⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

イーサリアムの値上がりが話題になっている昨今、チャートで売買のタイミングを図るのは定石となっていますが、そもそもイーサリアムの取引ってどこでできるのでしょうか?

暗号通貨のシェアでビットコインに次ぐ堂々の第2位のポジションを不動のものにしているイーサリアムですが、日本国内だとまだまだビットコインに比べてマイナー通貨扱いです。今回はイーサリアムの取引ができる取引所の紹介と、イーサリアムの値動きを見られるチャートを紹介したいと思います。ご参考になれば幸いです。

イーサリアムとは?

イーサリアム(Ethereum)は、イーサリアム・プロジェクトにより開発が進められている分散型アプリケーションやスマートコントラクト(契約情報)を構築するためのプラットフォームの名前であり、通貨の直接の名前ではありません。

イーサリアムでは、イーサリアムネットワークと言われるP2P(個人間取引)のネットワーク上でスマートコントラクト(契約情報)の施行履歴をブロックチェーンに記録していくシステムを持っています。

イーサリアムは、スマートコントラクトを記述するためのプログラミング言語を持ち、このネットワークに参加する人たちは、ブロックチェーンに取引における独自の契約情報を記述してその内容を実行することが可能になります。

仮想通貨としてのイーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether:ETH)です。
イーサはビットコインと同じように、取引の承認作業を行うことで報酬が得られる「採掘」と呼ばれる作業をコンピュータで実行することにより発行されていくプルーフオブワーク(Proof of Work)方式を現在採用していますが、その採掘に個人が参入するのは並大抵ではありません。将来的には、「鋳造」とよばれるプルーフオブステーク方式による発行に移行していくようです。

イーサリアムのビットコインとの違いについて、最も特徴的なことは、ビットコインが通貨の量の取引のみに特化しているのに対して、イーサリアムは通貨のやり取りに、契約情報も付加することができることです。この契約情報はユーザーが独自に定義した契約(スマートコントラクト)であり、ある種条件付けのようなものです。イーサリアムは、お金とそれについてくる契約情報を同時に取引できる、ビットコインの進化版ともいえる柔軟性の高い仮想通貨システムです。

また、その契約情報は特殊な言語で書かれているため、情報を管理する中央機関なしに契約を自動執行できます。ただし契約の実行にはその契約内容の複雑さに応じたイーサを支払う必要があります。このイーサは手数料のようなものですが、これがマイナー(「採掘」を行う者)の収入となります。

イーサリアムの取引ができる取引所

さて、そんなビットコインの進化版ともいえるイーサリアムですが、そのシステム内の仮想通貨イーサを取引できる取引所は日本国内のサイトで存在するのでしょうか。

調べると

・coincheck(直接日本円でイーサリアムを購入できる)
・bitflyer(直接イーサリアムと日本円の取引はできない。Bitflyer lightningを使ってビットコインと取引する)
が有名どころです。

海外の取引所だと
・Poloniex
・Kraken
が有名どころです。

イーサリアムのチャートが見えるのは?

さて、最近大きく値を上げたことでも話題となったイーサリアムですが、その価格推移を時系列でグラフ化した「チャート」をインターネット上で随時確認できるサイトにはどんなものがあるのでしょうか。これも調べてみたので参考にしてみてください。

・CoinGecko

コインゲッコーではイーサリアムと日本円のチャートを見ることができます。日本円だけではなく、ドルやユーロ、ポンドなどの法定通貨とのチャートも見ることができます。

さらに、イーサリアムとビットコインとのチャートを見ることもできます。他の取引所サイトだとログインしないとイーサリアムのチャートは見られないことが多いので、コインゲッコーの、ログインしなくても詳しいイーサリアムのチャートが確認できる機能は貴重だと思います。

チャートの種類も豊富です。24時間の価格推移を示すチャートだけではなく、最近7日間、14日間、30日間のそれぞれの価格推移を示すチャートも見ることができ、長期投資においても役に立つサイトになっています。

・Coincheck

こちらのサイトは、日本円で最も簡単にイーサを手に入れることのできる取引所です。まずはイーサを手に入れてみたいという方は、この取引所が簡単なのでお薦めです。こちらではログインせずともイーサリアム/円のチャートを確認できます。5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足のチャートが確認できます。

リアルタイムの正確なチャートを見るためにはアカウント作成が必要です。

もしあなたがcoincheckのアカウントを持っているなら、ログインした後に、メニューから「Tradeview」を選択してください。オーダーブック(板)と、全取引履歴とともに、リアルタイムのチャートが表示されます。

例えばここで取引通貨をETH/JPYにしてみると、円換算でのイーサリアム相場をリアルタイムで見ることができます。ETH/BTC(ビットコイン)を見ることもできるので、ぜひ試してみてください。

・bitFlyer

国内の仮想通貨取引所No.1のシェアを誇るビットフライヤーでもイーサリアムを取り扱っています。ただし、実際に取引するためには、まずビットコインを手に入れるかこの取引所に入金する必要があります。

基本的にビットコインをメインに取り扱っている取引所ですので、日本円でビットコインを購入したのちに、「bitFlyer Lightning」にアクセスして、ビットコインとイーサを交換することでイーサを手に入れることができます。

そして、イーサリアムのチャートを見るためにも、bitFlyerにログインすると見られる「bitFlyer Lightning」のチャートを表示する必要があります。

もし、あなたがbitFlyerのアカウント登録をしているなら、ログイン後のマイページの左側のリストから「bitFlyer Lightning」を選択してください。オーダーブックと共にリアルタイムのチャートが表示されます。ここで、取引通貨をETH/BTCにすると、イーサ/ビットコインのリアルタイムチャートとその価格推移を見ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?仮想通貨のチャートでイーサリアムを見るためには、コインチェックやビットフライヤーの取引所にアカウント登録して使える機能を活用するのが、取引もすぐにできて最も便利だと思います。

ただ、短期取引をされない方の場合は、いちいちログインしなくても価格推移を見ることができるコインゲッコーがお勧めのサイトになります。

海外の取引所でも確認したり取引したりできますが、基本が英語なので不安もあると思います。日本語のサイトを利用するのであれば、上にあげた3社のサイトが扱いやすいと個人的に思います。

イーサリアムは、ビットコインを超える通貨システムとして仮想通貨2.0ともいわれています。徐々にその利便性が認識されて拡大してきているところです。今後、なにかのニュースをきっかけに一気に取引量が増えて、急激な値上がりも期待できるかもしれません。あくまで投資は自己責任なので、リスクを承知の上で行っていただきたいのですが、イーサリアムの将来性は高いと考えています。

この機会に少量でもいいのでイーサを保有してみてはいかがでしょうか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する