⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

mt4といえば、FX取引において最も信頼され世界中で広く普及しているチャート形式の一つですが、ビットコイン取引においてこの形式のチャートを使いたい人は世界中にいったいどのくらいいるのでしょうか?おそらくすごい数になると思います。

mt4はそれくらい使いやすく拡張性の高いチャートであり、私もmt4が使えるならビットコインの短期取引を積極的に行っていきたいです。なので、今回はビットコインのチャートをmt4で見ることはできるのか?!検証しました。ご参考になれば幸いです。

mt4とは?

Mt4とは、正式にはメタトレーダー4(MetaTrader4)の略です。

メタトレーダー4とはロシアのMetaQuotes社が開発した、世界中のトレーダーに愛用されている高機能なチャートソフトです。いろいろな意見を取り入れ頻繁にバージョンアップされており、現在のところオンライン取引に対応したmt5までのバージョンがリリースされています。

その中でも、もっとも世界的に普及し使いやすいのがversion4であるmt4ということになります。Mt4が最もよく使われているのは外国為替取引(FX)の世界になりますが、実はmt4は(業者によりますが)金、銀、石油、日経225、ダウ、SP500、海外株式、コーヒー、小麦、ココアなどの取引の際にも使うことのできるチャートソフトです。

日本国内でMT4を取り扱っているのはFXトレード・フィナンシャルや楽天証券、OANDA Japanなど数社に限られていますが、海外では多数のFX業者から採用されています。

移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドなどの代表的なインジケーター以外にも多種多様なインジケーターが使用でき、表示形式も自分好みにカスタムできます。

チャートの形態から背景の色まで、ありとあらゆる要素が自分好みに変更できます。

さらには、このmt4は自動売買にも対応しており、各種自動売買ソフトを導入して運用することもできます。

一見するとプロ仕様のようにも見えますが、慣れれば、最低限の設定だけ変更して使うことができるので、初心者でも十分使いこなせるようになると思います。

私個人としては、mt4を自分好みにカスタムしたものを使って取引しており、むしろmt4でないと取引したくないです。そのくらい、mt4は使いやすい(というより、自分が最も使いやすい形式にカスタムできる)チャートソフトなのです。

MT4はPCでもスマホ(iPhone、Android)でも使用可能です。ですが、1点注意があります。

PCではWindows対応ではありますが、Mac(mackintosh)には対応していないため、Macユーザーはスマホでしか取引ができません。ただ、対応策はあります。

MacユーザーはVPSと呼ばれるサーバーをダウンロードして、その中にMT4を入れるとPC環境でMacユーザーでもMT4が使えます。

ビットコイン相場の最近の動向

言わずと知れたビットコインですが、2017年4月―5月にかけてまたしてもその価格が急上昇しています。

4月には1BTC=10万円台前半をうろうろしていたと思ったら、5月ゴールデンウィーク明けには1BTC=20万円を超えてしまいました。

1か月で2倍になっているなんて、すさまじい上昇率ですね!FXだとこんなことはまずありえないです。

1日のうちでも数パーセントの上下は普通にあります。あなたがもしビットコイン取引所にアカウント登録していて、価格変動のアラートを設定していれば、しょっちゅう取引所から価格変動のアラート通知メールが届いていることだと思います(設定の変動は変更できるはずなので、変動数値を大きくしておけば(20%とか)そんなにしょっちゅうメールはこないと思いますが)。

 そもそもビットコインとは何か?

ビットコインは仮想通貨=暗号通貨の一種で、暗号通貨のシェア90%以上を占める、代表的な基軸通貨です。普通の通貨だとアメリカドルのような強大な存在にあたります。

ビットコインは“ナカモトサトシ”を名乗る人物(日本人かどうか不明)によってオンライン上に投稿された論文に基づいて、2009年に運用され始めた暗号通貨です。超低コスト(数円~数十円程度)での個人間送金を、平均10分~15分間待つことで可能にするという画期的なオンライン上の通貨です。

ビットコインはTポイントなどのポイントやSuicaなどの電子マネーとよく比較されますが、生活の上での利用の仕方についてはそのような電子マネーとほぼ同じような使用感になると思います。

暗号通貨はいわゆる普通のお金(=法定通貨:国が発行するお金)と違って、紙幣や硬貨などといったモノの形態を持たない通貨です。例えばビットコインの単位はBTCですが、1BTCの紙幣や硬貨は存在しません。だから“仮想”通貨と呼ばれているのです。

「実体がない通貨」…怪しい話に聞こえますが、この暗号通貨はオンライン上のシステムで強力に保護管理された数値データとして存在しています。「“ウォレット”と呼ばれるオンラインでのプログラム」、もしくは「カードや紙にその数値データを書き込んだもの」が、暗号通貨の財布に相当します。個人の持つ暗号通貨の数値データを“ウォレット”で保管します。その数値データは、他のお金と交換できる価値を持っています。

その理由として、

1.この数値データは一定のルール上で発行されており、発行量には上限が設定されています。しかも複製できないような強力なシステムによって保護されている

2.モノやサービスと交換できる(ここは電子マネーと同じ)

3.取引所で法定通貨と盛んに交換されている

1.のシステムの信頼性が高く、数値データがどんな手段を使っても複製されたりしないことで人々の信用を勝ち取り、2.、3.、というお金ならではの現象が起きたと言えます。さらにビットコインだけのメリットとして、

1.管理者を持たないため、ルールのみが厳格に守られ、その価値が薄まることがない(例えば日本銀行の管理する「円」の場合、国の経済政策で大量に日本円の紙幣が刷られて価値が下落している(=インフレ、円安誘導))

2.国内・国際送金が約10分間で格安の手数料(数円~数十円のレベル)で可能

3.世界共通の独立した通貨単位なので、様々な国を移動してもビットコインという共通の通貨で事足りる

そのため、グローバル化の進む現代人のニーズにフィットした、とても便利なツールとなっています。

ビットコインのチャートをmt4で見る方法

というわけで、これからの私たちの生活に必ず浸透してくるであろう国際通貨ビットコインは、注目を集めていることもあり投機マネーを中心にお金がどんどん流れてくる市場になっています。

しかし、市場全体の規模が2兆円(2016年)とまだまだ小さいため、短期の価格変動(=ボラティリティ)がきわめて激しく、大損するリスクもあれば大儲けするチャンスもあります。

ルールにのっとった冷静な取引を続けていくためには、もっとも重要な指標となるチャートの環境整備が欠かせません。

ビットコイン相場がmt4で見られれば、自分に合ったインジケーターを活用して取引の根拠を作ることができます。

では具体的にmt4でビットコインのチャートを見る方法はあるのでしょうか?

結論から行くと、その方法はあります。ただし、ビットコイン取引が可能でチャートソフトにmt4を採用している業者にアカウント登録し口座開設する必要があります。

国内の業者

・BitPoint Japan

2016年7月にビットコイン取引にmt4を導入したこの会社は、今のところ日本国内の業者では唯一、mt4でビットコインが取引できる業者になります。

2016年3月に設立した比較的新しい会社で、仮想通貨取引所ですが、通常の取引とレバレッジトレードができるのが特徴になります。

レバレッジの倍率については25倍という日本の取引所では最高倍率になっていますが、そもそも、今のビットコインのボラティリティはとても高いので、25倍ものレバレッジをかける必要はないでしょう。

mt4以外のその他のサービスについては、通常の手数料も比較的安く、また資金については、他の会社に預けている「信託保全」がかけられており、万が一会社が破綻しても利用者を保護する仕組みが取られています。

アカウント登録・口座開設をしたら、Bitpoint Japanのサイトから「取引ツール」を選択すると、ダウンロードのウインドウが表示されますので、マニュアルに従ってダウンロードします。操作は簡単です。

海外の業者

・Iron FX

2017年1月現在で、mt4でビットコイン取引ができる海外FX会社は、Iron FXのみだそうです(情報引用元、「みんなで海外FX」ウェブサイト)。海外なので、これから先、どんどんそういった取引所が増えてくるかもしれません。

IronFXでは、アカウント登録し口座開設していれば口座の変更や追加をすることなく、FX口座の「通貨ペア」から「SpotCmdty」を選択、「BITCOIN」を選択するだけでmt4でのチャートを確認ができ、ビットコイン取引が可能となります。

 まとめ

いかがでしたか?mt4でビットコインできる業者は、2017年1月現在、国内だとBitpoint Japan、海外だとIron FXの2業者だけのようです。ただし、これは今後増えてくる可能性がありますので、最新情報に注意を払っておきましょう。

Mt4があればFXのようにビットコイン取引ができますので、FXに慣れている方には非常にやりやすいことでしょう。私も早速口座開設してmt4でビットコイン取引を行っています。

ただし、やり過ぎには注意ですよ!あくまで投資は自己責任でお願いします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する