⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は暗号通貨(仮想通貨)における日本企業の対応は、どうなっているのかということについて解説していきます。

海外企業にくらべておくれていた面もあると思いますが、そんな中でも暗号通貨(仮想通貨)を応援していて利用している企業があり、暗号通貨(仮想通貨)を利用して対応している企業は、なぜそのような結論に至ったのかということまで詳しくみていきます。暗号通貨(仮想通貨)に対応していく日本企業とそのサービス利用者の影響は、どのようなものなのかということまで説明していきたいと思います。

暗号通貨(仮想通貨)に参入した企業について

《暗号通貨(仮想通貨)に参入した日本企業の動機について》

普通、一般個人は「暗号通貨(仮想通貨)はなんか怪しい感じだし、よくわからないから手を出さない」という声をよく耳にしますが、実際の話日本でも有名企業が続々と暗号通貨(仮想通貨)ビットコインに参入していることをどれくらいの人が知っているのかということです。

楽天やGMOグループの他に保守的なNTTでさえ国内外ビットコイン関連企業への投資や業務提携、決済導入、関連事業の会社を設立したりしています。

また、Googleやアップル、マイクロソフト、IBM、ナスダックなど海外の名だたる企業も暗号通貨(仮想通貨)関連事業へ参入しています。さらに銀行ではビットコインに代わる独自のコインを開発しており、暗号通貨(仮想通貨)は近い将来には間違いなく身近なものになってくると期待できます。

そこで重要なのはなぜ、このような大企業が続々と暗号通貨(仮想通貨)事業に参入しているのかがポイントです。暗号通貨(仮想通貨)には多くのメリットがあります。ビットコインに限らずとも、暗号通貨(仮想通貨)全般に共通するのが、「誰でも国に関係なく24時間365日、格安手数料(ほぼ0円)で瞬間的に送金することができる」という点です。

《手数料の安さが魅力的》

人間は若い方が魅力的であることは誰でも知っていますが、それと似たようにお金は安い方が魅力的で、大企業が参入する条件として、なにより手数料の安さに魅力を感じているということです。

例えばアマゾンで買い物をするとし場合、多くの人はクレジットカードで決済すると思います。その支払い方法を暗号通貨(仮想通貨)に変えれば、いままでアマゾンがクレジットカード会社に負担していた手数料が利益として残ることになるのです。

通常、クレジットカードの手数料は3~5%です。参考までに、アマゾンの2016年度の総売り上げは15兆円です。つまり、決済を暗号通貨(仮想通貨)にすれば、その3~5%の4500億円~7500億円がまるまるアマゾンの利益になるのです。手数料のコスト削減を行うことによって、自分が莫大な利益を得られるということがこの手数料の安さの根本的な魅力になっているのだと言えます。

《即時決済でスピードを売りにできる》

暗号通貨(仮想通貨)は即時決済も大きなセールスポイントです。例えば、銀行だと土日祭日は決済していないのが普通です。銀行の都合でタイムラグが発生します。しかし、暗号通貨(仮想通貨)だと世界中、即時に決済を完了します。

即時決済というのは大企業にとって、大きなインパクトを与えているものなのです。大企業で大きなインパクトを与えることによって、周りにどのような影響があらわれるのかということは、なんとなく想像がつくと思います。セールスポイントを持っていなければ、決して話にはならないと言えます。

フィンティックの支柱になり得る暗号通貨(仮想通貨)

《フィンティックとは》

かつて仮想通貨は単なるモノと見なされていたが、法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づけられました。金融庁が暗号通貨(仮想通貨)を「貨幣」と認定することにより、フィンテックの発展を促進し、日本の金融システムに大きな変革がおこると期待されています。

フィンテックって最近よく耳にしますが、その本当の意味を知っている人はどれぐらいいるのか興味があるところです。FinTech(フィンテック)とは、Finance(ファイナンス)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語で、金融とIT(情報技術)の融合による新しい技術革新のことです。

フィンテックは、最新のIT技術を生かした新しい金融、決済、財務サービスを意味します。そのフィンテックの代表的なものがID決済やモバイルペイメントです。IT技術(スマートフォンアプリ、ビッグデータ、AIなど)が決済や海外送金、資産管理、投資などの金融サービスに起こしたイノベーションをフィンテックと呼んでいるのです。

このフィンテックの大きな柱として注目されるのが「仮想通貨」であり「ブロックチェーン」なのです。銀行も、このフィンテックの波を避けられず、三菱東京UFJ銀行が独自の暗号通貨(仮想通貨)を開発し、2017年秋に発行予定です。中国人民銀行も、中国政府によるデジタル通貨を開発中との話も出ています。

《ブロックチェーン技術の信頼性》

ブロックチェーン技術は、インターネットに続く革新的技術と期待されています。各種取引や決済の迅速化と低コスト化、製品の供給網の効率化、ビジネスモデルの変革など、これまでのビジネスモデルに大きな影響を与えるとみられています。

ブロックチェーン技術は「分散共有台帳を管理する技術」であり、それを暗号通貨(仮想通貨)に応用したのがビットコインです。ブロックチェーンへの参加者は個々のシステム内に同一の取引台帳を保有し、取引の記録はブロックの形にまとめられて次々に台帳に追加されます。

そして、直前のブロック情報が引き継がれながら記録内容が分散された台帳すべてに反映されて、あたかもひとつの台帳のように扱うことができます。しかも、このブロックチェーン技術は安全なシステムを安価で構築でき、迅速な取引が可能になると期待されています。さらに取引データの改ざんが困難なため、取引自体の信頼性を高めることができる点に関心が集まっているのです。

《分散型システムについて》

ブロックチェーンは中央集権型ではなく分散型のシステムです。それぞれの場所ごとに処理されるため、障害や制約を招きがちな処理工程の集中化を避けることができます。第三者機関の仲介が必要ないため、スピーディーに処理でき、仲介手数料といったコストを削減できます。

また、暗号化されたブロックを各台帳で共有しており、データの改ざんを防ぐこともできます。こうした多大なメリットは、かつて一度も改ざんされたことのないビットコインの運用実績からも証明済みです。

このブロックチェーン技術を多くの企業が関わる取引に応用できれば、安全で安価なシステムを構築することが可能になると期待されているのです。

ブロックチェーンの応用と国内市場規模

《ネット通販》

アメリカのアマゾンではすでに暗号通貨ビットコインを導入しており、環境が整えば日本でもいずれ導入すると予想されています。

楽天も三木谷社長がビットコインに関して「考えてはいます。恐らく使うでしょうね」とコメントしています。導入時期に関しては「企業秘密「としていますが、導入するのは間違いないと思います。「あらゆる決済のプラットフォームを受け入れたいと思います。

PayPalも、ビットコインもそういった決済の手段を選ばないようなプラットフォームになりたいと思います」としています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する