⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の基軸と言えば「ビットコイン」と連想される人が多いと思います。最近ではビットコイン関連の投資案件がとても多くなってきました。

どうしてなのかと言えば、現在ではビットコインは「ゴールド(金)をしのぐ高収益の投資対象」として興味を持つ人が増えているからなのです。ビットコインでドカンとでっかく儲けたいと思う人がほとんどでしょうが、残念ながら投資したお金の回収が出来ないリスクもあるようです。

まずビットコインとは

ビットコインの成り立ち

ビットコインは簡単に説明しますと、「インターネット上で存在する電子的な通貨」になります。紙幣や貨幣などの現物としては存在しないので、「仮想通貨」や「暗号通貨」などと呼ばれております。

インターネットでする購買はもちろんのこと、いつもの買い物でもビットコインが使える設備が店舗にあれば、現物のお金と同じように支払うことが出来るのです。

ビットコインは2009年に、中本哲史(ナカモト サトシ)という人が「電子通貨ビットコイン」の論文をWEB上にて発表したのが始まりです。世界中のコンピュータープログラムマニアの人達により、この論文を元にして、ビットコインが誕生しました。論文自体は英文で、中本哲史という人は日本人か実在するか正体不明なのです。

ビットコインの特徴は

  • ビットコインには発行元や管理元が存在せず、あらゆる国家や金融機関などから独立しています。
  • ビットコインは発行総数が約2,100万ビットコインまでと決められており、発行しすぎによるインフレが発生しません。

ビットコインのメリットは

  • 世界中においてビットコインという世界共通の通貨で取引することができるので、送金時間が速く、送金手数料も格安となることが多いのです。
  • 発行数が決まっていて増やせない希少価値がある中で、多くの人が売買することになると、ビットコインの価値が上昇していくのです。
  • ビットコインは世界中に普及して取引所が多くなり、簡単に他の通貨へスムーズかつスピーディーに換金できるシステムとなっています。
  • ビットコインは特定の国家破産には全く関係なく、世界共通の通貨として個人資産のリスクヘッジとしての価値が注目されております。

 ビットコインは本当に儲かるのか

今からビットコインに投資して、本当に儲かるのかな?投資した会社が無くならないのか?などが誰でも一番心配になるところですね。

しかしビットコインはこれからまだ普及する可能性が高く、日本国内の取引所が増えて取引する人も増加していくと見込まれますから、これからもビットコインの価値は上昇していくと予想されています。そこで重要なのがリスクが少ない投資の案件選びなのですね。

ビットコイン投資のリスクとは

実際に値上がりして億万長者が誕生した実績のあるビットコインだけあって、大儲けを期待してよく理解しないままに、詐欺投資に誘われてしまうケースがあります。ビットコイン投資詐欺の手口は、どのようなものがあるのでしょうか。

ネット有名人が宣伝している

仮想通貨YoutubeなどでSNSネットで有名な人が、「ビットコインや〇〇コインが値上がり確実なので今が購入のチャンスですよ」などと言って盛んに広報活動を展開しています。その人達は東南アジアあたりに住んでいる事が多いのですが、Youtubeを使えば海外に在住していても日本人に向けて新しい仮想通貨を紹介することができます。

「有名な人が紹介しているんだから、この〇〇通貨はきっと値上がりする」などと思いがちです。また、ビットコイン投資案件の宣伝ホームページも良いことばかりが紹介されてますので、くれぐれもビットコイン詐欺に引っかからないように気をつけて下さいね。

ポンジ・スキームとは?

投資詐欺で使われる仕組みを理解するのも有効です。詐欺には色々な手口がありますが、そのロジックはだいたい似かよっています。典型的な詐欺の手口でも一番有名なのが「ポンジ・スキーム」という手口です。日本語で言えば「自転車操業のような詐欺」となります。

例えれば、「年間利回り50%、2年で投資金が2倍になる」となれば、普通だったらあまりの高配当に詐欺だと思いますが、高リスクだと思いつつも利回りが50%もいくなら「ハイリスク、ハイリターンの投資案件」と割り切って乗る気になるかも知れませんね人間ですから。

ちょっと怪しいと思いながらも1人が出資し、誰かが出資したという話を聞いて2人目が出資・・・という形で信用が連鎖的に大きくなっていき、少しずつ出資金は集まってやがて大きくなっていくものなのです。

先ほどの例にこうした条件で試算してしてみるとどうなるでしょうか。「年間利回り50%、2年で投資金が2倍になる、1万人が出資し10億円の運用資金があり、有名人の◯◯も出資している」こうなると、もはやこの投資案件はみんなで渡れば怖くないとの信用が生まれるものであり、多くの人が連鎖的に金儲け話に乗ってしまうのではないでしょうか。

しかし、詐欺師というのはいきなりお金を奪うわけではありません。転がして転がして大きく膨らました後に消えてしまうのが、詐欺師の手口です。そして「年利回り50%」のような普通では絶対あり得ない投資話を現実にするために考案されたのが「ポンジ・スキーム」という手口なのです。

このポンジ・スキームとは、出資者から広く集めた資金で「年利回り50%」の原資を作ることです。Wikipediaには以下のように記載されています。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

普通なら運用益だけで年間の利回り50%の配当を出すのは、まず不可能に近い投資案件なのですが、集めた資金をそのまま配当に回してしまえば「(見ためでは)年利回り50%」は実現が可能となります。「年利回り50%」となれば誰もが怪しく思って、仮に出資したとしても当初はリスクを考えて様子見の少口の出資金にしておくでしょう。ところが、出資金は確実に「年利回り50%」で配当されて、本当に2年で2倍になるのです。

その配当実績を見た出資者は「この投資案件は本物だ」と信用して、より多くの出資額を追加投資して行きます。ポンジ・スキームはこうした人間の金銭欲を上手く利用した手口なのです。このポンジ・スキームという名称は、1920年頃にこの手口を使って投資詐欺を働いた「チャールズ・ポンジ」というアメリカ人の名前から由来しています。

ポンジ・スキームについて2008年12月29日の日本経済新聞は、次のように説明しています。

ねずみ講」に似た詐欺の一種。高配当をうたって投資家から集めた資金を原資に、利益分配を繰り返す仕組みを指す。資金流入が止まれば、途端に立ち行かなくなる。

ポンジ・スキームは出資金が出資者の手元へ配当として還元されるいうのが投資の大前提となるので、新しい出資者が資金を入金しなければすぐに破綻してしまうのです。配当が異常に高いビットコイン系の投資案件も実際多くあります。実際に運用をしていなくても、お金を横流ししているだけで高配当は出来るのです。

まとめ

ビットコイン投資を始めるとなると、高利回りや必ず儲かる、有名人の◯◯さんも推奨してるなど、言葉巧みに勧誘する投資話は数知れません。この世の中にリスクの無い儲け話は存在しないことを知ることが肝要でしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する