルトコインも同様の事が起きる可能性もあります。こうした夢を持てるのもアルトコイン最大の魅力であると言えるでしょう。

アルトコインの将来性

アルトコインの中には非常に将来有望なものもあり、先々ではビットコインを超えていくアルトコインが誕生しても不自然ではありません。そして需要のないアルトコインは徐々に淘汰されていき、最終的には30~50程度に集約されていくのではないかとも考えられています。

ある国やある地域だけで普及するアルトコインも出てくるかも知れません。日本発のモナコインなどはそうした可能性を秘めております。ビットコインのような価値の上昇をするアルトコインが多く誕生することを期待したいものです。

アルトコインへの投資方法

短期売買でなく、長期投資

アルトコインは公開当初においては流動性が低く、買ってから売ろうとしても、買ってくれる相手がいない可能性があります。安く買ったら、普及するまで長期間持ち続けることが基本となるでしょう。

長期間持ち続けて、買った時の価格が数倍~10倍以上に上がるまで待つのです。

複数のアルトコインを買う

公開された時には、どのアルトコインが将来価値が急上昇するのか見当が付きませんね。そこで、何種類ものアルトコインを購入するという方法があります。

購入した中のいくつかは残念ながら価格が下落しても、他のアルトコインの価格が大きく上昇すれば、差し引きトータルで大儲けという計算になります。

プレセールのものを買う

一般公開前のプレセール期間のうちに代理店を通して底値の段階で仕込んでおき、公開後の想像以上の高騰に期待するという方法もあります。

ノアコインが正にプレセール中であり、公開が2018年6月12日予定ですので取引レートが付くのが6月以降となります。公開後はセブン銀行でも取り扱いする予定らしく、普及が早いのではないでしょうか。これから最も楽しみな銘柄だと思われます。

まとめ

ほとんどのアルトコインはまだまだ発展途上ですから、ビットコイン同様に価格変動が激しいのです。アルトコインに投資する場合には自分で情報を収集し、自分の判断でリスクをとっていくことになります。

アルトコインはビットコインよりもハイリスクハイリターンになります。特徴やリスクを良く理解してからアルトコイン取引を楽しんで下さいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する